「バ ベ ル 」

2007-04-29 | は行

 満足度 ★★★悶々する~(泣)

たしかに、何か壮大な物語を見終えたと感じさせる作品なのだけれど、
私はただただ、もどかしく、寂しかった。
何を感じ、何を思えばいいのか・・わからない。
私自身に救いのない作品だったからだ
一発の銃撃はある夫婦を襲った。はるか異国の地で
彼らはなすすべがなくただ助けを待つだけだった・・。

乾いた砂漠の広がるモロッコ。華やかな大都会東京。
不穏な情勢の中活気あふれるメキシコ。
3つの国の4つの物語が絶妙に交錯しあう。

様々な国で様々に生きるその人間たちのその姿は
本当に神の怒りによって
私たちはバラバラにされたのか・・。と思わせる.

妻を撃たれ憤り怒るピットさま。でも・・。
その犯人がその地に住むまだあどけない少年であることを
知らされているだけにどうも彼に感情移入できない~。
ごめんね。ピット様(泣)
そしてその銃は日本人ヤスジローがモロッコで善意で譲ったものと判明。
そこにはどこにも、誰にも、悪意はなかった

でもそれは確かに人の人生をかえ、1人の少年が死んだのだ。
「わたしは罪に問われますか・・」
この作品に答えはなかった。

聾唖という障害を抱える娘チエコの孤独と憤りも
彼女の奇行があまりに衝撃的でどう理解していいかわからない。
愛より人肌を求めていたのだろうか・・。
確かに差別という壁は見え隠れするものの
その深淵はやはりあきらかにされずじまい
彼女の手紙にはなにが書かれていたのかな~。

凛子ちゃんはすごい存在感で私はびっくりしどおしでした
豪華な高層マンションで裕福に暮らす彼女の孤独を、
自ら命を絶ったという母を・・
外国の皆さんはどんな風に感じたのかはきになったな。

--言葉が通じない、想いも伝わらない。心はどこにも届かない。
私たちは永遠に分かり合うことが出来ないのか--
確かに私達人間には 国、言葉、偏見、といった
いろんな壁が確かにあって
それはただただもどかしく悲しい。けれど
それでも心を繋ぐことは出来るのだと・
感じさせてはくれたきはする。
人は確かにバラバラなのかもしれないけれど
幸せや安らぎを求める心は同じ。
神様が言葉や場所を分けたのも・・
きっと意味があることとだと信じたいですね。


      

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンニバル・ライジング み... | トップ |  スパイダーマン3 みたよ! »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2007-04-30 08:52:24
TBありがとうございました^^・
重厚なエピソードばかりで、どう受け取っていいか分かりませんでした。感じ取れたことを言葉にするのも難しくて。。。
チエコの行動は、痛々しかったですね。圧倒的な焦燥感や孤独感が伝わってきました。
それにしても凛子さんは、文字通り体を張ってましたね、ちょっとビックリしました。
由香様へ♪ (くろねこより)
2007-04-30 13:37:14
私もすっごくレビュー苦労しました~。
届け心~。のほうがしっくりくるかもです。
言葉があっても分かり合えない、ましてや言葉を発せないチエコはもっと分かり合えないのか・・。
凛子さんの演技はほんとに衝撃だったし印象的でした。パンツはかない子がでてこない事を祈ります(笑)

こんにちは★ (mig)
2007-04-30 14:18:55
TBとあと、リンクしていただいてありがとうございます。

わたしの映画ブログの方のリストにもいれさせてもらいますね★

今後もよろしくお願いします

言葉の壁、伝わらない想い、
ブラピも自分勝手になり、、、、
なんだか切ないですね。
でも全体的にじっくり描いているわりには中途半端な描写が多かった気がします、甥のガエルとか、、、
ちょっと賛否両論ですよねこの作品は。
mig様へ♪ (くろねこより)
2007-04-30 15:26:14
勝手にリンクすみません。
ありがとうございます~。

実は私見終えた時は頭まっ白でした(笑)
突き詰めるといろんなことを感じられる作品なんでしょうね。
随所にある???も
心が繋がらないもどかしさを体験させる
監督の手なのか~なんて思いました(笑)
こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-30 17:54:42
映画を見終わった後のなんともいえない気持ち。
このもどかしさこそが映画の伝えたかったことなのかもと思いました。
分からない映画として一刀両断してしまいたくはないんですよね。
いや、ホント、見終わって何日もたってるのに未だに悶々してます~。
感じてもらえればよし? (たいむ)
2007-04-30 18:33:02
くろねこさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。
間違いなく感じるものはあるし、テーマ性もわかるのだけど、それをどう咀嚼して次につなげようかというと、それが非常に難しいんですよね。
「わかんなーい!」って投げ出せたら楽なのですけど、それも出来ないというか・・・
私も未だに悶々です(^^;)
こんばんわ! (睦月)
2007-04-30 19:33:10
TB&コメントありがとうございます!
『カリスマ映画論』の睦月です。

≫国、言葉、偏見、人には、いろんな壁が確かにあってそれはただただもどかしく悲しいけれど
それでも心を繋ぐことは出来ると
感じさせてはくれたとは思う。

この作品からこれだけのことを感じ取れれば
もう十分だと私は思います。
言葉にするのも難しく、自分の中でどう消化すべき
かとても悩む作品ではあるけれど・・・この作品の
真意はくろねこさんがおっしゃる部分にあると
思います。

万人ウケは難しいかもしれないけれど・・・
観た人それぞれが心の奥で何か少しでも感じるものが
あれば、それで十分という気もしました。
ミチ様へ♪ (くろねこより)
2007-05-01 00:39:31

たしかに「分からない」っと切り捨てたくはない
ですね。こうして悶々と悩むのも・・
じつは結構スキです(笑)
でも子供には「見て~」って
ちょっといえないかな
そこが悲しいトコですね 
たいむ様へ♪ (くろねこより)
2007-05-01 00:51:55


何もかもが直球に心にこない・・
そんなもどかしさいっぱいの作品でした。
その答えは私たちに投げられてますから、
返す球も人それぞれということに
なるんでしょうね~ 
睦月様へ♪ (くろねこより)
2007-05-01 01:49:02

きっと心は繋がる・・。
でも私たちは日々の中で
どうすれば心を繋げることができるのでしょうか?

うちの主人も聾唖で時々「聞こえないものの気持ちはおまえにはわからない」なんていわれますよ。相手に壁を作られてはどうにもならないし、チエコのように「裸」でぶつかってもやっぱりダメなんだと思う。
それは相手や場面によって違うから、
マニアルはないのかもしれない。
でもきっと答えの中に「あきらめないこと」が
あると思います
TBありがとうございます (ななな)
2007-05-02 13:06:31
こんにちわ♪
色んな気持ちが映画の中にちりばめられていて・・・観ている間は「なんのこっちゃ?」って感じだったんですけど見終わってからふと気づいたら色んな気持ちが湧いてきました。
んでも悶々と悩んでいるのがちょっと楽しかったりもします
答えは出してくれなかったですけどこう考えることに意味があるのかなって。
ななな様へ♪ (くろねこより)
2007-05-06 21:31:47

私も「なんのこっちゃ・・」と愕然としました(笑)
大好きなブラピもかすんでしまうほど
凛子ちゃんの姿が印象的で・・
今もなを彼女のことを考えたりしちゃってます
私も悶々と悩むの・・結構すきなんです(笑)
Unknown (kayamariyon)
2007-05-10 07:52:52
自分でも驚くほど心に残る映画でした。
ブラッドは好きですが、それだけに
映画に対しては期待していませんでした。
でも、映画を観ている途中から、
ほんとうに目が離せなくて、
人々の愚かさと、哀しさが伝わってきました。

余韻の残る映画でした。
kayamariyon様へ♪ (くろねこより)
2007-05-10 13:59:23


確かに重厚な作品でしたね。
ブラピのただ待つしかない怒りやもどかしさ。
心に響きました。
私もいろんな部分にちりばめられた??に
思いが届かないもどかしさを実体験できた作品
だったと思います(笑)
ブラピが老けメイクと知って安心しました~(爆)
Unknown (シャーロット)
2007-05-13 23:20:15
こんばんは。
意外とこの作品は難しいと思います。
話題になってるからと見ただけでは、
ヘタすると何も受け取れずに
映画館を後にすることになるかと。
私も見た直後よりも今の方が
あれこれ考えている感じです。
どちらかというと単館系でどっぷりはまる…
っていう作風でしょうかね。
だからもちろん万人ウケはしないし、小難しい…
言葉で云々いうより、感じ取ればいいだけかもですね。
シャーロット様へ♪ (くろねこより)
2007-05-14 23:17:53


感じ方はそれぞれにゆだねらていますよね。ほんとにもどかしい作品ですね(笑)
世界の環境のバラバラな様子、そして人の間の様々な壁をつきつけながら、その中で人が心を繋ぐための方法さえも・ちっとも教えてくれませんからねぇ。
言葉があっても、チエコのように「裸」でぶつかってもダメ。で・・。
けれどなぜか「繋がる瞬間が必ずあるよ」っと感じさせてくれてるきがします。
「あきらめないこと」
そうすればいつかきっと・・??
だといいなって思います~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『バベル』 (Sweet* Days)
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを...
「バベル」:テレコムセンター駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}テレコムセンターの「テレコム」ってどういう意味だ? {/hiyo_en2/}「テレ」は遠いっていう意味。「Telephone」とか「Telegram」の「Tel」。「コム」は「Communication」。直訳すれば、遠いコミュニケーションってことかしら。 {/kaeru_en4/}それって、映画...
Babel  バベル (表参道 high&low)
覚えにくいAlejabdro Gonzalez Inarritu(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)監督の作品はダイアログがないシーンが象徴的です。 ’Babel’(バベル)も菊池凛子演じるろうあの女子高生のシーンはもちろん、Brad Pitt(ブラッド・ピット)とCate Blanchett(ケイ...
バベル (ネタバレ映画館)
パンツ穿いてください。
バベル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデン...
バベル (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                            評価:★6点(満点10点) 2006年 143min 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット 、ケイト・ブ...
『バベル』 (試写会帰りに)
『バベル』(『BABEL』)を観ている時に頭に浮かんだのは、バタフライ効果というもの。何の気はなしにしたほんの思いつきの、ちょっとした行動が、地球の裏側では大変な事態へと展開しているかもしれない。 見終わってから考えたのは、たった一人きりで生きていると思って...
「バベル」 (てんびんthe LIFE)
「バベル」ブロガー試写会 GAGA試写室で鑑賞 ミッドタウンの34Fからの景観は赤坂の今まで見えなかったところがみえて面白かった! TBS付近の再開発がどんどん進んでいるので来年はまた違った感じになりそうです。そんなすばらしいところにお引越しをしたGAGAの試写...
バベル (Akira's VOICE)
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
バベル / BABEL (我想一個人映画美的女人blog)
ついに日本公開☆アカデミー賞作品賞にもノミネートされ、カンヌ映画祭では監督賞を受賞。 監督は『アモーレスペロス』『21g』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 脚本はいつものコンビ ギジェルモ・アリアガが担当。 『アモーレスペロス』はなかなか良かっ...
映画 【バベル】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「バベル」 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞作。 モロッコ、日本、メキシコを舞台に進行するドラマを交互に描く群像劇。 ・モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)のエピソード ・モロッコの山...
「バベル」みた。 (たいむのひとりごと)
重い。非常に重たい。表面上だけ見てしまうと不愉快で不可解な印象しか残らない。正直なところ、白旗宣言。どれも、ひょっとしたらありえそうな光景なだけに、それぞれの登場人物の気持ちは分らなくはない。分らなくはないが、とうてい納得は出来ないし、理
バベル (映画鑑賞★日記・・・)
【BABEL:2007/04/28】04/28鑑賞製作国:アメリカPG-12監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、二階堂智、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、ネイサン・...
【2007-62】バベル(BABEL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来...
映画「バベル」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
映画「バベル」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ...
試写会鑑賞 中野サンプラザにて ~ アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 「 バベル 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 やや雲が多い休日、日曜日です。 今日は、昨日 中野サンプラザにて行なわれた試写会で観させて頂いた、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ氏の新作映画について。 『 バベル ( BABEL ) 』 ( ‘06年 アメリカ/メキシコ/フランス ) 《 ST...
『バベル(BABEL)』 (*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*)
