テルマエ・ロマエみてきました!!

2012-05-01 | た行


★★★★☆ 全ての道はローマに通ず!じゃなくて---
ローマの風呂は日本に通ず?いや〜笑いましたわ〜(わはは♪)

理想の風呂を模索する古代ローマのテルマエ(浴場技師)ルシウスは
ある日突然風呂の中でタイムスリップ!!

辿り着いたその場所は「平たい顔」ばかりがいる(爆)日本の銭湯
その独特のシステム等に大驚愕した彼はローマでそれを実践し
皆を喜ばせることに成功する。しかし神は?なぜかその後も彼を
日本の温泉に行き来させることに---。その運命に彼が出す答えとはー!?

コミック累計500万部突破。愉快で壮大なファンタジックコメディ~! 
「漫画大賞&手塚治虫文化賞」W受賞は日本初らしいです。
劇場で頂いた小冊子は作者ヤマザキマリさんの(女性だった!)書き下ろし。
阿部さんが漫画に登場しててびっくり。こちらも笑いました〜(笑)


ぷうはぁあああ===!!
突然湯から現れたカレにびっくりなおじいちゃんたち。
でもそれ以上にびっくりしてたのはルシウス(阿部)さん・・!!
そしてその顔にビックリしたのは私たちだよ〜〜(わはは!!)

日本の銭湯。温泉のハイテクシステム&フルーツ牛乳に、
激しく驚き動揺する彼に、
その後も 荘厳な歌(オペラ)とともに様々な温泉に出没しては消えていく---
彼の姿に大笑いだ〜
(シャンプーハットって今も使ってる人いるのかな??:苦笑)

ほとんど裸だった阿部さんですが隠し方絶妙〜!!
鍛え抜かれた逞しい〜そのお姿はまさにケンシロウ---美しい=
揃いも揃ったゆかいな「平たい顔」のおじぃちゃん達の中にあっては
まさに阿部さんは
「外人」だし〜(わはは!!)
時系列や言葉にも、ローマに君臨する役者の皆さんの
「顔」にも
--まったく違和感なしでしたわ〜(ホントか〜爆)

古代ローマでは「風呂」は人々の憩い&遊びの場
人々の支持を得るという点で政治的にも重要視されてたようで
彼の奇想天外なアイディアは皇帝に認めてもらうまでに・・・。

しかし生真面目ゆえに彼は悩む----
自分はただ模倣しているだけではないか---と。

雨の中苦悩する彼を救うのはヒロインの上戸彩ちゃん。
このトリップは彼の浴場への情熱ゆえにおこったこと。
もっと誇っていいじゃない-----。

彼女の言葉に「もっとあがいてみる」と約束するルシウス。
彼女もまたそんな彼に・・あきらめていた「漫画への意欲」をとりもどしていく・・
笑いの中にあるこのシリアスさもジンとさせるところですよね。
彼女はどうやら原作にないオリジナルキャラらしいですが、
彼女の存在は周りのおじさん含めていい展開になっていたと思いましたV

暴君皇帝が実は意外にいい人だったり、
日本のおじぃちゃんたちの暖かい人情模様にもほっこり。
シリウスが日本の湯で学んだことは
「浴場は人の体を、心を----
 そして傷を癒すものだということ。」

彼のたどり着いた答えが
タイムトリップで変わってしまった歴史の戻し方
に通じている--。
そんなラストにもやられた〜〜!!と思いました!

コメディといえども大真面目な彼らから巻き起こる笑いは
極上なわらいといえるのではないでしょうか・・・
笑いだけでない何かがソコにはあるような気がします。
ゴールデンウィークで家族みんなで楽しめるイイー作品。
おすすめしときます---
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バトルシップみた!! | トップ | 箱根へいってきました! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-05-02 01:47:11
予告編で上手く隠してるなぁって思ってたんですが、あれだけじゃなくて序盤は次々と上手いこと隠したカットがww
しかもやたら全裸ですからね。ファンには大サービス♪
後半は前半と異なってドラマ性重視に変わりますが、そこに来て初めて濃い顔の役者さんたちの面目躍如かなと思います。顔の濃さはともかくお芝居は上手い人たちばかりでしたしね^^
KLYさんへ♪ (くろねこ)
2012-05-02 15:22:00
こんにちは〜。
阿部さんのビックリ顔イイですね〜。
逞しくも美しい体はまさにケンシロウだし-。
隠し方さえも芸術でしたよね-(わはは!)
平い顔も濃い顔もヨクぞ揃えたモノで皆さん素晴らしい?演技でした(笑)
私たちにとってギャグやシリアスも彼らにとってはすべてが大真面目ですからね〜!
ココにやられちゃうってのがこの作品のまたたまらない魅力ですね♪
こんにちは。 (BROOK)
2012-05-02 16:49:03
シャンプーハット、懐かしかったですよね〜♪
実は子供の頃は良く使っていました。
シャンプーが目に入るのが嫌だったもので…(苦笑)

