パンズ・ラビリンス

2007-10-13 | は行

 ありのままの現実は生きるにはつらすぎた。
 だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した・・(泣)

 満足度 ★★★★★(満点)
 恐怖政治が国を覆っていたスペイン。
 身重の母と少女オフェリアは新しい父の元にむかっていた。
 2人が直面する現実は残酷で恐ろしいことばかり。
 そんな彼女の前に現れた妖精と迷宮の守護神パン。
 「あなたは哀しみや苦しみの無い王国の姫の生まれ変わり。
 しかしこの国に 入るためには 3つの試練を乗り越え無ければならない」
 と告げられるのでした。
 ---はたして、彼女はこの国に行く事ができるのでしょうか----


     

軍の大尉である新しい父は恐ろしい独裁者でし
彼の常軌を逸した残忍さはこれでもかっと私の心をしめつける。
こんな時代に生まれなくて良かった・・・
でもオフェリアにとっては目の前の現実なのだ!

この残酷な現実と彼女の幻想世界が違和感なく平行に描かれ
そのどちらの成り行きにも、
はらはらどきどきさせれる展開となっていて見事です!

薄暗い森、虫の姿の妖精たち・・っと
彼女の中の幻想世界はおおよそ少女のもつ美しさに彩られたものではない。
それは彼女の心が
現実に通じる恐怖に彩られているせいなのかもしれない
彼女が童話の世界に憧れる気持ちがいたいほど伝わってくる。

--昔昔、地底のお姫様は光を求めて王国を抜け出しましたが、
すべての記憶を失って戻ることもかなわず1人静かに死んでしまったのです--

彼女が試練を越えて行こうとしている悲しみや苦しみのない王国とは
この光の無い地底の王国なのか・・・。
「そこ」に彼女の幸せがあるというのでしょうか。

彼女には輝かしい本当の光の世界。
そう「未来」というものがあったはずなのに、
大人たちの醜さは彼女をもしらないうちに
彼女から未来への希望を奪ってしまったのでしょうか(泣)

3つの試練を乗り越えた彼女は薄れ行く意識の中で王国にたどりつく。
そこにはなんと 父がいて、母がいて、笑顔があって
そこはまばゆいばかりの黄金に輝いていた・
---抱きしめられ幸せそうなオフェリア---

しかし「そこ」は
 彼女の短すぎる生涯の中で 
  最も幸せな、記憶だったのではないだろうか。

 この悲しすぎる現実・・?に涙が止まらなかった。

残酷で美しいこの物語はまさに大人のための
シビアなリアルファンタジー。
この結末は、様々な人に 様々な思いを 
投げかけているんじゃないでしょうか・・。
見ごたえある作品。私はやられまくりでした・(涙)   


ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3年B組金八先生  ドラマ | トップ | 3年B組金八先生 2話 「赤... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2007-10-14 00:13:05
こんばんは☆くろねこさん!

TBコメントありがとうございました
なんだか、ひとくちにファンタジーとは言ってられないかなしい現実も織り交ぜた物語でしたね☆
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2007-10-14 14:57:09
こんにちは
この映画は、夢見るファンタジーとは対照的な
残酷な現実の世界や、
醜い大人のエゴが描かれていましたよね

3つの試練に対するオフェリアの行動は、
人間の誰もがが持ち合わせるであろう部分であり、
そこにも深い意味が隠されていたと思います

物語も凄く良く出来ていたと思いますし、
何よりも、この監督の発想力には、ホントに脱帽でした
こんばんは♪ (アイマック)
2007-10-14 18:05:46
くろねこさん、こんばんは!
大満足されたようですね。
ここまで重い映画だとは思わなかったですよー。

>大人たちの醜さは彼女から未来への希望を奪ってしまったのだ(泣)

私もオフェリアの健気で無垢な姿に涙、涙・・・
子守唄も悲しい響きで。
反戦映画でもありますが、斬新で大人のためのファンタジーでしたね!


