「ブラック・スワン」

2011-05-13 | は行

満足度★★★★ 孤高の美を演じきったナタリーに拍手!!
 記事消えてたーなんでー??(涙)

--君を邪魔しているのは 君自身だ----
美しいバレエと「白鳥の湖」の調べにのって
幻想的かつ官能的に描かれるホラーサスペンス!!必見です

「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という対極の2役を
1人が演じ分けなければならない 究極のバレエらしい。
しかし品行方正で努力家だった彼女には
王子を誘惑する官能的な黒鳥を演じる事が出来ないのだ

夢にまで見たプリマの座を得たと同時に
彼女を襲う重圧、焦燥感そして皆からの羨望・嫉妬・・
それは次第に彼女に
恐ろしい幻影をみせることに・・・。

それは彼女が作り出した悪夢なのでしょうが
もはや・・
何が幻影で何が現実なのか??
見てるこっちをも混乱させられて怖さ倍増!凄い、凄すぎるっ!
幻想でもそれは彼女にとっては紛れもない現実・・
だからこそ、怖い!そして悲しいんだよね・
悲壮感漂うナタリーの姿は衝撃的で・・
最後まで惹きつけられてしまいましたー。

しかし・・苦しみあがきながらも
彼女はプリマとして孤高の場所で踊ることを選んだ時ーー
私の心は 歓喜で震えたのでした----(涙)

ナタリーが踊る「白鳥の湖」の舞台も圧巻でしたね-!
 CGをプラスしての美しくも妖しい演出にため息
 そして官能的挑発的な・・黒鳥の姿に!!
 またも震えた・・私なのでした

ラストも意味深ですよねーー。
彼女を追い詰めた「プレッシャー」は
人に認められ期待されていたこと、
彼女に夢を託していた母--だったのでしょうけど
ソレは 又 同時に 彼女の心の支えでもあったわけで----
自分に打ち勝つことのむずかしさを
 改めて感じさせられた作品でもありました!。

★ 第83回アカデミー賞:主演女優賞(ナタリー・ポートマン)
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八日目の蝉 | トップ | パイレーツ・オブ・カリビアン「... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-05-14 22:17:26
ダーレン・アロノフスキー監督の色の使い方が凄すぎます。
特に白と黒を意識させて最後は血なんて、下ろすべき才能としか言い様がありませんよ!
ナタリー圧巻 (ノルウェーまだ〜む)
2011-05-15 02:36:03
くろねこさん、コメありがとう♪
本当にナタリーが凄すぎる!映画でしたね〜
白ナタリーも黒ナタリーも見事に演じた彼女と、その演出のすばらしさに、まさに震えちゃうの判るわ☆
にゃむばななさんへ♪ (くろねこ)
2011-05-15 11:49:45

「白と黒・血」なるほどー。
まさに監督の演出は、ニナの葛藤をより不気味なものにしていたんですねー。
バレエ技術や内面表現等、ナタリーの体当たり演技にも圧倒されました!!
「凄い」作品でしたねー

Unknown (KLY)
2011-05-15 20:33:46
本当に素晴らしかったです。
『レオン』で天才子役として認知され、『スター・ウォーズ』でハリウッドスターの仲間入りし、本作で彼女は真の一流女優になったのだと思っています。
ダーレン・アロノフスキー監督との出会いの大きさ、ナタリーがアカデミー賞で泣きながらスピーチしていた意味が解った気がしました。
Unknown (mig)
2011-05-16 22:02:07
こんばんは☆くろねこさん

面白かったですね〜
怖いシーンもあるから評価分かれるかなぁって思ったけど、皆さん好評価でちょっと驚いてます^^

キャストも演出も脚本も良かったしアカデミー賞ノミニー&受賞も納得☆
Unknown (オリーブリー)
2011-05-17 01:09:25
こんばんは。

記事、消えちゃったのぉ〜〜〜!
ご苦労様でした…。

現実と妄想の境界線を、一緒に体感した疲労感でした。
凄い映画でしたね。
ノルウェーまだ〜むさんへ♪ (くろねこ)
2011-05-18 23:40:54
まさに鬼気迫る素晴らしいナタリーでしたねー!
ラストの白鳥の湖の舞台。
もっと見たいーーと思いました。
怖さと凄さに・震えましたね!!
KLYさんへ♪ (くろねこ)
2011-05-18 23:51:57
レオンの時は大人っぽい妖艶さを醸し出してたナタリーでしたが現在では高貴さが漂う彼女。
子役スターのむずかしさを時々耳にしますが
この役は彼女にとっても女優としての葛藤が重なっていたんでしょうか?違うとしても、
ソレを引き出した監督への感謝は計り知れないものがありそうですね
migサンへ♪ (くろねこ)
2011-05-20 15:42:38
私もどんどん引き込まれてしまいました。
怖いシーンすべてが彼女の作り出した
恐怖や重圧だと思うと痛々しく悲しく感じられたし、演出も見事でしたよね!
ナタリーの演技&女優魂ーの素晴らしさに賞は当然といえますよよね!
オリーブリーさんへ♪ (くろねこ)
2011-05-20 15:59:30
TBしてるうちに消えたようで・・
カラ記事を送った方も多々。もう顔面蒼白ですよー。
何とか書き直せてほっとしました-(笑)
現実と妄想の境界線がわからない演出。
見事でしたねー。まさにニナの怖さや辛さがぐっと来て・せつなく、私も酷く疲れましたわ-。
凄い映画でしたね

こんばんはー^^ (みすず)
2011-05-21 21:19:42
凄い映画でしたね〜♪
ナタリーの演技に見入ってしまいました!

