ベンジャミン・バトン 数奇な人生

2009-02-07 | は行


 満足度 ★★★☆ 
老人の姿で生まれ年をとるたび若返っていくベンジャミン.
その数奇な人生が私達に投げかけているものとは??
人の人生をじっくり見つめる作品といえそうです。

 冒頭のケイトの老けメイクからのけ反っちゃう!!
 ベンジャミンのあの動きも一体どうなってるのか??
 実は・・。物語よりもこのCG技術に驚愕してしまった(笑)
 そしてどんどん美しくなっていくピット様にうっとりでしたわ〜 
 


「時間をもどせたら・・」愛する者を失った時計職人は
時を戻す(逆回転)時計をつくった。
ソレは人の叶うことの無い悲しき願い・・。

子供でありながら姿は80歳の老人。
彼は年をとるごとに若返っていく。
ベンジャミンのこの人生は私達にとって
夢なのか?悪夢なんでしょうか?

彼が自分の運命を呪うことなく生きられたのは
優しい養母との出会いと育った場所が老人ホームだったことが
大きそうです。皆自分と同じ顔、優しい人々の中で
彼は静かな時間をすごします。

しかし彼は、ソコを離れ一人で生きていくことを決断する。
ソコには悪意や残酷な死も待ち受ける.でも楽しいことも有る・・。
運命を受け入れた彼は実にパワフル!それゆえに
彼の数奇な人生は、一見私達の人生と同じように
出会いと別れ・喜びと悲しみを繰り返しながら時を刻んでいく・・。
しかし大きく違うのは・・
彼は愛するものとともに
年を重ねることができないということなのだ・・。  
 


人生の分岐点でやっとつかんだ真実の愛も
彼にとってはほんのひと時の幸せ。彼は彼女の元を去る。
何故?って思ったけど・・・。
若がえっていく夫を見つめながら暮らすことは・・
やっぱり女にはできないことなのかもしれませんね〜(涙) 

ラストは衝撃がまっている。
その最後は悲しいながらも救いがあるようにも思えました。
ともに生きられなくとも人の繋がりは消えないことを感じさせられます。
過酷な運命を受入れ乗り越え様々なことに挑戦していく彼の姿から・・
何を感じるかは人それぞれということになるのでしょうか?

私は出会いの不思議さ・あきらめないことの大切さを
感じさせられましたかね〜・・・ 

 監督:デヴィッド・フィンチャー
 主演:ブラッド・ピット ケイト・ブランシェットほか

         

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンマ・ミーア!みた〜♪ | トップ | ハイスクール・ミュージカル/ザ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2009-02-08 13:11:19
今作は、まさに特殊技術に驚く作品でもありましたね。
ブラピの老人時代、どうやって撮影しているのでしょう?
人形を使って、顔だけ合成・・・?
全く違和感が無かったと思います。
それに、若返ったブラピにビックリでした。
綺麗♪

人生の素晴らしさをいろいろと感じさせてくれる作品だと思いました。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-08 14:06:31
愛する人とは一緒に年を取ってこそ幸せなんだな〜としみじみ思いましたわ。
女性が老けて行くのに男性はどんどん若返って輝いてくっていうのはカップルにとって残酷な話ですよね。
若くてきれいなブラピを再びスクリーンで見ることができて嬉しかった〜♪
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-02-08 16:54:07
愛する人と一緒に歳を重ねることができないというのは本当に辛いでしょうね。
ベンジャミンのその苦しい思いをデイジーが理解し、最後まで彼を見守ってあげたのは本当によかったと思いましたよ。
多分幸せ (たいむ)
2009-02-08 19:28:03
こんにちは。
デイジーの腕の中で逝けたベンジャミンには救われた思いが私もしました。
同じ時を過ごせるって当たり前に思っていたけれど、幸せだなーって思っちゃいますね。
人それぞれ、わが身に当て嵌めて想う人を思い浮かべる作品かなって思いました(^^)
ブラピにうっとり (kimi)
2009-02-08 20:19:41
人と逆の時を生きるのは、孤独でせつないけど、そんな逆境も淡々と生きているベンジャミンに胸打たれました。
よい映画でしたね〜。
それでもつい、どんどん若返っていくから、いつ美しいブラピになるのかと心待ちにしてしまいました(爆)
デイジーの病院に行くときが、一番素敵に感じました☆
BROOK様♪ (くろねこ)
2009-02-08 23:20:31

こんばんは〜!!
この特殊技術!!驚愕でしたよね〜!
ほんと・・。どうなってるのかな??
あの自然な皺の感じとか。もう恐るべしですね!
若返っていくブラピももちろん必見♪
美しかったですねぇ・・
彼の人生からはいろんなことを思いましたね♪
ミチ様♪ (くろねこ)
2009-02-09 00:04:02
こんばんは〜!!