見たい映画です。 (bobby101)
2007-10-14 22:05:02
こんばんは。私の住む地区では通常のメジャーな映画館では上映していません。1ケ所だけ上映していますが
少し便利の悪いところにあります。今週行きそびれてしまい来週行く予定です。でも人気があるらしく来週から上映回数を増やすと言っています。満点の映画見させて貰います。では。
mig様♪ (くろねこ)
2007-10-14 22:20:40
こんばんは♪ ほんとに・・。目を覆いたくなる場面も多くて
びっくりしましたよね。
でも何か深い~作品で
見ごたえありましたね!
テクテク様♪ (くろねこ)
2007-10-14 22:29:00

コメントありがとうです!!
1番難しそうな最初の難問をクリアしながら
食欲には負けてしまう。感慨深いですね。
彼女の幻想はけして
「残酷な現実からの逃避」ではない・・。
そう思わせる展開に脱帽でした!!
アイマック様♪ (くろねこ)
2007-10-14 22:38:35
こんばんは♪
そう反戦的要素いっぱいで胸が
締め付けられましたね~
オフェリアの無垢な姿に私も涙、涙でした。
見ごたえあるファンタジーに
大感激しちゃいました


bobby101様♪ (くろねこ)
2007-10-14 22:45:39

こんばんは♪
見たい作品が来ない!!悲しいですよね。
この作品リアルでシビアでありながら
ファンタジー要素たっぷりという
不思議な作品です。
コレはHAPPY ENDなのか悲劇なのか・・。
ぜひ感想きかせてくださいね~!!
こんなに人気だったとは(^_^) (kimi)
2007-10-15 22:09:54
こんばんは♪
すごい映画でしたねぇ。
マイナーだと思ってたのに、かなりな人気。
ちょっと驚いてます。
迷宮の冒険が、全部オフェリアの空想だと思っちゃうと悲しすぎるので、最後の王国も、本当のことだと思いたいです

パンフレットも買っちゃいました。
ちょっと高かったけど、その分内容が濃いです。
装丁もかわいい☆
Unknown (オリーブリー)
2007-10-15 23:19:16
くろねこさん、こんばんは~TBありがとうございました。
そして、間違えてしまいましたぁ。
すみません~削除して下さい。
お手数おかけします~ごめんなさい(*_ _)

見応えがありましたね~私も好きな作品です。
想像とは違う流れだったけど、自分なりのファンタジーの定義が変わった気がしました。
すごい作品でした♪ (kimi様♪)
2007-10-16 18:05:25
パンフいいですねぇ。
しばらく買ってないな(泣)
彼女は幸せな場所にたどり着いたけれど。
コレはハッピーエンドなのか悲劇なのか・・。
考えるほどに切なくなってしまいますね。
この時代の残酷さも見るに耐え難くて
現実も幻想も胸に痛い作品でしたね~

オリーブリー様♪ (くろねこ)
2007-10-16 18:13:44

いえいえ、コメントTB、本当に
ありがとうですよ~
服などは不思議の国のアリスを思わせながら
彼女の幻想の世界は、別世界ではなく、
辛く暗い現実とどこか繋がっているところに
引き込まれてしまいますね。
まさに「ファンタジーの定義が変わった」
作品ですね~
悲しすぎる~ (やく)
2007-10-16 19:07:25
はじめまして。お邪魔します。
映画の中に夢をみたい私は、正直この映画つらかったです。

>もっとも幸せな記憶!
なるほど! そして悲しすぎる~
こんばんは。 (ジョー)
2007-10-16 22:31:35
満足度満点とはお目が高い。
私なら満足度万点(?)です。
物語も映像も斬新としか言いようがないですよね。
やく様♪ (くろねこ)
2007-10-17 20:16:25

コメントありがとうです!!
直視できないむごい現実と幻想でさえも
迷宮をさまよう彼女の姿は確かにファンタジーとは
いいがたい映像でしたね・・。
でも彼女は辛さから逃げたのではなく、
立ち向かったのだと思いたいですね


