アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

一汁一菜

2017年05月12日 08時46分57秒 | いつものまいにち


良くお出かけになりますね



昨日は次男の中学時代のママ友とランチでまたまた武蔵小杉へ。

次男は東京の中高一貫の男子校に行ったのですが、家族会議を重ねた結果中学で退学、横浜の公立高校に入学しました。

そのわけはまた別の機会に書くとして、昨日の3人の息子たちはそれぞれの道を歩み、それなりの悩みを持ち、

あの頃は大変だったと笑いあえ、そのころの苦しみを分かち合える貴重な友人たちなのであります。

何時も苦しみを共有する人がいると、苦しみって軽くなるものなのね・・・・。



いま読んでいる本は料理家の土井善治先生が書いた「一汁一菜でよいという提案」という本。

褻(ケ=普段)の食事はなにも気張っておかずを作らなくても良い、あるもので手作り。お味噌汁に冷蔵庫のあまりものを入れるだけでいいんです。。。という話。

おかず2品作らなきゃ、テーブルの上をいっぱいにしなきゃという強迫観念にとらわれている人には教本になります。

ご飯とお味噌汁とお漬物だけでも十分かも・・・。

この本の中にある土井先生の作ったお味噌汁が結構衝撃(笑)。

トマト、ベーコン、よく見るいわゆる冷蔵庫の中に「あら、こんなのあったわ」という食材が入っています。

お味噌汁?出汁取らなきゃ!というのもナシ。だって野菜やお肉から出汁でますから・・・というフランクさ。



今朝の収穫、サラダ菜とスナップエンドウ。

こうして自分で野菜を作り始めると、食べ物って大切に扱わなければならないのね、大事に食べなきゃいけないのね、と

あらためて思います。

小さい頃は「ご飯粒を残しちゃいけません。お百姓さんが一生懸命作ったのよ。」と言われて育ちました。

お百姓さんが一生懸命作り、母や祖母(もしくは父)が愛情込めて料理する。なにも豪華でなくても良いのですね。

感謝





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はお天気。庭仕事日和。 | トップ | ばたばたの今週・・・からの... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一汁一菜 (kay)
2017-05-12 12:36:16
我が家はむかしから一汁一菜でした。たまに二品出すと
子ども達がびっくりしたりして 笑。
いろんな野菜や肉をごっちゃに炒めたり煮たりして、はい出来上がり。
わたしの場合は単なる手抜きなので、土井先生のお話とは全然違うでしょうが~。
とれたてのサラダ菜とスナップエンドウ、緑の輝きが違う!
素の美味しさが写真から伝わってくる~、食べたい!!!
Kayさん (tomy)
2017-05-12 21:44:00
Kayさん宅は一汁一菜なんですね!私の理想!
私の実家はほぼ一汁一菜でしたが、
義母はテーブルから落ちるんじゃないかというくらい
並べる人。無理して頑張ってました。。。
ここへきて私は実家方式に回帰しています(笑)。

土井先生、ケの料理でも思い入れが違います。
見習わねば・・・・。
ほんと・・・ (waiwai)
2017-05-13 11:14:19
少量のおかずを翌日にスライドしながら・・・

我が家は一汁二菜な感じ

サラダ菜とスナップエンドウ・・・塩とオリーブオイルでササッとあえて食べた~~い

子育て中の友人は宝・・・彼女たち無しでは子育ては出来なかったです
waiwaiさん (tomy)
2017-05-13 21:26:00
スナップエンドウ
今日はまさに塩とオリーブオイルでささっと炒め。
おいしかったです。
もう少し育っててもよかったかなー。

「うちで採れたやつ」っていうと
みんな喜んで食べてくれます!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。