黒部信一のブログ

病気の話、ワクチンの話、病気の予防の話など。ワクチンに批判的な立場です。現代医療にも批判的で、他の医師と違った見解です。

診療所に来る方へ

2015-12-30 10:48:28 | 予防接種、育児法
今年の一年は、私の仕事の一つのワクチン批判と育児の仕方を本にしました。ぜひご一読下さい。

医師特に小児科医の子どもが病気になることが少なく、それは育児法にあること。医師の子どもに先天性の病気が少ないのは、母親の気持ちが安定し、穏やかであることであるというのが、私の病原環境論です。

無差別殺人、親殺し、兄弟や祖父母殺しなどもすべて、胎児から2歳までの教育にあるというのが、闇教育の支持者の説ですが、一理あると思います。それを避ける教育、育児法を書きました。

それから、私の診療所に初めて来られる方は、できるだけ午後の外来に来て下さい。最低20~30分かかり、他の方を待たせることになりますから。
それで、一月から月曜の午後と金曜の午前の外来を始めることになりました。午後のどちらかに来て下さい。土曜の午前は混みますからできるだけ、避けて下さい。健診はさらに時間がかかります。それだけのアドバイスをしています。

母乳は3か月までで、その効果は続きません。母乳は食事の一部です。空腹時以外には与えないでください。離乳食の早期開始は、一つは早期の栄養補給、特に当分の補給と、悪い習慣、指しゃぶり、それからくる口に物を入れることによる誤飲事故を防ぐことにあります。
 子どもには、糖分が必要です。脳の代謝にグルコースが必須です。それを十分与えることが必要です。甘い物を制限しないでください。いろいろなことを言う人がいます。それが本当に根拠のあるものであるかどうかが問題です。私は、それなりに根拠を持っています。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒポクラテスの医学とは | トップ | 水痘ワクチンは4歳以後にし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

予防接種、育児法」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。