レミエルの気が向くままに

くっきーにつられて作っちまったぜw
まあ頑張って更新していくんでよろしくw

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009-10-04 05:19:42 | Weblog
ちゃお!更新にキターよ^^
文章全部書いて投稿押したらページが表示されませんとか本当に泣きたい;;
毎週土曜日はなぜか5時~6時くらいまで絶対起きてるというw
まあ明日休みだからできるんですけどねw
さて、ついに念願のPS3を購入!
ソフトはガンダム戦記を買いました^^
早速やってみましたがこれがまた難しいwww
早速詰まってしまったよどうしようwww
まあいつかクリアできると信じて頑張ります!
最後に


             人生にはたくさんの道がある
          今歩んでいる道が自分自身で決めた道なら
              それが君の物語であろう

           しかし人が決めた道を歩んでいるなら
              それはきっと偽りの物語
        その先にはきっと後悔しか待っていないのだから

じゃあバイチャ ノシ
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

見られてた( д)  ゜゜

2009-09-19 22:51:54 | Weblog
もうタイトルどうりだよw
といっても仕事忙しくて話考えてる暇なんてありません\(^0^)/
毎日6~8時間働いても給料は手取り12万前後・・・
そっから携帯代とか家に入れたり保険料払ったり借金返したりしてたらいつの間にか3万以下に^^
もう泣きたい・・・そして今ほしいものがPS3と電子ドラム
どっちも万超えるよ!
貯金とか苦手だしリフトの免許とるための貯金を始めないといけないわで
もう色々余裕ないよ
そしてカードゲームにはまってる俺乙
まじで余裕ないんでやっぱり気が向いたら次の更新しますw
もう見てくれててほんとありがとね^^
最後に1つ

           仕事して
             溜まっていくのは
                   疲労のみ
じゃあノシ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

誰も見てないからこそ更新

2009-08-01 22:50:22 | Weblog
えっと誰も見てませんよね^^そうですよね。だからこそ更新 フヒヒwww
物語いちいち考えるから更新できなくなるんだということで日記っぽくしようかな
リセのデッキを考えてうpか日記のどっちかでもういいや^^ハッハッハ
まあネタデッキができたので内容をうpしようとして更新してるだけです
さて今回のネタデッキの趣旨は「ゲムセちらつかせとけば展開してこないんじゃね」というわけのわからない発想とナンパと一大決心で3コストキャラ奪いたいなという願望が合わさったデッキです。
デッキタイトルは「試合終了後はみんなでナンパ」
ツッコンダラダメダヨ・・・・ダメダカラネ
さてそして肝心の内容は
  
      雪EX2
須磨寺 雪緒 4
         長谷部 彩  4
         エセルドレーダ4
         仁科 弥生  4
         白レン    3
         モーリス   3
         アンリ    2
         白鳥 水羽  2
      雪EX1
         月宮 あゆ  1
      月EX2
         転校生    3
         一大決心   4
      星EX2
         遠坂 凛   4
         魔法少女カレイドルビー 4
         丘野 真   4
         ナンパ    3
      星EX3
         アリス    4
      星EX0
         駄菓子    4
         ゲームセット 1

これがレシピです正直回るのは回るので問題はないと思います
問題点はAP3以上がカレイドか遠坂凛しかいないのでそこはモーリスやスカッドあたりで稼いでください。相手が全力展開しようとしたらゲムセをうっちゃってくださいなかったら諦めましょう正直そんなデッキです。
明日実戦でどれくらいいけるか試してみるつもりです。
では今日はこれで終わりで
ノシ バイチャ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俺の一言 「台詞無理っすw」

2009-03-22 23:24:35 | Weblog
さて前回台詞を入れてみたわけですが・・・
慣れないことはするものじゃないと思い知らされました
ってことで台詞を使ったやつが見たければくっきーの方を見ればいいと思うよ
まあ今回もちゃんと話書きますよ
では、いきまー


                 ~闘争の果てに~
      
             あるところに2人の青年がいました
           青年たちはとても中の良い親友同士でした
      しかしあるとき青年たちは互いが正反対の道に歩き始めました
          互いが互いを認められず青年たちは対立しました
         そしてどちらの道が正しいのか青年達は戦いました
          青年たちの信念に共感し共に戦う者もいました
            力による支配か支配者などない世界か
 その2人の闘争はやがて世界を巻き込むような世界戦争の規模になっていました
    そして長き争いの果てについに力の支配の道を選んだ青年は敗れました
          お互いの信念を貫き通したはずの青年たちですが
     負けた青年は信念を貫き通したことを誇らしげにこの世を去りました
           勝ったほうの青年も信念を貫き通しましたが
        なぜこんなことになってしまったのかと悔やみました
            2人はそれぞれの信念の元に戦ったが
       たどり着いた果ては孤高の風が寂しく吹いただけでした 


                  END

さてちょっと今回は短かったですがどうだったでしょうか
また頑張って書いていくので皆さん見てくださったらありがたいです
ではこれにてバイチャ^^ノシ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俺の一言 「更新遅い俺バーカw」

2009-03-16 21:32:03 | Weblog
ごめんなさい、本当にごめんなさい
いいネタ全然思いつかなかったwwww
ちゃんとまじめに書くから許してなw
では早速


              ~たった一つの願い~

              ドォーン!ドォーン!
  
