広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つぐない

2008-04-13 | つ て と

満足度 ★★★★☆ 哀しき運命の恋人達に涙。

13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)のついた嘘は
姉セシリア(キーラ・ナイトレイ)の恋を奪い
使用人の息子のロビー(ジェームズ・マカヴォイ)の人生を
狂わせてしまった・・。
彼女は2人にどう償えるというのだろうか・・。
 

1935年の英国を舞台に、人の心と戦争に躍らされた
悲しき恋人たちに贈る追悼の物語です(涙)

時刻を前後させながらの展開は初め少し戸惑うものの、
このラストへの構成力は文学作品の香りを漂わせ秀悦だ。
見ごたえありました!

でもコレは・・。償いといえるのでしょうか・・・?(泣)

    

↑彼女は3人の女優さんが演じてるのだけど、
 すり替わったのわからない位 よくにてた~!
 裕福な家庭の中で暮らす姉妹は
 美しき使用人の息子ロビーに
 ホントは心を奪われていたんですね。
 
彼女達の心は彼によって大きく揺れ動き、
彼の姿を消すことによって 心の平穏を保とうとしていたのかも

素直じゃない似たもの姉妹。
セシリアは彼を嫌ったふりをして遠ざけ
彼の卑猥な一面と、心が姉にある事をしったブライオニーは
少女特有の潔癖さとまだ嫉妬とも呼べない思いで
彼を自分の世界から抹殺するような行動に出る。
その感情は自分でもなんだかわからないながらも邪悪で
自分の中にあってはならない感情だったんだろうなぁ・・。

幼い時読んだ「キャンディ キャンディ:笑」でも感じましたが。
身分制度ある世の中では上流層の言葉は絶対で
下々はなすすべもないんですよねぇ。
なんら取り調べもないまま連行されてしまうロビー。
本当に気の毒でした。

しかし きりかわった戦場でのあまりに悲惨な光景は
彼によせるそんな思いも ぶっとんだのでした・・(涙)
この戦場に居る若者達みんなきっと彼と同じ。
 愛するものをおいてここに居るのだから・・。

ラストの彼女の告白は・・本当に驚きました(泣)

彼が刑務所で、戦場で、どんな思いをしたのか、
どんな風に夢破れ絶望にひしがれる日々を送っていたのか、
映像はあまりに断片すぎです。それは彼女にとって
耐え難い出来事の数々だったことは想像に尽くせません。
でもやっぱり思ってしまう。
彼女に彼を救う道は本当になかったのかと・・。

苦難をこえてようやく結ばれた2人・・。
でもそれは彼女の夢・・。(涙)

「帰ってきてわたしのもとへ・・」
セシリアの思いと、彼女を追い求めたあのロビーの姿と 
罪を背負った老女の姿が重なった時
私はただただやりきれなく切なく、
ひたすら涙にくれたのでした


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うた魂♪ | トップ | 大いなる陰謀 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あん)
2008-04-13 22:30:09
映像が美しくてそれとは感じさせないけれど、残酷で切ないストーリーでしたね。私もマカヴォイの姿に、涙しました...。

身分制度を『キャンディ キャンディ』で?!私たちって、マンガから学ぶ事が多いですわね、はは。
あん様♪ (くろねこ)
2008-04-14 01:20:08
コメントありがとうです。
漫画侮るなかれですよね(わはは)

ホントにせつない作品でしたね~(涙)
この償いに・・。それはないだろぉぉ・・。と
嗚咽がこみあげました。
ブライオニーの辛さもわかるだけに
ただただ哀しみにくれました




くろねこさん☆ (mig)
2008-04-14 22:14:11
コメント来るのが遅くなっちゃいました☆
TBもありがとうです
なんだか、前半はサスペンス風に仕立てて引き込まれ、
後半は物悲しい物語になっていましたね、
とても余韻が残ってて、またみたいなーと思える、、、、。
こういう作品は大好きです♪
こんにちは~☆ (kira)
2008-04-15 09:27:59
くろねこさん、コメント有難うございました♪

キーラもマカヴォイくんも素敵でしたね~
二人の輝いていた瞬間は余りにも短くて、
想いが強ければ強いほど切なかったです。。。

ひとり息子を突然奪われたロニーの母の叫びにも
胸が潰れる思いでした。
余りにも残酷な嘘、、心の震えが止まりませんでした。
大好きな作品になりました
mig様♪ (くろねこ)
2008-04-17 11:57:07
コメントありがとうです★
この少女がいったいどんなことをしてしまったか?
けっこうひっぱりましたよね~。
ラストも息を呑む展開でした
戦争の悲惨さはロニーの哀しさも薄らぐほどでしたね(涙)
kira様♪ (くろねこ)
2008-04-17 12:15:38
こちらこそコメントありがとうです!!
あぁ・・あの母もどんな人生を歩んだんでしょうね。
2人の娘にでていかれた彼女の両親とかもねぇ(涙)
哀しき恋人達・・。
彼女の行為は本当に多くの人の運命を変えてしまったんですね~
こんばんわ (睦月)
2008-04-19 22:17:46
TB&コメントありがとうございました。

ブライオニー役の3人の女優さん、
ホントに似てましたね。
全然違和感がありませんでした。
少女時代のブライオニーって、若い頃の広末涼子に
似てると思いません?

