統一教会=世界平和統一家庭連合の闇の顔

世界平和統一家庭連合の前身はあの統一教会!家庭連合の正体隠し伝道にダマされてはいけない!!

知ってる?「ハロウィーンの起源」

2016-10-18 20:58:01 | 雑記帳
<重要!>統一教会=世界平和統一家庭連合

自民党が名称変更を承認したため、2016年8月26日より、世界平和統一家庭連合は旧称が(あの悪名高い)統一教会であることを言わずに勧誘できるようになった。
名前が変わっても中の実態は変わらない。


騙されないようにご注意を!


★統一教会=世界平和統一家庭連合…韓国発祥の反日カルト宗教★
<初めての方は こちら(入教と離教の理由)こちら(勧誘方法)もご覧ください>


◇ ◆ ◇ ◆ ◇


今月末は「ハロウィーン」である。
日本ではなじみのない行事だったと思うが、近年は仮装したりお菓子を配ったりする人がかなり見受けられる。
その「ハロウィーン」について興味深い動画があったので紹介する。

ハロウィーンの起源//ドルイド教の残酷な生贄儀式

もともとはドルイド教の生贄儀式であったが、西洋の祭りに入り込み、現在に至る。


↓↓↓以下、動画のコメント欄より抜粋↓↓↓


・極度な物質社会に生きる現代人は、霊界など信じれる人は少なく、「悪霊」など理解出来ない人がほとんどでしょう・・
私もその一人ですが社会現象ハロウィンのベースに悪があるのは見て取れます

・いくらこの動画の内容を知らなくても、
ハロウィーンが突然流行り出して年々着実に定着しつつあるのを見て
不自然さに気づかない人は哀れな人ですね。
日本人はハロウィーンなどかなり前から映画などで知っていたはず。

・動画ありがとうございます。真実を知る勇気を持ちましょう。日本人の皆さん。無知ほど恐ろしいものはありません。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇


そういえば、故・文鮮明教祖の(自称)後継者の文亨進(文鮮明7男・サンクチュアリ教会)もハロウィーンのお祝いしていたよな。
(7男も悪魔崇拝者ってことか)

「ホントはコワイぞ、ハロウィーン!」
と思った人はクリック↓

にほんブログ村


人気ブログランキングへ



統一教会=世界平和統一家庭連合も
ドルイド教と同じく、教祖文鮮明が信者の結婚相手を強制的に決めていた。

正に悪魔宗教!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「元慰安婦29人が現金受け取... | トップ | ハロウィーンの危険性 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文ファミリーの3分派、悪魔宗教ー悪魔崇拝につながっているのでしょう? (カラス)
2016-10-20 05:54:20
悪魔宗教=悪魔崇拝=ユダヤ金融資本でしょうね。
亨進氏は、激しくアメリカ社会を批判していますが、全くの正論ではないし、不分別のところも多々あるようですね。
文鮮明教祖は、ロックフェラーとつながってたと聞いています。世界統一を目指す彼らと、文教祖の願望(野心)である統一世界という点で共通を見出した、文教祖は、ロックフェラーなんぞ、追い越してやると思っていたのでしょう。自分はメシヤと自称しているのですから。
アメリカ生まれのアメリカ育ちで、ロックフェラーに近い豪邸に住んでいた亨進氏も、父親の文教祖に教え込まれ(自分の子供も洗脳)ユダヤ金融資本のように、お金と権力で権威をもち、(文鮮明は生存中にはできなかった)文王国を作りたいの
でしょう。なんというか、ムリというものではないでしょうか。
カラスさんへ (管理人(大隈))
2016-10-20 22:30:52
コメントありがとうございます。

亨進氏(4男やその妻等も含むサンク派)は、説教にギリシャ神話を出したりするなど、聖書とギリシャ神話の区別もつかないのか?と思うような発言もあったようです。
文鮮明狂祖はフリーメイソンでもあったそうですね。フリーメイソン(イルミナティ)の人口削減計画も文に影響を与えていたそうです。
神と同等とか神より上とか言っていた文狂祖ですから、ロックフェラーなど目じゃないと思っていたのでしょうね(笑)
幼いころから既に(信者から巻き上げたお金で)恵まれていたであろう亨進氏も父親(文狂祖)を見て、金さえあれば何でもできるとでも思っているのでしょうが、そう上手くはいかないはず。

皆が離れて資金が絶たれ路頭に迷うこの一族を見てみたいものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

雑記帳」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。