あの時は早すぎる別れだと思いましたが・。
彼の決断は正しかったんでしょうねぇ・。
私達女性にとって老いって恐怖ですもんね。
切なかったです・・。
一緒に年をとっていく幸せ。そうですよね。
かみ締めなきゃですよね〜(笑)
うんうん。ブラピ 美しかったですね〜♪
さすがに子供に化けるのはムリだった??
ケイトとは違って少年のブラピがイマイチだったのはちと残念でしたよね〜(笑)

にゃむばなな様♪ (くろねこ)
2009-02-09 00:23:56
コメントありがとうです!!
「ともに年を取っていけること」はかけがえの無いことのはずなのに・・。
現実の私達は一生を添い遂げることは難しい。
私達はあたりまえにある幸せを忘れてしまっているのかもしれないですね・・。
ベンジャミンのびっくりなラストも・・。
思えば同じようにどんな形であれ最後まで添い遂げることの素晴らしさをあらわしていたのかもしれませんね〜(涙)
たいむ様♪ (くろねこ)
2009-02-09 00:57:16
こんばんは!!

彼の人生はデイジーを含め本当に素晴らしい人たちとの出会いで綴られていましたよね(涙)
それは彼がこの運命を呪うことなく、誰を恨むことなく生きたからなのかもですね・・。
彼のラストは悲しい限りですが私も幸せだった・・と思えたです・・(涙)
おっしゃるとおり自分あてはめるてみると様々なことが見えてくる作品かもですね・・
kimi様♪ (くろねこ)
2009-02-09 01:14:10
こんばんは!!
うっとりしましたね〜。
実はコレが一番見たかった(ははは)!
いったいつが素だったんでしょうかね〜(笑)
しかしベンジャミンは強いですね。
自分を嘆いたのは1度きりでしたか・。
優しい養母との出会いも幸運でしたよね(涙)
こんばんわ〜♪ (くう)
2009-02-12 00:44:15
>彼の最後は悲しいながらも救いがあるようにも思えました。

私も。。。
愛する人に抱かれながら死ぬなんて、普通は
なかなかない事ですよね。
長い映画でしたが時間を感じさせなかった。
若返るブラピにもワクワクさせられました♪
くう様♪ (くろねこ)
2009-02-14 00:55:44
コメントありがとうです!
うんうん・・。あのラスト・・。
びっくりでしたよね(涙)
逆行した2人が手をつなぐ姿も感慨深かった〜。
2人の不思議な絆も・・。
ブラピも・・美しかったですね〜

TBありがとう (かめ)
2009-02-16 09:04:06
くろねこさん、
TBありがとうございました。
CGと特殊メイクはすごかったです。
時間と肉体の変化を逆行したベンジャミンでしたが、最後は愛する奥さんに見守られながら死んでいく姿は、少し前には普通に存在した夫婦の愛の完結だと思いました。
かめ様♪ (くろねこ)
2009-02-19 23:17:43
コメントありがとうです!!
すごかたですよね〜。冒頭のケイト様は
ほかの人かと思いましたよ〜。
ブラピもどうなってんの?と興味津々でした(笑)
「少し前には普通に存在した夫婦の愛」
 まさしく・・。 寂しいものですね〜。
 頑張りましょうか??うはは!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ち...
劇場鑑賞「ベンジャミン・バトン数奇な人生」 (日々“是”精進!)
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」を鑑賞してきました「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・...
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON (我想一個人映画美的女人blog)
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞...
映画 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。 おはなし:1918年、ニューオーリンズ。老人施設で働く黒人女性のクィニーは捨てられた赤ん坊を拾う。その赤ん坊は生まれながらに...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (めでぃあみっくす)
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンはあ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (心のままに映画の風景)
1918年、ニューオーリンズ。 老人施設を営む黒人女性クイニー(タラジ・P・ヘンソン)は、置き去りにされた赤ん坊を拾う。 “ベンジャミン”...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (悠雅的生活)
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作) (勝手に映画評)
実は、あまり見に行こうと思って居なかったんですが、2008年度第81回アカデミー賞で、最多の13部門(作品賞、主演男優賞(ブラッド・ピット)、助演女優賞(タラジ・P・ヘンソン)、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、メークアップ賞...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Memoirs_of_dai)
ボタン屋の息子だからバトン 【Story】 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」みた。 (たいむのひとりごと)
ある裕福な家庭。待ちに待った我が子の誕生。しかし母親の命と引き換えに生まれてきた赤ん坊が醜い老人の姿だったとしたならば、例え我が子と言えども愛する妻の命を奪った”悪魔の子”にしか見えない夫の気持ちもわ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008・アメリカ) (白ブタさん)
今年初の試写会です{%キラリwebry%}
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (Sweet*Days**)
監督:デヴィッド・フィンチャー  CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他 ある盲目の時計職...
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 (うだるありぞな)
今回は、2009年のアカデミー賞で、最多13部門にノミネートされている、ブラッド・ピット主演の「The Curious Case of Benjamin Button ベンジャミン・バトン/数奇な人生」 ランキングに参加してます。    1918年、ニューオーリンズ。黒人女性・クイ...
映画 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を『セブン』のデヴィッド・フィンチャーが映画化した感動巨編。第一次世界大戦時から21世紀に至るまでのニューオリンズを舞台に、80代で生まれ、徐々に若返っていく男の数奇な運命が描かれる。80代の男性...
映画 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を『セブン』のデヴィッド・フィンチャーが映画化した感動巨編。第一次世界大戦時から21世紀に至るまでのニューオリンズを舞台に、80代で生まれ、徐々に若返っていく男の数奇な運命が描かれる。80代の男性...
映画「ベンジャミン・バトン」 (アンナdiary)
母と映画を見に行った。見終わった後、若返って死ぬのと、年老いて死ぬのとどっちがいいか?でかなり盛り上がった(笑)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月7日 公開 ★★★★★ 特殊メイクも含め見応えありで星5! バトンのボタン まずオープニングのワーナーのロゴがボタンになってたのが、どういう意味なんだろうと思っていたら・・・。 ご鑑賞がまだの方はネタ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Akira's VOICE)
人生という名のロードムービー。  
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (to Heart)
一瞬、一瞬を、大切に生きていますか――? 全ての出逢いを、胸に刻んでいますか――? 原題 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 製作年度 2008年 上映時間 167分 原作 F・スコット・フィッツジェラルド 脚本 エリック・ロス 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 ア...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (利用価値のない日々の雑学)
ブラッド・ピット的に考えると、筆者の評価が最も高い作品は「ジョーブラックをよろしく」である。この作品が評価が高い理由はレビューを読んで頂きたいのであるが、ひとつには時間の取り方である。この作品は物凄くゆっくりと(確かに上映時間も180分と長いが・・・)、...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (You got a movie)
監督   デビット・フィンチャー キャスト ブラッド・ビット       ケイト・ブランシェット       ティルダ・スウイントン ケイト・ブランシェット演じる年老いたデイジーの病床で娘が読んでくれるベンジャミンの日記に沿って物語が進んで行く。この映...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】人生には色々な事が起こる (映画@見取り八段)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 〜THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON〜 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演:  ブラッド・ピット、ケイト・ブラ...
★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』2009・2・11に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1918年、第一次世界大戦の戦勝気分に沸くニューオーリンズ。ある一組の白人カップルの間に男の子が産まれるが。その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をし
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  (2008) = 80歳という年齢で誕生し、徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男、ベンジャミン(ブラッド・ピット)。 他の誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ネタバレ映画館)
デイジーにヒナギクの花束を・・・
ベンジャミン・バトン★数奇な人生  (銅版画制作の日々)
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかった...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定 (はらやんの映画徒然草)
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 (描きたいアレコレ・やや甘口)
どうも。周回遅れのupです。いつもながら、私はアップアップです(汗) 私のブログ年齢7才というのは、あながちウソではない(苦笑) 以前...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (新!やさぐれ日記)
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、...
人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (水曜日のシネマ日記)
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 】 【監督】 デヴィッド・フィンチャー   【原作】 F・スコット・フィッツジェラルド    【脚本】 エ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン...
ブラッド・ピッドだから… (美容師は見た…)
観たようなものですが(^_^;)体調不良だったため、予定よりも一週遅れの鑑賞です。ウズウズ  めちゃ観たかった〜。  やっぱり観て良かった〜。  本当に数奇な人生でした。  『ベンジャミン・バトン』老人に生まれて若返って行くなんて、どんなストーリーなの?...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』 (音次郎の夏炉冬扇)
昔、「じじい」とか「せんぱい」なんてあだ名で呼ばれていたクラスメートが、中年になって同窓会に出たら、あまりにそのまんまなので吃驚されるということがあります。老け顔の人って、年くっても意外と変わらないものなんですが、かように「相対的に若返る」というのはあ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (せるふぉん☆こだわりの日記)
やっと見に行けました〜「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 この半月ほど咳が異常
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を観ました。 (My Favorite Things)
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督のおひとりですが、今までの作品とは全然違いますねぇ…
『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生〜』 (・*・ etoile ・*・)
'09.01.19 『ベンジャミン・バトン 〜数奇な人生〜』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。ブラピ舞台挨拶つき試写会も応募したけど、こっちが当たってことはハズレだな(涙)しかも家に帰ったらシネトレからも試写状が届いてた。その日は旅行中で日本にいない。とい...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
あんな風に若返ることができるメイク・・私もしてもらいたい(^^ゞ
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (シネマ・ワンダーランド)
文豪アーネスト・ヘミングウェイ同様、「失われた世代」に属する米国の著名な純文学作家、F・スコット・フィッツジェラルド(1896年―1940年) の小説(角川文庫所収)を映画化したファンタジー・タッチのヒューマン・ドラマ「ベンジャミン・バトン 数奇な人生...
映画『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
9-11.ベンジャミン・バトン〜数奇な人生■原題:The Curious Case Of Benjamin Button■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:167分■字幕:小山悟■鑑賞日:2月7日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・フィンチャ...