「ねえ、あなたは悪人なの?」「いいえ、悪人ではないわ。ただ愚かなことをしてしまっただけ・・・」    「愚か」なことは「罪」なのか・・・「愚か」なことは「悪」なのか・・・人は皆、誰もが「愚か」であり「愚か者」が犯した過ちは「悪」と呼ばれ、「愚か者」には...
映画~バベル (きららのきらきら生活)
 「バベル」公式サイト本年度アカデミー賞最多の6部門ノミネート、作曲賞受賞作品はるか昔、言葉はひとつだった、人間達は神に近づこうと、天まで届く塔を築く。怒った神は言葉を乱し、世界はバラバラになった・・・。アメリカ人夫妻・リチャード(ブラッド・ピット)と...
『バベル』 (京の昼寝~♪)
私たちは、いまだ、つながることができずにいる。     ■監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ■脚本 ギジェルモ・アリアガ ■キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子  □オ...
バベル (悠雅的生活)
繋がらない心。繋がる思い。
バベル(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 壁を越え、繋げよ・・・その心 
バベル (八ちゃんの日常空間)
この超話題作を観ようと思った最初の動機は、ズバリ、エル・ファニングが出ているから!どれだけ成長してきたかスクリーンで確かめたいものです。
バベル (映画を観たよ)
色んな人の意見を聞きたくなりました。
「BABEL」 (映画を中途半端に斬る。)
・・・・届け、心。 ★★★★☆ 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、ガエル・ガルシア・ベルナルほか 「東京タワー」に続き、「塔」の映画を観た。 坂本龍一の音楽がいい。公式サイトで...
菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に...
映画「バベル」 (今日感)
140分近い映画ですけど、そんなに長く感じませんでした。話に引き込まれるし、考えさせられる。すべてを説明し尽くしてくれる映画じゃなくて、観客に考えることをさせてくれる名作です。
Babel(2006,U.S.)at PREVIEW (The Final Frontier)
ブラピや凛子よりも役所さんめあてで観てしまう私はおかしいのでしょうか? バベル モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のアメリカ人夫妻、リチャード(Brad Pitt)とスーザン(Cate Blanchett)。壊れかけた絆を取り戻すため二人だけで旅行...
今年ベストかも。。「バベル」 (着物アロハ・茅kaya日記)
気が早いですね。。。はい、 でも、最高でした。心情に泣けました。 ファンですから、ブラッド映画に点数甘いです。 でも、これは、よかった。 内容はちょこっとネタバレです。
【劇場映画】 バベル (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない...
【劇場映画】 バベル (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない...
バベル (シャーロットの涙)
一発の銃弾がつなぐ、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの物語
「バベル」 びっくり!でもよかった! (労組書記長社労士のブログ)
 昨日は昼からの仕事に間に合うように、朝一だけ伊勢で波乗りしてから、現地を8時半くらいに出て、大阪に帰ってこようと思っていたけど、あいにく波がないので断念。  で、朝から返却日を大きく延滞していた図書館に本を返しに行って、それからティップネスに行って、...
バベル (MY BEST HIT TODAY↑)
BABELアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(2006)GWはやっぱり映画でしょうか。話題作を観にいくのもまたおつなもの。バベルといえば「バベルの塔」ノアの箱舟のあと『旧約聖書』の『創世記』11章、バビロニア帝国にノアの子孫のニムロデが建てようとして建てれな...
★「バベル」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
「バベル」 (やまたくの音吐朗々Diary)
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチ...
真・映画日記『バベル』 (          )
4月27日(金)◆424日目◆ 最初に言う。 点数は10点満点、いや、それ以上である! アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!! 映画とは世界を見ることだ。 それをイニャリトゥは、 『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリ...
「バベル BABEL 」映画 感想 (Wilderlandwandar)
聾唖(ろうあ=耳が聞こえなくて言葉が喋る事が出来ない)少女を好演した”菊池凛子”
『バベル』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
映画『バベル』(お薦め度★★) (erabu)
監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
バベル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、...
「バベル」心の壁 (ノルウェー暮らし・イン・London)
「境界を形成するものは、言語、文化、人類、宗教ではなく、私たちの中にある」とは、本作の監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの言葉。 人は何故、互いを理解しあえないのか?なぜ争ってしまうのか? 言葉も性別も国籍も超えた、コミュニケーションはどうす...