ゼロの焦点

2009-11-14 | せ~そ

満足度 ★★★  女優達の熱演がもったいない作品。

「砂の器」「点と線」この題の素晴らしさにうなっただけに
この作品の題の意味を当時語り合った事を思い出します(笑)

ノスタルジックな雰囲気は良かったし、
女優達の熱演も素晴らしかっただけに
どこか物足りないという思いが残り残念でした~。
それは肝心の女達の感情にスポットがあたっていないと
感じたせいかもしれません。

まずは探偵役に廻った妻の淡々としたナレーションに違和感。
よく知らない夫を探す事になる彼女の戸惑いは解るのですが
次第に明らかになる夫の過去をあれだけ追う彼女から
終止必死さや執念が感じられずお人形のよう
彼女には純粋でお嬢様ゆえにわきあがる妻の怒り
憤りがあったはず。
このラストからは彼女が嫌な女とさえ感じてしまたのが
本当に残念に思えました。

もう一人の騙されていた女木村さんも好演してましたが
いかんせん出番少なすぎ!!
男をめぐる2人の女の怒りや悲しみの対比もないせいで
彼女達にある悲しみも浮き上がらずじまいで残念。

まぁ一番心情を見せてくれたのは美紀さんでしたね。
--夢に燃え、夫にもあんなに愛され、
まして脅されていたわけでもない彼女が
なぜ?こんな事件を起こさなきゃならなかったのか・・・

     

3人の再会は偶然。彼が殺される理由なんてなかった。
ただただ疑問。でもココは原作も同じ。
でもコレこそが『ゼロの焦点』の意味するもの
っと思うしだいです。

この殺人の動機は誰にもわからない
彼女の「立川」時代(過去)に・・あったのだ。
彼女を殺人にまで駆り立てた理由は
その時の自分をしられることへの「不安・・」だったのだ。

「こんなことで?それほどまでに隠したかったの?」
その部分も時代が変わった今となっては理解しがたい
とはいえ・・、名前を呼ばれただけで卒倒する彼女をみて。
その畏れを感じることはできたきはしました。
殺人の罪におののくその後の彼女は圧巻!!見ごたえあり。
それだけに惜しい~!!作品と思いました。

もうひとつ残念だったのは広末さんが謎解きをしている回想の中に
彼女が知るはずもない「夫と夫人」の会話が描かれちゃったところだ。
それゆえ最期に夫人が伝えてくれた 「夫の本音」に・・
感動がなくなってしまているよ~!!
コレは大きなミスといえるだろう。

--過去を捨て生まれ変わって新しい自分になって生きる---
 それはけして人を裏切り切り捨てていいということではない。
 過去があって今があることを忘れてはいけないのだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉をみにいってきました♪ | トップ | 2 0 1 2 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かにもったいない (にゃむばなな)
2009-11-15 20:30:37
確かに随所にもったいなさが目立つ映画でしたね。

私も木村さんの出番の少なさにはガッカリですよ。

ちなみにサスペンスのクライマックスがいつも断崖絶壁になる原点の作品というのがこの作品らしいですね。

なら広末さんにも片平さんや船越さんみたいな雰囲気を出してほしかったですよ。
すみません。 (たいむ)
2009-11-15 21:58:07
くろねこさん、ごめんなさい!間違ったTBも送ってしまいました。

謎解きの演出は少し不自然でしたね。バタバタしたラストになりましたが、中谷さんの壊れっぷりに圧倒されました。

過去があって今の自分がある。忘れてしまうことが罪とは言えないけれど、都合よく切り捨てるばかりではねじれてしまう。深い作品でした。
うんうん (KLY)
2009-11-17 00:55:06
木村さんが回想メインだとは…。
なんかこうして見ると、アカデミー3女優が豪華競演!って感じじゃないですよね。
木村さんは特に実力ある方なんでもっと見たかったです。
謎解きのところって、あまりにあっさり広末さんが回想してて、最初気がつかなかったんですよ。「あれ?俺寝てた?」とか思っちゃったほどで。(笑)
にゃむばななさんへ♪ (くろねこ)
2009-11-17 01:17:01
あんなに夫を追う妻になぜ心が動かないのか。歯がゆかったです~。
木村さんの見せ場もあれだけだったのは残念でしたね~。とはいえ
「木村VS中谷」対決は素晴らしかった。
--サスペンスのクライマックスがいつも断崖絶壁になる--なるほど~(笑)
ならば「中谷VS広末」もその背景なら
もうちょっと盛り上がったかもですね~。
ベタすぎか・・???
たいむさんへ♪ (くろねこ)
2009-11-17 01:33:44
お気になさらずバンバンお願いします~(笑)