ジョー様♪ (くろねこ)
2007-10-17 20:30:12
こんばんは~♪
万点か~やられた!
映像物語・・う~ん。ほんとにうなりました!!
こうなるとただ1点気になるのは
何故あの葡萄を食べちゃったのかってことかな(笑)
お嬢様だからおなかすいてるイメージが無かったですしね・・。
TBありがとうございます。 (JT)
2007-10-17 22:38:19
TBさせて頂いたのですがエラーになってしまいました。ごめんなさい。

>こんな時代に生まれなくて良かった・・ホントによかった・・

ほんとそうですよね。でも、今でも紛争のある国にはオフェリアみたいな子がいるかもしれないと思うと、ちょっと重たい気持ちになるんですよ。軽く流してしまえる題材じゃないだけに、この作り方がよかったのかもしれないですね。
よお~しっ! (OK)
2007-10-18 17:20:38
・・・何が、よぉ~しっ!なのか判りませんが(笑)こんばんは!くろねこ様
久しぶりにコメント・TBさせていただきましょうっ♪

よかったですよね~コレ。
残酷な現実に異形の幻想にと、片時も目が離せず魅了されました。 
最後はハッピーエンドだと思いたい。 
哀切な余韻も残るオフェリアの秀逸ラスト・・・アレがこの物語を心に残る作品完成度へと押し上げているんじゃないかな。 
では
JT様♪ (くろねこ)
2007-10-18 20:26:48

これにめげずよろしくです・・(笑)
彼女は裕福だっただけ、幸せともいえますね。
日本はやっぱりいい国ですよね・・(泣)
そういえばこの作品、彼女の辛さや寂しさを
完璧に見る側の感性にゆだねてますよね~。
この感じさせ方が見事なんだと思います。
ハッピーエンド。でも悲しい。とても悲しい・・。
そんなとこも見事だと思います
OK様!! (くろねこ)
2007-10-18 20:46:29
いや~!かみあいませんでしたね~(笑)
私が相変わらずのんびり鑑賞のせいですね~
痛い場面多かったけどよかったですよね~。
彼女の幻想が辛い現実と奇妙に重なってるところや
彼女が試練の上行こうとする世界が地底の王国で
あることが意味深で心を揺さぶられてしまいました。
このラスト!! ぐっときましたね~

観てきました。 (bobby101)
2007-10-21 13:57:30
 観てきました。この地区では1館だけのマイナーな映画館でしたがいつもより人が多く、人気が伺えました。映画はやはり引き込まれるような深い、いい映画でした。反戦、反暴力そして人の尊厳と不思議な物語の中で多くの強い主張がありあましたね。苦労して観てよかったです。
bobby101様~♪ (くろねこ)
2007-10-21 22:09:24
いい映画でしたよね~。
同じように思えてよかったです!!
私のトコも一番小さいスクリーンでしたよ(泣)
何の躊躇もなく少女に引き金を引いた
この父は、自分以外は人に見え無かったんでしょうね。この時代の権力というものは
本当に恐ろしいですね・・。



こんにちは♪ (ミチ)
2008-01-11 17:22:00
TBありがとうございました!
予想以上に面白かったです。
たくさんの方が年間ベスト映画にランクインされているのが判りました。
皆さん仰っていますが、あのラストが悲しすぎて・・・。
だからこそダークファンタジーの傑作になったのかもしれませんが・・・。
ミチ様♪ (くろねこ)
2008-02-01 23:39:01
オープニングの映像が
このラストに結びついてたとは・・。
この展開にもう、ノックアウトでした(泣)
彼女が行こうとしてる王国が
地底の中っていうのも意味深で
 心惹かれてしまいました~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH (我想一個人映画美的女人blog)
                                       {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきま...
度肝を抜かれた!『パンズ・ラビリンス』 (水曜日のシネマ日記)
第76回アカデミー賞で撮影賞・美術賞・メイクアップ賞を受賞し、脚本賞・外国語映画賞など6部門でノミネートされた作品です。
パンズ・ラビリンス (小部屋日記)
Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ だから少女は幻想の国で、永...
パンズ・ラビリンス (Akira's VOICE)
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
映画~パンズ・ラビリンス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ...
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
パンズ・ラビリンス 90点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
王女だなんてパンパパン 信じはしないわパンパパン♪ 公式サイト 『ブレイド2』『ヘルボーイ』など、ダーク系アメコミ映画を手がけてきたギレルモ・デル・トロ監督の、戦時下のスペインを舞台とした最新作。 予告編やCMなどの印象では、戦乱の時代に少女が魔法の世...
パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして
パンズ・ラビリンス (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
本年度ベスト1映画に決定か!
パンズ・ラビリンス (It's a Wonderful Life)
2006年度私的ナンバー1映画だった「トゥモロー・ワールド」 の凄まじい撮影、アカデミー賞撮影賞取らなきゃウソだろーって 思ってましたが、見事に逃して賞を持っていったのがこの作品。 いったいどんな凄い映画なんだろ?って心待ちに待つこと半年・・長い!...
『パンズ・ラビリンス』 (映画館で観ましょ♪)
第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。 そこで見た短い映像にかなり惹きつけられた。 そんなワケですごく観たいと思っていた作品。 さてさて「ダークフ...
「パンズ・ラビリンス」 (首都クロム)
 あくまで私個人の抱いたイメージですが、昨夏の「ローズ・イン・タイドランド」が“現実世界で生きる手段の一つとしての妄想”なら、今作は“現実世界で生きることを拒絶するための妄想(或いは幻想)”という位置付けなのかも知れません。厳しい現実に対して、前者は不...
パンズ・ラビリンス (2006年・スペイン、メキシコ) (白ブタさん)
ダークなファンタジー・・・{%butterfly_a%}
題名のない子守唄 (心のままに映画の風景)
北イタリアのトリエステにやって来たイレーナ(クセニャ・ラポポルト)は、貴金属商を営むアダケル家のメイドになる。 家事を完ぺきにこなす彼女は、アダケル夫人(クラウディア・ジェリーニ)から瞬く間に信頼を得るよ
パンズ・ラビリンス (心のままに映画の風景)
1944年のスペイン。 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍(セルジ・ロペス)と再婚
パンズ・ラビリンス (描きたいアレコレ・やや甘口)
いい歳をして、まだそんな本を読んでいるオトナや、トラウマになろうとも、やっぱりコドモにも観てほしいエグいファンタジー。 少女オフェリアは、めったに笑顔を見せてくれない。 それ故、彼女の笑った顔は、心に残る.
パンズ・ラビリンス (そーれりぽーと)
今年のアカデミー賞中継を見ていて、ひときわ目を引いたのが、この『パンズ・ラビリンス』。 何が面白そうって、独特な造形が目立つファンタジーの世界。 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督作なんて代名詞が付くこの映画、この監督に鬼才なんていつから付いたんだろう? 半年...
パンズ・ラビリンス(映画)迷宮は人の世 (漢方薬剤師の日々&映画)
「パン(牧羊神)の迷宮」って題名ですが、 観終わってから、よーく考えると、 パンが住んでるおとぎの国より、現実のほうがつらくて悲しくて残酷で、出口のない迷宮だってことですね。 おとぎ話を借りてこの大いなる皮肉は、スペイン映画らしいかも。 スペインの内戦が...
「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。 {/kaeru_en4/}まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは。東京人でも、なんか、おのぼりさんになった気分になるぜ。 {/hiyo_en2/}迷宮、すな...
【劇場映画】 パンズ・ラビリンス (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた...
映画レビュー「パンズ・ラビリンス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆現実と妄想が美しくも残酷に交錯する。どぎつくて甘美なビジュアルで描くダーク・ファンタジーの傑作。【85点】1944年のスペイン。内戦で父を亡くしたオフェリアは、冷酷な義父のビダル大尉から逃れるため、屋敷の近くの謎の迷宮に足を踏み入れる。そこ...
