アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

奈良へ・・・・④奈良ホテル

2017年03月06日 19時42分11秒 | ちょこっとりっぷ
今回の旅の宿はコチラ



奈良ホテルでっす和洋折衷堂々たる佇まい

百年あまりの歴史を持つホテル。下の写真が創業当時の奈良ホテルですが、ほとんど変わっていません。

建築家は東京駅を設計した方だそうです。





うまいこと同じ角度から撮っていました。ぜひ宿泊したいと思っていた憧れのホテルです。

私たちの部屋は新館でしたが、趣があって本館のイメージを壊さない素敵な部屋でした。



なんちゃって暖炉もあったりして



正面玄関です。「おかえりなさいませ」と言われてみたいものです。



エントランスの上は吹き抜けの回廊になっています。木目が美しいですね。



階段。ドレスの女性が降りてきそうではありませんか?



階段わきの奥はバーとカフェがあります。



その横にティールーム。室内は重厚ですが家具は戦後のミッドセンチュリー的、よくマッチしてます、ステキ

あー、ここに住みたい

戦後米軍に接収されたり経営が厳しい時代があったりしたようですが、奈良ホテルを残そうと尽力された方がたくさんいらしたのでしょう。



ホテルショップの前の廊下です。左は中庭に面していますが、窓がいい感じ。

廊下の壁には皇室ご一家のお写真が飾られています。

このホテルショップの品ぞろえのセンスが良く、私たちはお土産のほとんどをこちらで購入しました。



部屋から見える風景。たまにシカちゃんがうろついていることも・・・。

新館に入るととたんに暖かくなります。

やはり本館は昔ながらの建物ですから、高気密高断熱というわけにはいかないのでしょう。

ツアーの申し込みは私の名前だったのですが、ホテル内どこに電話をかけても「はい、S様お待たせいたしました。」と名前で対応してくださいました。

一同感動。こんなとこ初めて

しかも新聞は朝刊・夕刊が部屋のドアノブにかけられているのですが、2泊とも愛読している新聞でした。

隣の部屋は日経新聞・・・・由緒あるホテルは愛読新聞まで調べているのかと思いましたが、これは考えすぎ

チェックアウト時に尋ねたら「ほんとに偶然」であることがわかりました。当たり前だよ

もうすっかり奈良ホテルファンになってしまった3人組でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良へ・・・・③山の辺の道 | トップ | 奈良へ・・・・⑤春日大社 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
憧れのホテル (マコト)
2017-03-06 22:08:29
奈良ホテル
素敵なホテルに泊まられましたね。
古さの中にも格式のある有名な奈良ホテル。
建物の中も置いてある家具も素敵。
赤の絨毯が荘厳な雰囲気に良く似合います。
階段から優雅に降りてくるtomyさんの姿見たかった!
大正ロマン (kay)
2017-03-07 07:43:50
を感じさせるホテル!
ドラマの撮影現場にもなりそう。
素晴らしいホテルに泊まれて、本当に良い旅でした。
じっくり練った奈良の旅の計画が、大当たりでしたね。
わたしはけちけち旅行で宿泊先は安さ優先で決めてしまうのですが、
たまーには思い切って贅沢にいきたいなあ、とこちらの記事を読んで
思いました。
マコトさん (tomy)
2017-03-07 20:00:41
もうほんとにシアワセ。
思い切ってこのホテルにして良かったなっと思います。
あの階段や廊下もぎしっぎしっと音を立てるんです。
建物が生きている感じがしますよ。

奈良旅行なら奈良ホテルに決まりです~。
Kayさん (tomy)
2017-03-07 20:04:22
私もB級ホテル派なんですが、
リッチで豪華なホテルではない!歴史的な建物に
泊るのだー!との意気込みで決めました。
ここが博物館でなく現役のホテルだってことに
感動しますよ~。
奈良旅行の際はぜひ奈良ホテルへ(笑)。

コメントを投稿

ちょこっとりっぷ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。