重力ピエロ

2009-05-31 | さ~す 
伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化
満足度 ★★★★ 心が震えた。 

謎の連続放火事件 不可解な落書きと遺伝子記号のリンク。
 すべての謎が解けたとき24年前の事件が姿を現す
 それは家族が背負う重力・
・。

 連続放火事件&落書きに隠された真実・・。
  それはすべて 春のSOSだったんでしょう(涙)

「楽しそうに生きていると地球の重力なんてきえてしまうんだ。」
「私たちそのうち宙に浮かぶかもね」

両親は紛れもなく2人の子供を愛していただろう。
彼らの姿はほんとうに親として頭の下がる思いでした。
けれども私はあえて言う

この「重力」は・・家族で背負うものじゃない。
決断したときから、ソレは親が背負うべきもの。
春や泉水には 絶対知らせてはいけなかったことだったのだと・・。
(コレは多分主題とは外れているんだろうけれど・・・)

「どうして僕だけ絵が上手なの?」
「春はピカソの生まれ変わり。彼が死んだ日に生まれてるんだ。」
 父も母も紛れも無く彼を愛していることを感じさせる会話
「おにいちゃん レイプって何?」
「レイプ・・?グレープ??」
 弟を笑わせる兄の姿に涙。
 でもソレは兄の中に疑惑がわいた瞬間だったのかもしれない。
 春はきっとこうしてすこしずつ
 自分がナンなのか・・。周りから知ったのだろう。

彼らの間違いは春を「この町」で育てたことだった。安易だった・・!
私は彼らの中にもさまざまな思いがあっただろう・と想像できる(涙)
春を愛することに時には苦しんだこともあっただろうと・・。
本当に立派だったと思う・・(涙)

美しくなんでも出来る弟を羨む兄もまた 弟を愛していた・・。
それゆえこの事実は耐えがたい重さだったろう・・。

「火は浄化してくれるんだ・・」
春は日々何を思いすごしていたのか・。
彼が燃やしたかったのは自分だったのか・・?
いたたまれない思いが勝手に渦巻いてしまいましたぁああ。

でも彼は兄に、彼を愛するストーカー夏子さんに救われる。
「お前は俺ににて・・。うそが下手だなぁ」
 そして父の言葉に救われる。秀悦・・・(涙)
 愛はたしかに血のつながりをもこえたのだろう・・・。 
 
 --楽しそうに生きていると地球の重力なんてきえてしまうんだ---
 ラストでは・・。そんな言葉も信じられるきがしました(涙)
 
 ぽっかり宙に浮いてしまった感のあるハルの罪ですが・・。
 私はあえて反論しません・・。
 「カレ」は生きるべき人ではないと思えたから・・

 岡田君は無表情な顔がすっごくきれいでみとれました。
 小日向さん、加瀬さんもすばらしかったです!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ROOKIES~卒業~ みました!! | トップ | 永遠のこどもたち DVD »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2009-06-01 23:12:49
こんばんは

うんうん
私も春の行為は兄である泉水に向けた
SOSのサインだったのだと思います

無償の愛情や優しさを春に注いでくれた家族の気持ちが
春を大人にすればするほど春自身を苦しめ、
自分の存在を許せない気持ちにさせたのかもしれませんね

春の犯した罪は、
その行為だけを見れば許されない事なのでしょうが、
感情のある人間だからこそ考えさせられる部分がありました…
こんにちは♪ (ミチ)
2009-06-02 00:05:10
そうなのよね、カレみたいな人は生きていちゃイケナイと思う。
これって不謹慎な考え方なのかもしれないけれど・・・。

これは小説なので仕方ないですけど、もしあんな目に遭っても子供を生むのなら、別の土地に行けばよかったのに~なんて思ってしまいました。
地元民がみんなあの一家の過去を知っているのはあまりにツライですもの。
こんばんは^^ (KLY)
2009-06-02 00:45:04
正直いって春に驚いてるんですよね。
いやだって、自分が母がレイプされて出来た子
供だって知ったら普通どう思います?その時点
で死を選ぶだって普通にいると思うんですよ。