試写会鑑賞 恵比寿ガーデンシネマにて ~ ギレルモ・デル・トロ 「 パンズ・ラビリンス 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 晴れの休日、日曜日です。 今日は、火曜日 恵比寿ガーデンシネマにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ギレルモ・デル・トロ氏の新作映画について。 『 パンズ・ラビリンス ( El LABERINTO DEL FAUNO/PAN’S LABYRINTH...
ギレルモ・デル・トロ監督の“ イマジネーションの森 ”を彷徨う旅 「 パンズ・ラビリンスの森展 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り時々雨の火曜日です。 先日御紹介させて頂いた、ギレルモ・デル・トロ氏監督の新作映画 『 パンズ・ラビリンス ( El LABERINTO DEL FAUNO/PAN’S LABYRINTH ) 』 ( ‘06年 メキシコ/スペイン/アメリカ )の公...
「パンズ・ラビリンス」★★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
   '06製作 監督ギレルモ・デル・トロ  主演イバナ・バケロ 共演ダグ・ジョーンズ、セルジ・ロペス、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、アレックス・アングロ他によるスペイン発ダーク・ファンタジー。 第79回アカデミー賞3部門受賞、全米映画批評家協...
『パンズ・ラビリンス』 (『座敷牢からなんかニョロ~っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2006/メキシコ=スペイン=米/ギレルモ・デル・トロ)  【期待度】★★★★・ 【満足度】☆☆☆☆☆  【ビダル大尉も怖いし牧神パンも怖い・・・もう全部怖い度】★★★★★  数多の映画賞で高い評価を得、第79回アカデミー賞でも撮影・美術等3部門を制したダー...
パンズ・ラビリンス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  現実という迷宮で彷徨う心の行方  
恐怖政治 (怖いyoutube)
恐怖政治(きょうふせいじ)またはテルール(仏:Terreur)とは、フランス革命時にロベスピエールを中心とするジャコバン派(山岳派)が行った政治形態のこと。テロの語源である。それに類した政治形態も恐怖政治と呼ぶことがある。(1793年9月5日 1794年7月28日)
パンズ・ラビリンス (to Heart)
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ...
映画「パンズ・ラビリンス」を観ました。 (Aspiring Bobby-dazzler Starlet)
内戦後のスペイン。 ゲリラと独裁者達がいまだに戦っている。 少女オフェリアはおとぎ話の大好きな女の子。母が独裁者の男と再婚する為に 山奥に引っ越してきた。 父親は冷酷非情な男で、オフェリアは好きになれなかったが、メイドの女性とすぐにうちとけた。 ある日、妖...
映画「パンズ・ラビリンス(PAN'S LABYRINTH)」 (わかりやすさとストーリー)
●フィクションの手法を用いて、ファンタジー世界を巧みに現実(とされる物語)世界とリンクさせることで、人が物語を必要とする理由(わけ)と意味・意義を明確にしつつ、想像力を働かせて生き抜こうとするすべての人々にエール送るかのような、力づよくもせつない真のフ...
パンズ・ラビリンス、或いは、解離性障害 (気ままにランダムハート)
情けないまでに、いきなりの号泣をしてしまった。
★「パンズ・ラビリンス」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
パンズ・ラビリンス (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ダークでビターな大人向けのファンタジーです。 舞台は、1944年、内戦終結後のスペイン。父をなくしたオフェリアは、母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地で、ビダル大尉の子どもを身ごもった母のカルメンと暮らしています。オフェリアは、体調の悪い母を心配し...
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 (銅版画制作の日々)
ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会う...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス (Good job M)
公開日 2007/10/6 12/8(大分県)監督:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ/ダグ・ジョーンズ/セルジ・ロペス/アリアドナ・ヒル 他【あらすじ】1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母はフランコ軍のビダル大尉と再婚するが、オフェリアは残忍な新し...
パンズ・ラビリンス (ネタバレ映画館)
恐怖の口裂け男!
映画 【パンズ・ラビリンス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「パンズ・ラビリンス」 ギレルモ・デル・トロ監督による、アカデミー賞3部門受賞のダーク・ファンタジー。 おはなし:1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい...
パンズ・ラビリンス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1944年、スペイン。 内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。 この地でゲリラの鎮圧にあたる...
パンズ・ラビリンス (eclipse的な独り言)
 シドニー・ポラックが亡くなっていたのですね。結構好きな監督でした。(DVDにて
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...