切ない作品でした。今思い出しても胸がシクシク
しちゃいます。

ジェームズ・マカヴォイはどんどん素敵になっていく
なあと思っております(照)
睦月様♪ (くろねこ)
2008-04-21 23:29:33
コメントありがとうです。
にてましたよね~。うん。広末さん同様
何処となく寂しげな瞳が印象的でした。
ジェームズ・マカヴォイも瞳が印象的ですね。
彼の運命は哀しい限りでしたが、
私もそのあとの戦争風景や、そう、ブライオニーが
手を握り締めながら死んでいった兵士からも
ロビーと同じ哀しみを感じさせられました(涙)
誰もどう償うことが出来るというのか・・。
考えさせられましたよねぇ・・。
TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2008-04-26 13:07:47
こんにちは

精神的にも幼く、無知だったブライオニーが
目にしてしまった事と当時の気持ち…
それも、なんとなく分かってしまうだけに、
一概に彼女の嘘を責める気持ちにはなれませんでした

だからといって、彼女の嘘が許されるはずもなく、
それが分かる大人になったからこそ、
悔やんでも悔やみきれない気持ちで
77歳まで生きてきたのかもしれませんね

同じ風景であっても、見る角度により、
こんなにも変わって受け取られてしまう事は、
現実の私たちの生活の中にも存在する事で…
そういった意味でも考えさせられる作品でした
テクテク様♪ (くろねこ)
2008-04-27 13:13:38
同じ風景が見る角度でちがう・・。
あの時間の表現はそういう意味もあったのですね。
現代でも「それでも僕はやってない」のような事も
ありますから。
思い込みや自己中な考えで、人を貶めることの
ないようにしたいものですよね

コメントを投稿

つ て と」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

『つぐない』 (Sweet*Days**)
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...
つぐない/Atonement (描きたいアレコレ・やや甘口)
壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド...
つぐない (to Heart)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マ...
映画「つぐない」を完成披露試写で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「つぐない」完成披露試写@スペースFS汐留 映画の話 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家...
つぐない/ Atonement (我想一個人映画美的女人blog)
"つぐない"といえば、テレサ・テンですが、、、 って世代がバレるか{/dododo/} こちらの作品、 今年のアカデミー賞作品賞のノミネートに、ゴールデングローブ賞作品賞受賞{/hakushu/} トロント映画祭でも高評だったし、その地味なタイトルとは裏腹に、期待が高まるのは...
★「つぐない」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
『つぐない』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」 □脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレン...
「 つぐない / Atonement (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【つぐない】2008年4月12日(土)公開 監督 : ジョー・ライ...
映画「つぐない」を観ました。2008年42本目 (Aspiring Bobby-dazzler Starlet)
ジャンル : ドラマ 製作年 : 2007年 製作国 : イギリス 主演;キーラナイトレイ 第2次大戦直前のイギリス。官僚の娘で13歳のブライオニーは将来作家になることを夢見ていた。 姉のセシーリアと使用人の息子との関係に不信感を持ったブライアンは、ある夜起こった事件...
つぐない (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ”無邪気な悪意”が招いた運命の贖い  
つぐない (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
あとでつぐなおうと思っても一度あいてしまった穴を完全に塞ぐことは出来ない。そう簡単なものじゃない。”つぐなう”事のつらさをまざまざと見せ付けられたような気がする。                     評価...
「つぐない」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「つぐない」 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・ブレシン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、パトリック・ケネディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノ・テンプル 193...
真・映画日記『つぐない』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月14日(月)◆775日目◆ 毎月14日は「TOHOの日」。 東宝系の映画館は1000円で映画が見られる。 となると、シネコンの「TOHOシネマズ」のみで適応だと思っている人が多いだろう。 この「TOHOの日」のサービスは日比谷の「シャンテシネ」でも...
黒い嘘、白い嘘。『つぐない』 (水曜日のシネマ日記)
嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。
つぐない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
つぐない (Akira's VOICE)
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  
つぐない (2007・イギリス) (白ブタさん)
すっごく見たかった作品(*^_^*) ようやく行ってきました~{%ハート4webry%}
『つぐない』 (めでぃあみっくす)
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そ...
つぐない (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作はイギリスの作家イアン・マキューアンの最新作『贖罪 (Atonement)』だという。この原作は未読なので、映画との違いはよく判らないが、かなり練り込まれた奥の深い作品であることは想像できる。 第二次大戦下のイギリス。まだ上流階級と下僧階級
つぐない (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹...
【劇場映画】 つぐない (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブラ...
映画:つぐない 試写会 (駒吉の日記)
つぐない 試写会(有楽町朝日ホール) 「戻ってきて 私のところへ」 夏の日、お互いを意識しあう幼なじみの二人をみつめる少女。誤解と失望感、嫉妬もないまぜになった心が嘘の証言をしてしまい、とりかえしのつかない事態を招いた。刑務所から戦場へ送り出された...
つぐない (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた。あなたを愛しています!私のもとに帰ってきて・・・。 壮大なスケールで描く、切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン! 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブ...
つぐない (eclipse的な独り言)
 美しい映画でした。映画が映画である必要性を痛感した作品でした。(5月25日 静
つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!! (銅版画制作の日々)
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです...
つぐない (小部屋日記)
ATONEMENT(2007/イギリス)【DVD】 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/ロモーラ・ガライ/シーアシャ・ローナン/ブレンダ・ブレシン/ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて...
【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm(__)m (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後...
つぐない (映画鑑賞★日記・・・)
【ATONEMENT】PG-122008/04/12公開製作国:イギリス監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人...
「つぐない」 (シネマ・ワンダーランド)
第1作「プライドと偏見」(2005年)で世界の注目を集めた英国若手監督ジョー・ライト(1972年~)が07年、2作目としてイアン・マキューアンの小説「贖罪(しょくざい)」を映画化した大河ロマンス「つぐない」(英、123分、ユニバーサル映画配給)。この映...
つぐない (悠雅的生活)
13歳の暑い夏の日。少女が見たもの。贖えない罪。
mini review 08355「つぐない」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻...
【DVD】つぐない (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた...