「るろうに剣心 伝説の最期編」 感想♪ 

2014-09-15 | ら行・わ行

★★★★★ 素晴らしかった~~!!

原作既読――として思うところはあるけれども・・。
全編通して思うことは1つ-----。

よくぞここまでやってくれました~! 凄いよ。凄すぎる・・・・。
佐藤健くんはもちろんのこと 皆さんんのアクション素晴らしすぎ!!
間合い完璧! 殺陣すべてが華麗で スピード感があって
もう 見ごたえたっぷり!!

人を斬ってきた剣心の葛藤・苦しみ-----
逆刃刀に託した思いも-悪:志々雄の悲哀も感じられたし~~~。
私はもうみなさんに惜しみない拍手を贈りたい-----!!

ちょっと前に2度目を見たので前後編一気に見た感じ♡
こんなことも初めての経験だ~。楽しませていただきました!!

「春は夜桜、夏には星、秋に満、冬には雪それで十分酒は美味い。
 それでも不味いんならそれは自分自身の何かが病んでいる証だ。」
 福山さんもステキだったな~♡服もお願いしたかった!?(笑)

「飛天御剣流」もまた人を活かす剣---------。
その理を理解できず 人斬りに走り、その罪に苦しみ足掻くことになった
彼曰く「バカ弟子」である剣心は今、その恨みを、悲しみを背負い「不殺ず」を誓い、
この国を ソコに生きる人々を守るために 闘おうとしている-----。

そんな剣心をみつめ師匠は言う------。

「お前にはまだ「足りないもの」がある

それに気づかない限り勝つことはできない」と--。

「足りないもの」それは------。

いや・・・その答えはぜひ劇場で 確認して頂きたいと思います~。
そこからは師匠の 弟子剣心への大きな愛があふれ出してて涙。
剣心の新たな決意に 涙でしたよ~。
ココは結構な尺で丁寧に描いてくれていたと思います!

これは「心情面」もいいんじゃないのぉおお~~~。
と大いに期待したのですけれど・・・。

なんと志々雄一派(宗次朗をはじめ側近たちの)の心情は語られることはなく---
その壮絶なる過去を「安慈和尚」が語るのみ-―となったことには正直ガックし===!
十本刀も不憫すぎ「(安慈)」についてのスルー模様はもはや信じられない~~。。
無念でした~!せめて彼には由美同様漫画と同じ死を---あたえてほしかった~~。
これを削るなら あれとかこれとかを削ればよかっのに~!!
なんて思いもわいてきて 私の心を締め付けてくれましたわ・・。
が・・しかし---。
   
蒼紫・宗次朗っと次々と繰り出される圧巻のバトル模様に
もはや釘づけ!みんな凄い。カッコイ~~~(涙)
「答は、これからお主自身が自分の生き方の中から見出すでござるよ・・・」
その戦いの決着にはそれぞれに胸を締め付けられる言葉もあって秀悦でしたね。
彼らに足りないものとはなんだったのか・・・一緒に考えたいところです。

さぁラストの戦いは志々雄===!!

共に幕末を生き 踏みつけられながらも---
弱者に寄り添い守ることを誓った剣心と---
弱者にはならない。強者(踏みつける側)になる事を誓った志々雄
もはや大きく分かれてしまった二人の道が重なることはないのだ。
それは己が信じた道を貫く為の戦い----。

うっは~~。大迫力----------!!

対1ってのはさすがにおいおい・・って思ったけど
凄すぎ。まさに死闘でしたね
(TVで大変だった~と叫んでたもん♡)
藤原君の迫力には言葉を失いましたわ~~。

佐之助の頑張りにも拍手。斎藤一もらしくなってたし---
蒼紫はいる意味わからんかったけど素敵でした(笑)
そんな中で見せる・・・・由美の死と彼女に見せた志々雄の優しさにホロリ。、
やっぱ さすがだよね~~。
地獄で待ってるぜ------!
燃え上がる最期も圧巻の大迫力でございました~~~!!

まぁ大きな声じゃあ言えないけど すべての悪の根源は
「都合の悪いものには蓋をする-」明治政府の体制---。
ホントに最低でしたね~~(涙)やっぱ1番怖いのは『権力---』という怪物か--。
2人はその犠牲者とも言えるのかもしれない。

でもその道を選んだ以上 その苦しみをのりこえ 生きろ---と師匠は言う。
周りにいる人々の為に・・そして自分の為に----。

生きていることを喜んでくれる皆の笑顔を見たとき--
 彼はようやくその意味をしったのかもしれません。

剣心の美しい笑顔に ホロリとさせられました~
はぁ~~~。楽しかったです!!

