黒部信一のブログ

病気の話、ワクチンの話、病気の予防の話など。ワクチンに批判的な立場です。現代医療にも批判的で、他の医師と違った見解です。

子どもへの虐待、特に性的虐待

2017-04-17 08:34:58 | 子どもの病気と犯罪の予防
 子どもへの虐待が増えているようです

子どもへの虐待が増えていることを危惧しています
厚生労働省の調査では、2015年度の児童虐待は、10万3286件という。これに入っていないケースも想定されるので、もっと多いと思います。
 親族間の暴行も2016年には、6148件と増えています。またレイプなどの性暴力も増えています。
 子どもへの虐待の増加は、多くは子どもの育て方を知らない親が増え、それを教えたり、注意したりする親族や隣人がいないこともあります。高校で子育ての大変さを教えなければならない時代になったのですが、文部科学省は、日の丸、君が代に熱心で、子育ての指導をしていません。アメリカでは、私が高校か大学の頃に、既に始まっていました。しかし、それでも、子どもへの虐待が増え続けています。

 子どもの虐待が増え続け、それが統計上より多く、確実にアメリカ社会の方向に進んでいます。
 単なる虐待だけでなく、性的虐待も増えています。ある児童精神科医によると、先日のドラマにも取り上げられた、親からの性的虐待を受ける女の子が、顕在化せずにいるようです。ドラマでは、その為に妊娠し、生まれた子どもの顔がだんだん親に似てくるために、虐待を繰り返し、最後は養子に出し、子どもは養い親に引き取られて幸せになると言うものでした。

 それがハイソサイエティにも起きているようです。ドラマでもそうでした。それで、そんなことを認めたくないが、現実にあるのだということを、発信したかったのですが、最近起きた事件で思い出しました。ベトナム人の女の子の殺害事件からです。
 こういう事件が、殺害されて顕在化しましたが、隠されてあると思います。
 私の若い頃、アメリカでのウーマン・リブの運動が、レイプ事件を顕在化させ、アメリカ社会の暗部を暴いたのです。その後、次々といろいろな事件が、暴かれて行きました。そして、それが日本でも起きていたのです。
 
 昔、私の男の友人から、金のためにしたが、嫌なものだったと告白されたことがあります。男の子も、もしかしてそういう目にあって殺害されているのではないかと危惧しています。犯人たちの子どもたちは、どうなのでしょうか。もしかしたら、同じ目にあいながら、口を閉ざしているか、または、下記の記事のように記憶を消し去ろうとしているか、しているのでしょうか。

 
 この事件で、昔アメリカで起きたことを思い出しました。
 それは子どもへの性的虐待です。自分の子どもにし、その友達の女の子を殺害した事件が、20年後に明るみに出た事件です。
 
 ニュースウィーク日本版の記事です。それが日本にも登場して来たのではないかと危惧しています。



この記事の画面をクリックし拡大すると、記事゛何とか読めます。タイトルは「よみがえった殺人の記憶」です。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島と沖縄に連帯し、政府の... | トップ | アメリカの反ワクチン運動の存在 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
虐待 (花子)
2017-04-19 18:17:51
つらい過去を
記憶から消せないから
子どもたちは苦しんでいます。
母親として
どうしてあげられるのか?
私自身モラルハラスメントのフラッシュバックがいまでもあるので
自分もどうしたらいいのか分かっていないのが、現状です。
いまだに
子どもがおなかにいたときに思い切り蹴り上げられた時の、夢を見てうなされます。
私はいいけれど
子どもを守りたいです。
今後大人になるとき、良くない影響を与えたくないです。

コメントを投稿

子どもの病気と犯罪の予防」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。