最強の家族だからこそ、いや最強の父親がいた
からこそ春はあそこまで成長できたのかなって
思います。

それでも自らを含めて浄化しようとしたその
時、病床にあった父に代わって春を守ったの
は泉水でしたよね。最強の兄貴なんだと思う
のです。

きっと最初から最強なんじゃなくて、春を守り
ながら最強の家族になっていったんだろうな
ぁ。そんな風に感じました。

テクテク様♪ (くろねこ)
2009-06-02 01:24:24
こちらこそありがとう~です♪

春は兄が好きなのよね~(涙)
兄も・・。そりゃぁ夏子さんみたいにいつも見てるわけにゃいかないけど。
弟の危うさがいつも心配だったんでしょうね。
---自分の存在が許せない--
ってどんな気持ちですかね(涙)
彼の生い立ちにきずいてから私の心は
ゆれまくりでしたよ~。

あんなクズのためにこの先
春が苦しむことがなければいいなと
思います(涙)


こんにちは (たいむ)
2009-06-02 16:51:45
くろねこさん、こんにちは。
この場合は春くんを許したくなりますよね。どう考えてもあいつは存在すら悪に思えちゃうから。

けど、ほんと何で別の土地に引っ越さなかったのかな?って思います。
生む覚悟だけで十分立派なのにね。市役所の職員ってそこに住んでいなければダメってわけじゃないとおもうんだけどな。

小説なのに親身に考えてしまう作品でしたね。
ミチ様♪ (くろねこ)
2009-06-03 01:02:44
渡部さんの「毒あるクズ」は最強!
天罰!!と心で叫んじゃったもん・。
春の罪は燃えた・・と思ってます(涙)

『地元民がみんなあの一家の過去を知っているのはあまりにツライ』ですよね~。
私もダメ・・と思いながら
『何で引っ越さなかった・・?
どれだけ苦しんできた・・?」
と完全に思考が飛んでしまい
涙に暮れてしましましたぁあ。
この題・秀悦ですね~
KLY様♪ (くろねこ)
2009-06-03 01:28:50
こんばんは~!!
ホントに・・。つらすぎますよね(涙)
私なら絶対子供には言わない。
いや・その前に・・。産めません~(涙)
こんなこといったら小説にならないですよねまったく私は困ったものです・・(笑)
本当に彼らは最強の父親で・兄でした・。
『春を守りながら最強の家族になっていった』
まさしくそうですよね・・。
辛くても真実を知った上で幸せになることもあるのかもですね・・
たいむ様♪ (くろねこ)
2009-06-03 01:42:26
こんばんは~!
まったくです。
彼は「救いようのないヤツ」でした・。
少年法について思考をめぐらしたくなります!
やめます(笑)

「何で別の土地に引っ越さなかったのかな?」やっぱ思っちゃいますよね。
春が事実を周りから知ったのか・・と思うと
本と悲しくなりますよね。
あの母親・・。私ならパンチ入れるわ!!
うちの子だって誰も主人に似てないんだから。でも主人の子だわよ
ホント.小説なのに親身に考えてしまう作品ですよ。ね♪
こんばんわ (くう)
2009-06-10 01:14:33
来るのが遅くてすいません~(__;)

私もね、春の罪には何も反論しない。
見なかった事にします。
あの人も、事件も全部最初から無かった事にしたいし
春はもちろん、癌と闘う父の息子だと思ってる。

だから、今後も強く生き続けていってほしいと思います。

なんか心に迫るストーリーでしたわ。

また改めてトラバに伺いますね~。
くう様♪ (くろねこ)
2009-06-11 22:13:10
コメントありがとうです♪
でも無理はしないでね~!!

うん。いいよねこれで・(涙)
私もハルの罪は燃えたって思ってます。
悲しいけど「彼」のように救いようの無い人っているんだもんね・・。
小日向産お笑顔。ハルの瞳が印象的。
ほんとなんか心に迫るものありますよね~。