漫画ではこの後 「贖罪」という本当の苦しみが剣心を待っています。
人を傷つけ殺めたものに平穏は訪れない
人はやり直せる。けれども 過去は消えない-。
そんな厳しい現実が描かれとります。興味のある方は是非どうぞ~♪

 さぁて-----もう1っ回みに行こおと♡

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『るろうに剣心 京都大火編』見... | トップ | ドッグランにて--♪ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2014-09-18 12:47:37
長編の原作を一応上手くアレンジし、綺麗に纏めていたとは思います。
十本刀の扱いが小さかったのは、やはり尺の関係で仕方ないのでしょうね。
剣心と宗次郎のバトルは見応えがあったので、良しとします♪

そして、最後の志々雄とのバトル…
圧巻でした!!!
ラストに剣心の奥義が出たのも良かったです。
BROOKさん、こんばんは~♪ (くろねこ)
2014-09-19 23:51:01
ちょっと文句も出ちゃいまいたが--私もね。感無量~!
本当に素晴らしいアクション&バトルの数々に痺れまくりでした!
皆さん--本当に頑張ってくれましたよね~。
福山師匠の教えも心にキましたわ~。
同じ幕末を生きながら真反対の道を選んだ2人--
どちらが正しいとかそんなことじゃなくて、これは己の道を貫く戦いなんですよね。
だからこそ、強い---。志々雄演じる藤原くんからはその気迫が伝わってきてまさに圧巻でした!!
ラストの奥義も嬉しかった~♪
さぁ今度は世界へ---勝負ですね!!
多少の不満なんのその (メビウス)
2014-09-20 19:38:55
くろねこさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

前半ガッツリ剣心と清十郎の修行風景。これは確かに良かったですね。奥義の伝授と剣心に欠けているある一つの意志をアッサリ気味に描くとそれこそ雑になっちゃいますしね^^;
・・ただソコに時間を割き過ぎてしまったのか、志々雄側のバックボーンはかなり丸投げ風味になっちゃってたのが痛いっ。漫画だと語り部の役目を担うのは大鎌の鎌足さんなのに、何故か安慈和尚になっちゃったのもひどいやっつけ感だったように思えてしまって・・(汗

でもそういった不満もありましたが、後半はその分アクションてんこ盛りでもありましたから充分満足といった所でしょうかw特に志々雄の暴れっぷりは凄かったですねー。あのオラオラ感は正に手に汗握りました♪
こんにちは (はらやん)
2014-09-21 12:07:27
くろねこさん、こんにちは!

アクションも壮絶、心情面も丁寧にしっかり描いてくれた見応えある作品でした。
十本刀のエピソードはざっくり斬られていましたが、サブストーリー的なところでもあるので、剣心の話にフォーカスしたのは、いい決断だったかなと思います。
その分、しっかりと剣心の心が描けていたので。
僕ももういちど観に行こうかな。
こんにちは (たいむ)
2014-09-23 13:29:14
そうなんですよ。
みんな美しいの。
でも泥臭くもあって、素晴らしかったと思います。

2作、続けてみたいですね(^^)
満足まんぞく (ノルウェーまだ~む)
2014-09-25 00:16:56
くろねこさん☆
コメントありがとうございます~♪
とにかく凄い迫力でしたねー
キャストもバッチリ!
やっぱり漫画そのものの健くんあっての大成功がまずありますね。
何しろ原作ファンをこれだけ満足させるってことが凄いです!
Unknown (Unknown)
2014-12-26 15:30:58
>「都合の悪いものには蓋をする-」明治政府の体制---。
ホントに最低でしたね~~(涙)やっぱ1番怖いのは『権力---』という怪物か--。


正直、伊藤博文などの偉大な歴史上の人物の子孫は怒りそうな設定ですよね。
まぁ、正義物の話なので必ず悪役の存在が必要とは言え、明治政府を絶対悪にあんな酷いかかれかたをしたら、政府=悪みたいな固定観念を子供が抱いてしまいそうで、よくないと思います。

まぁフィクションだと考えてみればそれで終わりですが。
メビウスさんへ♪ (くろねこ)
2015-03-17 15:48:24
こんにちは~。
う~ん。ここまで志々雄側のバックボーンが切られてると 「あれはなくてもよかったんじゃ~」なんて・・やっぱ思っちゃいますよね~
安慈和尚のやっつけ感は私も心にキましたよ~。
でもやっぱこれは原作を知ってるからこその不満かもですよね。
アクションはもうそれを超える素晴らしさだったし
まさに志々雄のオラオラ感(笑)は圧巻!!
私も十分に満足!幸せなひと時でした~♪
はらやさんへ♪ (くろねこ)
2015-03-17 16:09:33
こんにちは~!
志々雄側のバックボーンはバッサリでしたね~。
どこかを削れば入れ込めたのでは~?ってどうしても思っちゃいますけど、製作者側としては まさに剣心の話にフォーカスしたといえそうですね。彼の心情はしっかりと伝わってきましたし、その圧巻の演技に---
私も十分満足!感動しました!!