中谷さんの壊れっぷり・・魅入りますね~。
「そんなに隠したかったのか・・」って。
時代ゆえ分かりにくかった心情も納得させられちゃいますよね。
謎解き部分ですが・・。彼女が兄やあのメガネまで殺す必要はあったのか?疑問ですよね。
実は原作でも彼らが彼女を脅すようなシーンはないんです。
それゆえ「ゼロ・・」なのか??と思ったしだいです(ほんとのことは知らない:笑)
うんうん。
人を騙し切捨てて得る幸せなどないのかもですね。
でもこの身勝手な男も気の毒って感じたのは、西島さんゆえでしょうか(笑)



KLYさんへ♪ (くろねこ)
2009-11-17 01:48:22
「アカデミー3女優が豪華競演!」
やっぱ期待しちゃいましたけどね~!!
でも女優陣!魅せてくれたと思います。
--謎解き--まぁそこまでわかっちゃうか~でしたね(笑)
しっかり起きてただけに私もびっくりでした(あははは)
とはいえ推理の中に知るはずもない(見てたような)描写があるのはやっぱNGですよね~!

くろねこさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-11-23 15:35:09
そうですよね~、禎子(広末涼子)が夫の死を知っても淡々としているのは(実際原作ではそうなのですが、)映画として不自然ですよね~・・。原作を尊重したのかもしれませんが、映像表現としては弱いですね・・。

個々の俳優さん、特におっしゃるとおり中谷美紀さんは渾身の演技を見せてくれただけに、
本当に“もったいない”一作となってしまいましたね~・・。
推理の中に知るはずもない描写が出てくるのは問題外ですな(T_T)/~~~!!
こんばんわ (くう)
2009-11-25 22:51:31
私は佐知子の気持ちには感情移入できた気がします。
木村タエさんも出番は少なかったけれども、
幸薄い女の雰囲気が出ていたなぁ、と。。。
でも、禎子はね~。。。

