アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

2017 HAWAII ⑩~ホテルのホスピタリティ

2017年07月16日 14時12分29秒 | 2017 HAWAII
ベッドで目が覚めると



この景色。オーシャンフロントだとさらにゴージャスな景色が目の前に広がることでしょう。

ホテルのラナイでトロピカルドリンクでも飲みながらぼーっと本を読む日があれば

そんなホテルもいいかも~。

でも起きたら30分で・・・



エレベーターの中



今日もまた、快眠から気持ちよく目覚めたのです

シェラトンプリンセスカイウラニホテルは少しずつ客室の改装をしているようで、

私たちの部屋も改装後のきれいな部屋でした。



↑ 普通の寝方のひと。



↑ わたし(笑)。

そんなことはどうでも良いが、最後の朝はこのホテルのレストラン「ピカケテラス」にて朝食をいただくのです。

ビュッフェでしたが、時々小鳥が食べに来ること以外はごく普通の朝食な感じ。



このでっかいオムレツは、私の前に並んでいたおばちゃんが間違ってふたつ注文したもの。。。

私のオーダーは聞かず、なぜか「はっはっは」と笑いながら私のお皿にのせる太った女性シェフ。

いかにもハワイアンなこの女性白いシェフの服を着て、黒のククイネックレスをし、

髪はラウアエファーンのような緑色の草のシュシュでまとめている。

これがとてもこの女性の雰囲気に合っていて思わず「それすごくいい!!」と言ってしまいました。

女性シェフはこぼれんばかりの笑顔で「本物じゃないの、作りものよ。」と言っていた。

心から出ているような笑顔が素敵でした。



このエレベーターの中に飾られているキルトも朝、昼、夜と変わるのです。

この手作り感がこのホテルのホスピタリティ。

トランクにギューギューに荷物を詰めたらボーイさんが鼻歌を歌いながら集めに来てくれます。

日本なら「鼻歌歌いながらなんてとんでもない!」と怒られそうですが、ハワイはこれがお客に許される。

不思議に人を変えるハワイ。

だから人を惹きつけるのでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 HAWAII ⑨~ハレクラニホ... | トップ | 2017 HAWAII ⑪~最後にワイキ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心も癒す魅力 (マコト)
2017-07-17 15:35:34
ホテルのキルトでの挨拶の心遣い
良いですね。
エレベーターに乗るのが楽しみになりそう。
女性シェフのおおらかさも
ボーイさんの鼻歌混じりも
仕事楽しみながらやってそうで…
確かに私たちも笑顔になり
ハワイは人の心も変えますね。
マコトさん (tomy)
2017-07-17 20:03:22
ここに来ると小さなことは気にならなくなりますね。
いつも笑顔でいようと思いますが、
かなりの努力が要りますね・・・。

どうやったらこころから笑顔が出るんだろう~。

やっぱ鈍感力必要です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。