ニナの観ている世界がどこまでが現実で幻影か・・・こちらもわからなくなりましたよ。

ナタリー・ポートマン (mezzotint)
2011-05-23 17:35:37
くろねこさん
こんにちは!
いやあナタリーの演技に尽きる作品でした。
そしてライバル役リリーを演じたミラ・クニス
の存在も凄かったなあと思います。
みすずさんへ♪ (くろねこ)
2011-05-28 01:25:54
いつもありがとうですー♪
ホントに幻影と現実の境界線をニナ同様見失ってしましましたよー。
彼女の恐怖を疑似体験させられて思ったことは
トップに立つという事がどれだけ孤独かってことかな。凄い作品でしたね-!
mezzotintさんへ♪ (くろねこ)
2011-05-28 01:33:58
こんばんはー!
まさにナタリーが凄すぎでした。
バレエといい自慰シーンといい・・
彼女の女優魂にも怖くなりましたよ。
妖艶な黒鳥を演じられないニナの苦しみは
ナタリーにもあった苦しみだったのでは?なんんて勘ぐっちゃいました。
リリーもどれがホントの姿なのか?わかりませんでしたよねー。確かに魅力的でしたね!
こんばんは♪ (アイマック)
2012-01-10 23:17:58
くろねこさん、あけましておめでとうございます!
コメントありがとうございました。

私はレンタルでみたんですが、正月ボケをふきとばしてくれた映画でした。笑
ほんと自分に打ち勝つことはむずかしいですね。
妄想は私もよくあるんですが・・苦笑
今年もよろしくお願いします!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブラック・スワン (LOVE Cinemas 調布)
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
ブラック・スワン (心のままに映画の風景)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
ブラック・スワン (Akira's VOICE)
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
「ブラック・スワン」私の中の黒鳥 (ノルウェー暮らし・イン・London)
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...
映画レビュー「ブラック・スワン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
◆『ブラック・スワン』◇ ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー出演。
ブラック・スワン (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画
『ブラック・スワン』 (こねたみっくす)
白鳥と黒鳥。完璧なまでに計算された白と黒を意識させる世界。 第83回アカデミー賞は主演女優賞だけでなく、作品賞も監督賞もこの映画が取るべきだったのではないか!と思わせる、 ...
『ブラック・スワン』 (beatitude)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
ブラック・スワン (悠雅的生活)
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
ブラック・スワン (悠雅的生活)
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
『ブラック・スワン』 アプローズ!アプローズ! (コナのシネマ・ホリデー)
この感動を、この衝撃を、どう表現すればいいのだろう?『ブラック・スワン』を観終わって2時間が過ぎようとしていますが、このブログを書きつつも、今だに“白鳥の湖”の演奏が頭の中で流れ、興奮が納まりません。すべてにアプローズ!!
映画『ブラック・スワン』  (よくばりアンテナ)
心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...
ブラック・スワン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
ブラック・スワン (as soon as)
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
ブラック・スワン (だらだら無気力ブログ)
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げ...
ブラック・スワン (みすずりんりん放送局)
 『ブラック・スワン』を観た。  【ストーリー】  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。  ...
ブラックスワン(2010)◆◇BLACK SWAN (銅版画制作の日々)
                        純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… MOVX京都にて鑑賞。話題作、ついに観ました。もうこれはナタリー・ポートマンの演技につきますね。 それにしてもスレンダーな身体、、、、。バレリーナって本...
映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
劇場鑑賞「ブラック・スワン」 (日々“是”精進! ver.A)
ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-...
カ・ン・ペ・キ〜『ブラック・スワン』 (真紅のthinkingdays)
 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...
追いつめられて・・・ (笑う学生の生活)
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマに選ばれた ニナ しかし 白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられなくて・・・ バレエ映画ではあるが それ以上に 心理スリラーとして要素が強くて コーチの要求、ライバルの存在 ...
ブラック・スワン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
ブラック・スワン (食はすべての源なり。)
ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった〜。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てる...
ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
どうしようかなぁ〜? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
『ブラック・スワン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
ブラックスワン (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ミステリー仕立てのバレエ映画である。ニナは新趣向で上演されることになった『白鳥の湖』の主役に大抜擢され、有頂天になってしまった。だがそのお陰で引退勧告を受けたべスや、主役を横取りされたミラたちの恨みをかってしまう。  だがニナの最大の敵は自分...
[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
『ブラック・スワン』 (Cinema + Sweets = ∞)
ナタリー・ポートマンがアカデミー最優秀主演女優賞に輝いた、ダーレン・アロノフスキー監督作品『ブラック・スワン』を観ましたー。 やっとのことでの鑑賞です。 ******************** 『レクイエム・フォー・ドリーム』『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監...
『ブラック・スワン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
映画「ブラック・スワン」 (itchy1976の日記)
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ...
映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て (kintyre's Diary 新館)
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...
ブラック・スワン (銀幕大帝α)
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する....
映画 ブラック・スワン (こみち)
JUGEMテーマ:洋画   映画観で観ようかどうか迷っていた「ブラックスワン」を観ました。   清純なスワンから怪しいスワンへと変貌していくニナ・セイヤーズ。   なんだか、「私騙されているよ」的なストーリですね。 &am...