黒部信一のブログ

病気の話、ワクチンの話、病気の予防の話など。ワクチンに批判的な立場です。現代医療にも批判的で、他の医師と違った見解です。

お願い

2017-03-26 10:53:18 | ブログ
皆様
 しばらく記事を更新せず申し訳ありません。いろいろなことがありまして、疲れてしまい、またパソコンが故障して修理するなど、じじょうがありました。
 今年は、私のモチーフを発揮させる年と思っていましたが、なかなか動きだせません。新学期を迎えて、新入生の気分でこれから臨みたいと思います。
 今、考えていることは、
 1.なぜ私がワクチンに批判的か、個々のワクチンに対する過去の論文をのせたいと思っています。これは、学会に出してもよいくらいの内容なので、今まで出さなかったのですが、ワクチンをしないと虐待とかネグレクトと言われないように、まずは私の本を買っていただいて、それをみせて虐待ではないと示すためです。
 2.私の医療に対する考え方は、私がみなさんの健康を守るのではなく、健康は自分で守るもので、私はそのための情報を提供するだけということを知って下さい。そのための資料を少しずつ出していきます。
 3.私の考え方や理論は、すべてオリジナルではなく、誰かの書からとってきて寄せ集めたものです。私は、その意味では、啓蒙家です。
でもそれでも後世に残しておきたいと思います。
 4.私は、医師は皆様にサービスを提供する職人であると考えています。「いしゃせんせい」とか「お医者様は神様だ」などということは大嫌いです。先生とも呼ばれたくないです。政治家や教員ではありませんから。あくまで職人ですから、職人として使って下さい。判断するのは皆さまです。私の祖父は、切手の彫刻の職人でした。アメリカへわたって彫金技術を学んできたのです。切手のカタログの明治の「世界大戦平和切手」ともう一つの彫刻技師として、黒部三記と書かれているのが祖父です。
 5.世界の歴史を見ると、フランスのアナール学派のいうように、隠されている事実があります。
 確かに、多くの小児科医が言うように、子育てはいろいろあります。でも歴史的に検証すると、良いと言われている子育てにも問題がありそうです。ワクチン批判者のあいだに流れている子育て法が本当に良いのか検証が必要です。
 そして、今日本の子育ては江戸時代と大きく変化しています。
 今日本で起きている子どもへの虐待、性暴力、発達障害、いじめなどは子育てが変化してるためではないかと憂いています。
 6.原発事故は二度と起こさせてはいません。すべて廃炉にしましょう。また高濃度放射線汚染地では、早く婦女子を避難または移住させましょう。それで残っている子どもたちのために、移住を継続したいと思います。
 これからもよろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「子どもに対しての説教につ... | トップ | BCGの廃止に向けて(1990... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
応援します (花子)
2017-03-28 16:09:03
しばらく更新がなかったので
心配していました。
うちの子供たちは
予防接種をほとんどせずに
大きくなっています。
一緒においしく食べて、毎日笑顔で過ごして
体力がつけば
病気になったとしても
すぐなおるし、
小学校からずっと
皆勤賞で学校に行けています。
私は
黒部さんの考えに賛成です。
後世のために、黒部さん!がんばってください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。