黒部信一のブログ

病気の話、ワクチンの話、病気の予防の話など。ワクチンに批判的な立場です。現代医療にも批判的で、他の医師と違った見解です。

日本はどこへ行く

2017-10-01 09:54:42 | 日記・エッセイ・コラム
          日本はどこへ行くのでしょうか。

 今の政治の世界を見ると、どうなるのか判りません。でも、それは有権者たちが選択するのですから、日本の流れを作ります。
 世界の流れを見ても、北欧を除くと、大きくいろいろな変化があります。それは、歴史の流れを作っているのです。そして、私たちが選択しているのです。
 グローバル化した現在世界は、いろいろな人たちが混合して存在しています。まだまだ、部族社会(日本では戦国時代)が残っている国、宗教が政治を握っている国、折角自治政府を作ったのにすぐ利権におぼれて腐敗している国、様々です。
 日本の誇れることは、世界で一番腐敗が少ない国ということです。
 江戸時代に日本に来た外国人たちは、日本の役人たちが賄賂を受け取らないことに驚いたのです。当時も今も、日本では融通の利かない国です。わいろはなかなか通用しません。でも、一部には通用しますが。
 日本だけです。「武士は食わねど高楊枝」などということが通る国は、ありません。
 英語で、こころ豊かという言葉がないのです。それは仏教の精神がいきわたっているのでしょうか。ブッダは、こころの安寧を求めて出家し、そして悟りを得たのです。小国といえども王族を捨てたのです。
 私は、今の日本は、岐路に立っていると思います。
 子育ての面から見ていると、そう感じます。皆さん、選挙には行って選択してください。それが明日の日本を決めます。どこを選ぶかは、あなたの考えですが、それがあなたたちの明日を規制します。

 何か、今、大きく政治の流れが変化しそうな気がします。
 私は、まず原発ゼロで行きたいと思います。安保法制にこだわることはありません。こだわるなら、身をとしても阻止すべきだったのです。
それができなかったなら、自衛隊と言う軍隊を持ち、核兵器をいつでも保有できる技術も組織も持ち、アメリカと連帯している現状を、単純に憲法を守れと言っても、絵空ごとではないでしょうか。
  
 赤ちゃんが泣くことを、小児科医が取り上げないのはおかしいです。どうして、それを赤ちゃんの検診でみつけて教えてあげないのでしょうか。子どもへの虐待が乳幼児に集中しているのは、小児科医が悪いのです。赤ちゃんが泣くのを、泣き止ませる方法を教えることの大切さを感じていないようです。
 私の外来は、子どもたちが泣かない外来でした。国立病院時代でも、吹上診療所時代でもそうでした。外来で待っている子が泣かないのが当たり前と思っていました。昔、国立埼玉病院で一人医員で診療をさせられていた時に、パートで来てくれた医師が、待合室にいる子どもたちが泣かないのに驚かれた記憶があります。

 今、若い親たちは、赤ちゃんが泣くのを止められず、虐待に走ることも多いようです。赤ちゃんは泣くのが仕事と言った時代は終わったようです。それは、周囲の家からの苦情があります。子どもたちの話し声がうるさいとか、赤ちゃんが泣くとうるさいとか、そういう時代になってしまいました。

 なんとか今の時代を変えて新しい日本にしたいのですが、どうするか判りません。唯一言えることは、文化の最先端を行く北欧社会を見習うと良いのかも知れません。

 何か、今日本の政治が変わりそうですし、変えたいと思います。それは、一人ひとりが選択して決まることでしょう。
 皆さん、選挙権だけは行使して下さい。それによって明日のあなたの生活が決まります。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病原性大腸菌O-157とは | トップ | 子どもを親の言うなりにさせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。