前半のコメディ部分と後半のシリアス部分が絶妙のバランスで成り立っていたと思います。
面白かったです!
こんにちはw (たいむ)
2012-05-02 17:57:09
>隠し方絶妙〜!!
わははは!私もおんなじこと思ってました!
原作と似た感じでのカットが多いと思うのだけど、無理のない体勢だったかと、原作者のデッサン力を思ったりも。

大真面目だからこそ笑えるっていう作品はどれも好き。とくに今回は役者が見事ハマりましたねw
BROOKさんへ♪ (くろねこ)
2012-05-02 22:23:39
こんにちは〜!
シャンプーハット、使ってましたか?
かわいい〜♪
確かに前半コメディ、後半シリアス。絶妙のバランスでしたね。
珍しく原作未読だったのですが私も楽しく鑑賞しました!阿部さんのビックリ顔はもう1度見たい楽しさでしたわ〜
たいむさんへ♪ (くろねこ)
2012-05-02 22:37:45
こんにちは〜!
大真面目だからこそ笑える---!私もソコに一番惹かれました!
隠し方絶妙さは女性作家ならではのセンスでしょうか--(笑)
裸満載なのにちっともいやらしく感じないトコもよかったですよね!
平たい顔も濃い顔もピタリで・・まさにキャスティングの勝利!ともいえそう!
楽しかったですね〜
こんにちは (はらやん)
2012-05-03 10:03:05
くろねこさん、こんにちは!

阿部さんの鍛えられた肉体美、まさに彫刻のようでした。
ルシウスは阿部さんしか考えられません。
自分たちでは当たり前な日本の風呂文化、現代でも他国の人から見たら驚くところあるんでしょうね。
お風呂にここまでこだわる民族もそうそうないかもと思いました。
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-05-05 17:58:04
前半からいきなり阿部ちゃんの美しすぎるおしりが登場したのには驚きましたよ。
で、その後は見事に巧く隠す隠す。

ああいう見事な肉体美は同性でも憧れてしまいますわ〜。
はらやんさんへ♪ (くろねこ)
2012-05-10 00:06:53
こんにちは 〜!!
ほんとに阿部さんの美しい肢体は彫刻のように美しかったですね〜
まさにルシウスは、いやこの作品は阿部さんあってと言えそう!
日本の風呂&トイレ文化は相当彼の度肝をぬいたようですし〜(笑)
あらためて誇るべき文化--と心したいですね(わはは!!)
にゃむばななさんへ♪ (くろねこ)
2012-05-10 00:19:58
こんにちわ〜!!
そうそう♪お尻も美しかったですね〜!!
隠し方も見事で・大笑いしちゃいました(笑)
TVで漫画を指差して「こんな体にして下さい」とお願いしたらしいですが・・(笑)
私も素晴らしき肉体美に!あのビックリ顔に!くぎづけでした〜
こんばんはー^^ (みすず)
2012-05-26 23:15:25
面白かったですねー^^
大笑いしました!

阿部ちゃんの肉体美に萌え♪
ほんと、絶妙な隠し方だったね^^

大まじめな顔して、クルクル変わる表情が可笑しくて可笑しくて!!

良かったです!
みすずさんへ♪ (くろねこ)
2012-05-31 12:31:39

こんにちは〜!!
面白かったですね〜。
TVで宣伝を見るたびに、阿部さんのビックリ顔に大笑いしちゃってますよ〜(笑)
日本でも海外でもすごい人気のようですよね。
またしても、日本漫画の素晴らしさを世に知らしめてくれたことに。マンが好きくろねこは嬉しい限り〜。こっそり感謝表彰している次第ですの〜!!