たいむさんへ♪ (くろねこ)
2015-03-17 16:15:44
こんにちは~!
ホントに美しい~~。
そして凄い!!
もう大興奮でしたよ~~。
世界に誇りたい作品ですよね!!
ノルウェーまだ~むさんへ♪ (くろねこ)
2015-03-17 16:24:08
こんちは~♪
ホントに---凄い迫力でしたね~!!
健君はホントに剣心そのものの!!
その悲哀も十分伝わったし・
志々雄演じる藤原君の存在感も素晴らしかったですよね。楽しみました~~!!

コメントありがとうです。 (くろねこ)
2015-03-17 17:00:41
「政府=悪みたいな固定観念を子供が抱いてしまいそうで、よくないと思います」
十本肩のバッサリ----は案外それを踏まえてのことだったんですかね~。
しかしながらこの作品を見て「悪=政府」と思う短絡さは悲しい限りです。
大切なのはそんな過ちの時代もあったのだと知り学ぶこと。この作品では主人公剣心も大きな過ちを犯し--そのことに苦しんでいます。
贖罪の心を持って生きることの大切さ苦しさ--。
剣心の姿から きっと少年たちの心にはその思いは届いているのだと・・私は信じてますですV

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
るろうに剣心 伝説の最期編 (Akira's VOICE)
魂の消耗戦。圧巻!  
『るろうに剣心 伝説の最期編』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心 伝説の最期編」□監督 大友啓史□脚本 藤井清美、大友啓史□原作 和月伸宏□キャスト 佐藤 健、武井 咲、青木崇高、蒼井 優、大八木凱斗■鑑賞日 9月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★...
劇場鑑賞「るろうに剣心 伝説の最期編」 (日々“是”精進! ver.F)
どう死ぬかではなく、どう生きるか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編 写真集 [ 菊...価格:2,160円(税込、送料込) ...
るろうに剣心 伝説の最期編  (to Heart)
未来のために。 製作年度 2014 上映時間 135分 原作 和月伸宏 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社刊) 脚本 藤井清美/大友啓史 監督 大友啓史 アクション監督 谷垣健治 出演 佐藤健/武井咲/伊勢谷友介/青木崇高/蒼井優/神木隆之介/土屋太鳳/田中泯/小澤征悦/滝....
『るろうに剣心 伝説の最期編』 (こねたみっくす)
進化するアクション、劣化する脚本。 まさか前作を超えるチャンバラアクションが見れるとは思いもしませんでした。そしてまさか前作以上に原作へのリスペクトなど微塵もなしにス ...
「るろうに剣心 伝説の最期編」最大の奥義を会得した先に知った殺さずの戦いを貫き通す術と自ら生きる理由の悟り (オールマイティにコメンテート)
「るろうに剣心 伝説の最期編」はるろうに剣心の続編であり最終章となる作品で、志々雄真実の野望を止めるべく緋村剣心が立ち向かっていくストーリーである。今回は京都大火編の ...
『 るろうに剣心 伝説の最期編 』武士たちに敬礼!! (映画@見取り八段)
るろうに剣心 伝説の最期編      監督: 大友啓史    キャスト: 佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、藤原竜也、江口洋介、神木隆之介、田中泯、蒼井優、土屋太鳳、小澤征悦、滝藤賢一、丸山智己、高橋メアリージュン、眞島秀和、窪田正孝、小市慢太郎、福山...
るろうに剣心 伝説の最期編 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
和月伸宏原作のコミックを基に『プラチナデータ』などの大友啓史監督と佐藤健主演で映画化したアクション大作の完結編。激動の幕末にその名をとどろかす伝説の人斬り・緋村剣心が大切な人と国を守るべく、日本征服をもくろむ志々雄真実一派との壮絶な死闘に挑む。主演の佐...
「るろうに剣心 伝説の最後編」☆迫力の船内バトル (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「伝説の最後編」が始まる前に、なんとか「京都大火編」を観ておいて良かった!!(現在、両方上映中) 豪華キャストが勢ぞろいで、どの役もとにかくカッコイイ♪(ん?京都大火編と同じ感想だわ~笑)
『るろうに剣心 伝説の最期編』 (時間の無駄と言わないで)