素晴らしい作品 (ノルウェーまだ~む)
2010-02-14 23:07:15
くろねこさん、こんにちは☆
ずっと気になっていた映画をようやく見られました。
キャストが全てぴったりで、素晴らしかったです。
私もどうして遠く誰も知らない街へ引っ越さなかったのか、ちょっと?でした。
たとえ都会の真ん中でひっそりしていても、いつかわかってしまう過去というかんじでの展開でも良かったような…
ノルウェーまだ~むさんへ♪ (くろねこ)
2010-02-17 01:05:53
こんばんは~!!
岡田君は繊細な春を。加瀬さんは不器用だけど暖かい兄を・・小日向さんは優しい父を
好演でしたね~(涙)子役も良かった!
「どうして遠くにいかなかったのか?」ですよね~。
その真実を春が周りから知ったと思うと・・
もう涙がとまらなかったですよ~。
2人がどんな思いを乗り越えて春を育てたのか?
もわかるだけに・・辛いですけどね--!!
この重力は絶対子に教えてはいけないことだったと思う。笑ってれば・・いい言葉ですが親の責任は重いと思えました(涙)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
重力ピエロ (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカ...
重力ピエロ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『俺たちは最強の家族だ』  コチラの「重力ピエロ」は、「アヒルと鴨のコインロッカー」をはじめ「陽気なギャングが地球を回す」、「フィッシュストーリー」と映画化が続く伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した5/23公開の感動ミステリーなのですが、早速観てき...
重力ピエロ (だらだら無気力ブログ)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化。 仙台を舞台に連続放火事件とその現場近くで見つかるグラフィティアート。 ある兄弟が、事件に興味を持ち、その謎を解いていくが、その過程で兄弟の 家族の過去が明らかになっていく。大学院で遺伝子の研究を行っている泉水と芸術的な絵...
試写会「重力ピエロ」 (日々“是”精進!)
「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...
『重力ピエロ』 (めでぃあみっくす)
小日向文世さんは最強の脇役だ。この映画を見ると誰もがそう思えるのではないでしょうか。伊坂幸太郎先生原作の映画化や加瀬亮さんと岡田将生さんの主演で話題を呼んでいる作品ではありますが、映画を見終わって一番印象に残ったのは間違いなく「この人にしか出せない雰囲...
重力ピエロ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました~【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では謎...
映画「重力ピエロ」@京橋テアトル試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写会は「Yahoo!映画/ユーザーレビュアー試写会」だ。会場となった試写室は満席で補助椅子も稼動された。映画上映後には森淳一監督を招き観客とのティーチインが行われた。  映画の話 大学院で遺伝子の研究をする兄の泉水と、自分がピカソの生まれ変わ...
愛はDNAを超える。『重力ピエロ』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。
重力ピエロ (to Heart)
家族の愛は、 重力を 超える。 製作年度 2009年 上映時間 119分 原作 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社刊) 脚本 相沢友子 監督 森淳一 出演 加瀬亮/岡田将生/小日向文世/吉高由里子/岡田義徳/渡部篤郎/鈴木京香 作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、傑作...
重力ピエロ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
毎度のことだが私は伊坂幸太郎原作の映画とは相性が悪い。残念ながら今回も同じだ。一見関係のない出来事が最後にピタリと合致するのが伊坂ワールドの特徴で、本作もそれを踏襲し、ミステリーとしての完成度は高い。だが、この作者の魅力と言われる名台詞は、文字で読む分...
重力ピエロ (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目。 あたりかはずれか、不安を感じながらも、「ホノカアボーイ」でちょっと気になった岡田将生さんが出ているし。 加瀬亮さんと小日向文世さんといえば、「それでもボクはやってない」の、因縁の(?)コンビ。 終わるのが2時過ぎで、眠気との...
映画 【重力ピエロ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「重力ピエロ」 伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 おはなし:遺伝子研究をしている大学院生の奥野泉水(加瀬亮)は、弟の春(岡田将生)から奇妙な話を聞く。春は街の落書き消しを仕事にしていたが、その現場と最近続いている連続放火事件のそれが、すべて共通...
重力ピエロ (そーれりぽーと)
「春が二階から落ちてきた」 以前から意味深な予告編が気になっていた『重力ピエロ』を観てきました。 ★★★★ 賢い兄貴と、クールで正義感の強い弟、そして妻に先立たれた父の家族ドラマかと思って観ていたら、とんでもなく重い運命の鎖に縛られた家族が、鎖を断ち切ろ...
[映画『重力ピエロ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆深く重いが、いい作品だった。  私は、ミステリには非常に詳しかったのだが、原作の伊坂幸太郎がデビューした頃から、なかなか読書の時間が取れなくなり、伊坂作品には詳しくない。  でも、先日観た伊坂原作の『フィッシュストーリー』には非常に感心した口だ。  ...
『重力ピエロ』 (めでぃあみっくす)
小日向文世さんは最強の脇役だ。この映画を見ると誰もがそう思えるのではないでしょうか。伊坂幸太郎先生原作の映画化や加瀬亮さんと岡田将生さんの主演で話題を呼んでいる作品ではありますが、映画を見終わって一番印象に残ったのは間違いなく「この人にしか出せない雰囲...
「重力ピエロ」みた。 (たいむのひとりごと)
これも原作は未読。だけど、珍しく最初のほうでネタが分かってしまった。映画は、いつもの伊坂作品と変わらず過去と現代を行きつ戻りつしながら次第に謎が明らかになっていく作り。要所要所に優しくヒントが散りばめ
【映画感想】重力ピエロ (掃き溜め日記~てれびな日々~)
遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが&h...
重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。 (銅版画制作の日々)
 重力を背負った家族の、“愛”と“謎” 「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ~んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていましたが。どんな小説を書いているかを知りませんでした。大...
【映画】重力ピエロ (新!やさぐれ日記)
▼動機 駄作だと思ってた小説の映画化 ▼感想 そういうことだったのかっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では...
「重力ピエロ」世の中で裁けなかったDNA事件を裁かなければならなかった悲劇の運命 (オールマイティにコメンテート)
「重力ピエロ」は伊坂幸太郎原作の重力ピエロを映画化した作品で連続放火事件が多発する事件の謎を追う大学生とフリーターの青年が事件を追ううちに家族の過去の秘密にたどり着くストーリーである。原作は未読ながら鑑賞しているうちにこの家族の境遇から事件への経緯が2...
重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆加瀬亮さん(のつもり) ◆岡田将生さん(のつもり) 映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。 昨日よりついに全国公開されました。 ●導入部のあらすじと感想
重力ピエロ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
次々と映画化されてゆく、人気作家・伊坂幸太郎の傑作小説群。特定のジャンルを飛び超え、いろんな要素をクロスオーバーさせつつ、不思議な浮遊感が漂う独自の世界へと読む者・観る者を誘ってくれる。 物語:遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年...
『重力ピエロ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CIN...
【重力ピエロ】 (日々のつぶやき)
監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。 家族の住む仙台市内で連続放火
『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w三木聡×麻生久美子の『インスタント沼』も観たかったのだが、今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、 伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』伊坂作品は、今年に入って2作目の...
重力ピエロ (2009) (白ブタさん)
原作が素晴らしいだけに、映画はどうかなぁと思いつつ、初日に行ってきました(*^_^*)
「重力ピエロ」:新宿三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ティファニーって、新宿三越に入っているのか・・・。 {/hiyo_en2/}仙台にもあるわよね。 {/kaeru_en4/}たしか、仙台でも三越の中にあったはずだ。 {/hiyo_en2/}仙台にあって、壁に落書きはされていないの? {/kaeru_en4/}そんな、仙台中が落書きされている...
重力ピエロ◆悲劇を逆転させた家族のファンタジー (好きな映画だけ見ていたい)
     「重力ピエロ」 (2009年・日本) 「春が二階から落ちてきた」という印象的なフレーズではじまるこの物語は、生きることの“重力”と、その重力を奇跡のようにはねのけた、ある家族の生きざまをミステリー仕立てで描いている。彼らがそれぞれに背負ってきたも...
重力ピエロ (愛猫レオンとシネマな毎日)
この映画、いいです!素晴らしかった! ワタシ的には完璧!文句をつけるところがありません! あの「アヒルと鴨のコインロッカー」を見た時の感動と同じでした。 どちらも原作が伊坂幸太郎さんの小説です。 伊坂さんの小説の映画化は難しくって失敗作もあります。 ...
「重力ピエロ」 自分で考えろ (はらやんの映画徒然草)
遺伝か、環境か? 劇中でも語られていたように、ある人の人間性を形成するのは、遺伝
重力ピエロ / 73点 / 良い映画やけど非常に文章的なんよなー・・・ (FUNNY GAMES?)
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 重力ピエロ / 73点 』 2009年 日本 119分 監督 : 森淳一 脚本 : 相沢友子 出演 : 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 【
重力ピエロ (シネマDVD・映画情報館)
作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、傑作ミステリーの映画化作品。数々の伏線を基に、一つに絡み合ったすべての謎が解けたとき、過去から今へとつながる家族の真実が明らかにされる。物語の核となる兄弟役に挑むのは、『それでもボクはやってない』の加瀬亮と『天...
映画の「重力ピエロ」 (Q-Days)
伊坂幸太郎作品の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」 の映画DVDが、ついにレンタル開始されましたね。 って事で、早速借りに行ってきたのです。 あった、あった。 上位ランキングに並んでるやん~。 しかし、新作を2本一週間で借りるんは...
「重力ピエロ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
配役が良かったなぁ。子役との流れも完璧でした
「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。