>あれだけ夫を追いながら。彼女からは執念といった必死さを感じずお人形のよう。

主演の人の演技のせいなのか、こんな設定なのか。。。
何だか感情移入できないどころか、反感さえ持ってしまったわ~。

確かに残念な作品でしたわ。
ひきぱっちさんへ♪ (くろねこ)
2009-11-26 00:19:54
コメントありがとうです。
おぼろげな記憶でどうしたものかなんですけど(笑)
私はこの妻が「可哀想」という印象をすごくもっていたので彼女にそういう気持ちをもてなかったことに違和感を感じちゃったんですね~。
女優もノスタルジックな雰囲気もよかっただけに私も“もったいない”と思いました~。
-しるはずもない描写が出てくる--
だめでしたあれは~。(わははは)
くうさんへ♪ (くろねこ)
2009-11-26 01:09:23
素人のお嬢様が夫の真実に迫っていく物語。
私達は彼女と共に夫探しをしてるというのに。
なぜ彼女に感情移入できないのか・・。
不思議ですよね。
私もラストではこの妻を「意地悪!」っとさえ思っちゃったもんなぁ。
やっぱ演技?いや演出のせいなんでしょうかね?
私の記憶では夫は身勝手だと思ったし。
彼女も十分可哀想だっと思ったみたいなんですけどね~。
まぁもはや私の記憶も・zぶないからな(苦笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゼロの焦点 (だらだら無気力ブログ)
  生誕100周年を迎えた松本清張の同名傑作小説を生誕100周年記念で映画化。 結婚して間もない夫が出張に出かけてそのまま失踪してしまったことから 妻は夫の失踪の行方を調査するうちに連続殺人事件に巻き込まれていき、 やがて衝撃の真実にたどりつく様を描く...
2009-90『ゼロの焦点』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-90『ゼロの焦点』(更新:2009/11/15) * 評価:★★★☆☆ ちょっと、大味な感じの仕上がりでは? でも、地元金沢が舞台の昭和33年当時の話となるとちょっと昔を惜しんで観賞してしまいました。 いや...
劇場鑑賞「ゼロの焦点」 (日々“是”精進!)
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...
「ゼロの焦点」:駒込千駄木町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ずいぶん大がかりなくい打ちだな。 {/hiyo_en2/}ちょっとした大工事ね。 {/kaeru_en4/}測量機器の焦点合わせとか、一部の狂いも許されないんだろうな。 {/hiyo_en2/}つまり、ゼロの焦点は許されないって言いたいの? {/kaeru_en4/}いやいや、犬童一心監督の...
「ゼロの焦点(2009)」 時代の断層 (はらやんの映画徒然草)
今年は松本清張の生誕100年ということです。 僕はミステリー好きですが、松本清張
『ゼロの焦点』 (めでぃあみっくす)
昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。 別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの...
ゼロの焦点 (LOVE Cinemas 調布)
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江...
映画「ゼロの焦点」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ゼロの焦点』を本日初日に観て来ました。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。ホントは45点くらいかな。 前の記事『映画「ゼロの焦点」の予告篇が劇場で上映中』で書いた程の期待作だったが、期待し過ぎた分だけ正直期待外れ。やはり日本映画は有料2時間ドラ...
「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事...
「ゼロの焦点」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
松本清張生誕100年を記念した映画ということで、原作はかれこれ50年も前に発表されているもの。社会派推理小説の作風が特徴である松本作品だが、この作品も”当時”の社会情勢が反映された内容となっている。公
ゼロの焦点 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点」を鑑賞。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「ゼロの焦点」は、中スクリーンで、6~7割。【ストーリー】見合い結婚で夫・憲...
ゼロの焦点 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:131分鑑賞日:2009/11/14監督:犬童一心出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、西島秀俊、鹿賀丈史愛する人のすべてを知っていますか?+あらすじ+結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊...
ゼロの焦点 戦争に狂わされた女たち 松本清張 (ネット社会、その光と影を追うー)
映画ゼロの焦点は松本清張生誕100年の記念作品だ。
ゼロの焦点 (映画通信みるみる)
ヒロスエの声は、吹き替えにして欲しいと、強く思った(^^) 甘いしゃべりが、松本清張の悲しさに合わないなぁ。 松本清張生誕100周...
【ゼロの焦点】 (日々のつぶやき)
監督:犬童一心 出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊   愛する人のすべてを知っていますか? 「禎子と憲一は見合い結婚したばかりだったが、憲一は式の直後から以前の勤務地だった金沢へ引継ぎの業務で向かったまま行方不明になってしまった。 夫
ゼロの焦点 (Akira's VOICE)
断崖に柵を!  
ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも...
映画「ゼロの焦点」 (FREE TIME)
映画「ゼロの焦点」を鑑賞。
男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』 (水曜日のシネマ日記)
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。
昭和の黒い霧・松本清張NO.44・・・映画「ゼロの焦点」(主演:広末涼子) (飾釦)
■製作年:2009年 ■配給:東宝 ■監督:犬童一心 ■主演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、加賀丈史、他 公開されたばかりの松本清張原作の映画「ゼロの焦点」を見ました。小説は既に読んでいるし、1961年に野村芳太郎監督によって映画化された作品や...
「ゼロの焦点」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「ゼロの焦点」 原作 松本清張「ゼロの焦点」 監督 犬童一心 脚本 犬童一心・中園健司 広末涼子・中谷美紀・木村多江、アカデミー賞女優三人が共演するミステリー大作であります! この作品は、本を映...
【ゼロの焦点】夢に届かない女たち (映画@見取り八段)
ゼロの焦点 監督: 犬童一心    出演: 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、崎本大海 公開: 2009年11月 原作は松本...
『ゼロの焦点』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇場...
ゼロの焦点(2009) (銅版画制作の日々)
 愛する人のすべてを知っていますか? フリ―パスポート鑑賞第7弾目は邦画「ゼロの焦点」(6本目はクリスマスキャロル3D版鑑賞しました)ヴィヨンの妻以来の邦画です。そう言えば広末さん、ヴィヨンの妻にも登場していましたね。今回は凄いです!主役ですよ。 今年...
ゼロの焦点 (単館系)
禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一は...
ゼロの焦点 (こわいものみたさ)
『ゼロの焦点』 【製作年度】2009年 【製作国】日本 【監督】犬童一心 【出演】広末涼子/中谷美紀/木村多江/杉本哲太/崎本大海/...
「ゼロの焦点」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
仕事の引継ぎに旅立った夫は金沢から戻って来なかった。
ゼロの焦点 (のほほん便り)
今が旬の女優達で見る、松本清張ワールド。果敢に昭和に挑戦した社会派サスペンス、犬童一心監督の世界… お見合い結婚して、新婚まもない夫が失踪。彼を追って北陸を旅するうち、見えてきたモノは… 平成美人達が織りなす、終戦まもない過酷な時代と、女達の哀しみ...