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
テルマエ・ロマエ (LOVE Cinemas 調布)
古代ローマ帝国の浴場設計技師が何故かタイムスイップして現代の日本に現れてしまうというヤマザキユリの大人気コミックを実写映画化。監督は『のだめカンタービレ 最終楽章』の武内英樹、脚本を『クローズZERO』の武藤将吾が担当する。主演は『麒麟の翼 〜劇場版・新参...
テルマエ・ロマエ (だらだら無気力ブログ!)
上戸彩の鎖骨が色っぽい。
テルマエ・ロマエ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/04/28公開 日本 108分監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親 ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 古代ローマ、アイデアに煮詰まり失業した浴場設計技師のルシウスは、友人に誘われた公衆浴....
[映画『テルマエ・ロマエ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ちょい待ち!  寝る前に書きますから^^;    ◇  ・・・一時間半後。  では書きます^^  ・・・寝ルマエ・オ前  かなり面白くて、原作を読んでいた私は、マンガ原作を咀嚼し、更に、多くの面白いアレンジを加えた作り手たちに敬意を表したい。 ...
テルマエ・ロマエ (勝手に映画評)
マンガ「テルマエ・ロマエ」を原作とする映画。ローマが舞台の物語なので、濃い顔の役者を揃えています(笑)。原作は読んだことがありませんが、映画は見に行って見ました。 先にも記しましたが、出てくる日本人俳優陣が濃い。主演の阿部寛を始め、市村正親、北村一輝、宍...
テルマエ・ロマエ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 テルマエ・ロマエ ムジカ・コレクティオンクチコミを見る人呼んで異文化入浴コメディ「テルマエ・ロマエ」。ローマ人になりきった阿部寛の、大げさなリアクションがいちいち ...
テルマエ・ロマエ (Akira's VOICE)
阿部寛のリアクション集。  
映画:「テルマエ・ロマエ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年5月2日(水)。 映画:「テルマエ・ロマエ」。 監  督: 武内英樹 原  作: ヤマザキマリ 脚  本: 武藤将吾 音  楽: 住友紀人 キャスト:阿部寛 (ルシウス)・ 上戸彩 (山越真実)      北村一輝(ケイオニウス) ・ 市村正親 (ハド...
『テルマエ・ロマエ』 時空を超える秘密 (映画のブログ)
 『のだめカンタービレ』で私たちを大いに楽しませてくれた武内英樹監督が、そこでつちかったノウハウを活かして作り上げたのが『テルマエ・ロマエ』である。  誰もが認める本作の最大の特徴は、そのキャス...
劇場鑑賞「テルマエ・ロマエ」 (日々“是”精進! ver.A)
日本の風呂文化が、ローマを救う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204280002/ 映画 テルマエ・ロマエ ムジカ・コレクティオン サントラ SMJ 2012-04-25 売り上げランキング : 8551 Amazo...
「テルマエ・ロマエ」みた。 (たいむのひとりごと)
特別大ファンと言うわけでもないけれど、原作漫画の既刊分は読了、ノイタミナのアニメ(全3話)も視聴済み。・・ということで、実写映画も阿部ちゃんがルシウスをやるのならばとソコソコ楽しみにしていた。けれど、
映画「テルマエ・ロマエ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「テルマエ・ロマエ」観に行ってきました。 月刊雑誌「コミックビーム」で連載されているヤマザキマリの同名漫画を原作とした、古代ローマ帝国の公衆浴場「テルマエ」を設計する技師が現代の日本へタイムスリップすることから始まる、阿部寛・上戸彩が主演のコメディ...
「テルマエ・ロマエ」 濃ゆい人祭り (はらやんの映画徒然草)
日本の風呂文化というのは世界の中でも類いまれなものだと思います。 江戸時代から銭
阿部寛のリアクション芸とテンポの良さがたまらない ─ 映画『テルマエ・ロマエ』 ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 映画『テルマエ・ロマエ』 ─ GWに特に予定も入れていなかったので映画でも観ようということになり、一番笑えそうなのがこの作品『テルマエ・ロマエ』だったので観てみました。 ...
「テルマエ・ロマエ」浴場スペクタクル! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[テルマエ・ロマエ] ブログ村キーワード  人気コミック原作の実写映画化。“お風呂”をテーマにした“歴史スペクタクルロマン大作(?)”「テルマエ・ロマエ」(東宝)。阿部寛が、古代ローマ人を熱演!いやあ〜、濃いわ〜(^^;。  古代ローマ帝国では、“テルマ...
テルマエ・ロマエ (ハリウッド映画 LOVE)
監督:武内英樹出演;阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢、外波山文明、飯沼慧、岩手太郎、木下貴夫、神戸浩、内田春菊、松尾諭、森下能幸、蛭子能収平たい顔族、バンサイ!
映画『テルマエ・ロマエ』 観てきたよん(*^。^*) (よくばりアンテナ)
原作大好きなんですよね〜 何度も大笑いしてしまうし、何度も読み返したくなる秀作。 過去記事はこちら 果たして、このローマ帝国時代がちゃんとえがかれるのか疑問でしたが、 いやぁ、あのイタ...