後半戦。 前半で話が全然進まなかったけどどうするのかと思ったら、かなり大胆なアレンジに。 十本刀は他と衣装が違うだけの雑魚キャラに。 まあ時間がないから仕方ないわな。 ...
るろうに剣心 伝説の最後編 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】大友啓史 【出演】佐藤健/武井咲/伊勢谷友介/青木崇高/蒼井優/神木隆之介/土屋太鳳/田中泯/大八木凱斗/江口洋介/福山雅治/藤原竜也/他 【公開日】2014年 9月13日 【製作】日本 【ストーリー】 日本征服を狙う志々雄を阻止するため、京都に辿り着いた剣...
『るろうに剣心 -伝説の最期編-』 2014年9月13日 ユナイテッドシネマ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『るろうに剣心 -伝説の最期編-』 を鑑賞しました。 前作の京都大火編の満足度が高かったため、かなりの期待をもっての鑑賞でした。 正直、前作のが面白い が、最後としては納得。 もうここで終わりにした方が良さそうだ 【ストーリー】  cinamtodayにない。。。諸...
「るろうに剣心 伝説の最期編」  人を活かし、己も生きる (はらやんの映画徒然草)
「るろうに剣心 伝説の最期編」、公開初日に観賞です。 昨日は会社帰りに「京都大火
無敵の人。『るろうに剣心 伝説の最期編』 (水曜日のシネマ日記)
先月公開された映画の続編。2部作の後編です。
るろうに剣心 伝説の最期編  (にきログ)
さて、京都編後編も見てきたので感想を 原作既読うろおぼえな人の感想です あらすじ 海を漂流し流れ着いたところを、剣術の師匠である比古清十郎(福山雅治)に助けられた緋村剣心(佐藤健)。その後剣心は、山中で居を構え陶器作りに励む師匠に対し、飛天御剣流の奥...
『るろうに剣心 伝説の最期編』 最期を迎える伝説とは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  アクションシーンになると寝てしまう私にとって、アクション映画は鬼門である。  それでも好きだから観に行くけれど、登場人物がただ銃を撃ってばかりの映画や、殴り合いが単調に続く映画や、カットが短すぎて何をしているかよく判らない映画だ...
「るろうに剣心 伝説の最期編」みた。 (たいむのひとりごと)
8月に公開された「京都大火編」の続編であり、実写版「るろうに剣心」シリーズの完結編。実写版として何もかもが最高の出来映えだったと思うし、圧倒的とか、圧巻だとか、そんな賞賛の言葉しか出てこない。長編漫画
るろうに剣心 伝説の最期編 (映画的・絵画的・音楽的)
 『るろうに剣心 伝説の最後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前編の『京都大火編』の出来栄えが素晴らしかったので、後編もと期待して映画館に行ってきました。  前編の最後で、志々雄(藤原竜也)の一味が操る軍艦から突き落とされた薫(武井咲)を追って海....
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』観てきた~ (よくばりアンテナ)
えっと、ようやく観てきましたよ(*´∀`*) 公開後すぐにも観たかったんだけど、 結果的に2週間も経ってると平日の昼間はお客さん少なくて、 大きいスクリーンを5人で観ておりましたよ( ´,_ゝ`) ふっ 京都大火編に続くシリーズ最後の作品となりました・・・...
「るろうに剣心~伝説の最期篇~」 (ここなつ映画レビュー)
「カッコいい…」そう思って思わず涙がこぼれてしまった。後にも先にも、役者のカッコ良さに本当に涙がこぼれたのはこの作品だけだ。「心の中で涙がこぼれた」とか「身悶えした」とかは数あれど…。多くは語りません。でも本当にカッコ良かったです。涙がこぼれたのは、京...
るろうに剣心 伝説の最期編 (銀幕大帝α)
2014年 日本 135分 アクション/時代劇 劇場公開(2014/09/13) 監督: 大友啓史 原作: 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 脚本: 大友啓史 主題歌: ONE OK ROCK『Heartache』 出演: 佐藤健:緋村剣心 武井咲:神谷薫 伊勢谷友介:四乃森蒼紫 青木....
るろうに剣心 伝説の最期編 (のほほん便り)
和月伸宏の人気コミック「るろうに剣心」シリーズの完結編。原作でも人気の高いエピソード「京都編」を映画化し、「京都大火編」「伝説の最期編」として連続公開する2部作の後編。日本征服を狙う志々雄真実(藤原竜也)を止めようと戦う緋村剣心(佐藤健)だが、志々雄配...