テルマエ・ロマエ (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     日本人を平たい顔族と呼ぶルシウス。    銭湯やショールーム、温泉で起こす行動には    大いに笑えました。まあ、親友に女房を寝取れれるなんて    悲惨な一面もあ...
「テルマエ・ロマエ」濃い顔族 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
漫画「テルマエ・ロマエ」が原作のこの映画。 漫画の主人公といえば、目が大きく日本人なのに金髪でお目めパッチリだったりするけど、なんと!この原作の主人公より遥かに目が大きい俳優陣は、1000人ものイタリア人エキストラの中にいて全く違和感なし!って、もうそ...
「テルマエ・ロマエ」古代ローマと現代の日本をタイムスリップ先にみたテルマエに国境はない平たい顔族たちの教え (オールマイティにコメンテート)
「テルマエ・ロマエ」は古代ローマの浴場設計技師が現代の日本にタイムスリップして日本の風呂を見てローマの浴場設計に活かしていくが次第に国の争いに巻き込まれ現代の日本人と ...
『テルマエ・ロマエ』 (こねたみっくす)
阿部寛がすっぽんぽんであればあるほど面白い。 ひとっ風呂タイムスリップしてきたローマ人浴場技師が平たい顔族の風呂文化・トイレ文化に感銘を受けてはローマに持ちかえる様子 ...
テルマエ・ロマエ (to Heart)
製作年度 2012年 上映時間 108分 原作 ヤマザキマリ 脚本 武藤将吾 監督 武内英樹 音楽 住友紀人 テーマ曲:ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 出演 阿部寛/上戸彩/北村一輝/竹内力/宍戸開/勝矢/笹野高史/市村正親 古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭....
テルマエ・ロマエ(2012-058) (単館系)
テルマエ・ロマエ MOVIXさいたま ヤマザキマリさんの同名コミックの実写映画化 調べてみると212-1/12〜フジテレビ系列でアニメも放送され 4/13にはBlu-rayとDVDの発売もされたそうです。 ヤマザキマリ...
テルマエ・ロマエ 私も平たい顔属の1人ですわ (労組書記長社労士のブログ)
【=20 -1-】 いろいろとあったGWでした、関越道での高速ツアーバスの大事故で始まり最後は巨大竜巻か・・・しかし素晴らしいことは日本の原子力発電所全てが止まったことだ! 昭和のさまざまな間違いに反省し、メーデーと自分の誕生を皆で祝い、憲法を護ることを改めて...
映画「テルマエ・ロマエ」 (FREE TIME)
GW中に映画「テルマエ・ロマエ」を鑑賞しました。
テルマエ・ロマエ (心のままに映画の風景)
古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場で、日本の銭湯へとタイムスリップしてしまう。 「平たい顔族=日本人」の風呂の文化に感銘を受け...
映画「テルマエ・ロマエ」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
阿部寛の違和感のなさが凄い!!! ローマ人の中にいて、まったく普通に感じられる。 この映画は阿部寛だからこそ成立している。 市村正親のハドリアヌスも絶大なる演技力で違和感も何もかも払拭し...
『テルマエ・ロマエ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ」□監督 武内英樹 □脚本 武藤将吾□原作 ヤマザキマリ □キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、笹野高史、市村正親、       キムラ緑子、神戸 浩、内田春菊、松尾 諭、森下能幸、蛭子能...
テルマエ・ロマエ (みすずりんりん放送局)
 『テルマエ・ロマエ』を観た。  【あらすじ】  古代ローマの設計技師(風呂限定)ルシウス(阿部寛)。  仕事熱心な彼は浴場のアイディアについて悩みまくり、そのあげく現代日本の銭湯にワープ!?  彼は現代日本と古代ローマ(風呂限定)を往来出来る体質になっ...
映画『テルマエ・ロマエ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-43.テルマエ・ロマエ■配給:東宝■製作国・年:2012年、日本■上映時間:108分■観賞日:5月27日、シネクイント(渋谷) □監督:武内英樹□原作:ヤマザキマリ◆阿部寛(ルシウス)◆北村一輝(ケイオニウス)◆上戸彩(山越真実)◆宍戸開(アントニヌス...
テルマエ・ロマエ (いやいやえん)
古代ローマの大浴場と日本の銭湯を繋げるというアイデアが秀逸。漫画原作ですが、原作は読んでいません。 ローマ人役として日本の中でも濃い顔の役者を集めた発想も笑えます。阿部寛、市村正親、北村一輝、宍戸開、
テルマエ・ロマエ (銀幕大帝α)
12年/日本/108分/ファンタジー・コメディ/劇場公開(2012/04/28) −監督− 武内英樹 −製作− 亀山千広 −原作− ヤマザキマリ −テーマ曲− ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 −出演− *阿部寛『ステキな金縛り』・・・ルシウス *上戸彩『あずみ2 ...
テルマエ・ロマエ (のほほん便り)
コミック原作ならではの、その荒唐無稽で大胆な発想が素敵で、なんともいえず、ユーモラス。ずっと夫婦して笑いっぱなしでした。 主演の阿部ちゃんをはじめ、「顔の濃ゆい」メンバーさん達、上戸彩や、ほとんど素人さんに近いエキストラの人々もなんともイイ味だしてま...
テルマエ・ロマエ  (Yuhiの読書日記+α)
古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう、ヤマザキマリの人気コミックを実写映画化。監督は武内英樹、キャストは阿部寛、上戸彩、北村一輝、宍戸開、市村正親他。 <あらすじ> 古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師....