              遠くで爆音が鳴り響く
           その中を1人の青年が走っていた
     「くそっ、さっきの戦闘で味方と散り散りになっちまった」
            気づくと青年は森の中にいた
       がむしゃらに走ってしまったので方角もわからない
          「敵国で迷子なんて洒落にならねえぜ」
    青年の国は戦争中だった、青年は兵士としてここにきているのだ
   「動かないでいたいがここはいつ砲弾が飛んでくるかわからんな」
             青年は森を駆け抜けていた
 敵に見つかって捕虜になる可能性もあるが味方に見つかれば敵前逃亡で銃殺刑だ
         見つからなければ本国へは戦死と通達される
   「戦死になれば本国へ帰って山奥とかで暮らせば見つからないはずだ」
             青年は生きて帰りたかった
     「生きて帰って国に残してきた彼女と暮らしたいのによ」
      走っている内に気づけばあたりは真っ暗になっていた
            青年の疲労は限界だった
     「銃なんて持って走ってたら体力余計に消費しちまった」
         しかし銃を手放すわけにはいかなかった
          「これがなかったら丸腰だもんな」
     休もうと腰を下ろしたとき、ふと風に乗って潮の匂いがした
 「近くに海があるのか、船を見つければ帰れる可能性がでてきたじゃないか」
        青年は喜んで行こうとしたが疲労で体が動かない
            あたりは静まりかえっていた
       「危険もあるがここで野宿するしかないようだな」
            青年は木の陰で横になった
   「最悪帰れなくても他の国にたどり着ければ死ぬことはないだろう」
            青年は深い眠りについた
       
           次の日青年が寝ていた場所には
        血がついた銃が1つ転がっていただけだった


          ☆☆☆☆  ☆   ☆  ☆☆
          ☆       ☆☆  ☆  ☆ ☆
          ☆☆☆☆  ☆ ☆ ☆  ☆  ☆
          ☆       ☆  ☆☆  ☆ ☆
          ☆☆☆☆  ☆   ☆  ☆☆

えー今回は台詞をつけてやってみました
初めてだったのでおかしいとこかなりあるかもしれませんが
それはご愛嬌ということで^^
では バイチャノシ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俺の1言「更新遅れてサーセンwww」

2009-03-01 01:36:54 | Weblog
しばらく更新してなくてサーセンwww
なんかシリアスなのばっかじゃネタ思いつききれないので浅越(以下略)をちょいパクッテみてネタ考えてみようと思う。
ではやってみる

         しっくりこないアニメニュース

 昨日未明覚せい剤所持の疑いによりアメリカ人のルイージ氏を逮捕しました。
本人はキノコをくれと供述しており警察はかなりひどい状態と見て警察病院に送ると見ています。

一昨日マサラタウン在住の少年S(1※歳)が見たことも無い動物を複数所持していたところを母親が通報しました。
中には絶滅危惧種も含まれており密輸などの余罪が無いか追及しております。
少年はポケモンマスターになりたいと話しており少年の反省の色がみえないと警察はみています。
          以上ニュースをお伝えしました

ネタに走りましたがどうでしょうか
まあこんなので更新すんなとか言わないでね
じゃあノシ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俺の一言 「その果てに未来がある」

2009-02-04 00:09:55 | Weblog
レミでございま~す
とかほざいてみたがきもいですよね、うざいですよね、ごめんなさい
さて馬鹿はこれくらいにして今日もいってみよー
はい、1、2、1、2、3、ナース(ごめ
                ~夢か幻か現実か~

               少年には憧れの人がいた
          その人はとても強く少年の理想の人物だった
         少年はその人に認めてもらおうと必死に努力した
      しかしある日突然その人は行方不明になってしまったという
       そのことを聞かされた少年はとてもひどく落ち込んだ    
                 しかし少年は思った
           行方不明にはなったが死んだわけではない
            そして少年はその人を探しに旅に出た
     いつ見つけられてもいいように少年は道中ひたすら自分を鍛えた
     そして長い旅路の末にその人を見かけたという情報を少年は得た
            少年はその情報の場所に向かった
         そしてそこには少年が求め続けた人がいたのだ
             急いで少年はその人に駆け寄った
               しかしその人が言うには 
      自分は幻でしかない、だから君に触れることすらままならない
       しかし自分は死んではいない、今もどこかで生きていると
              その言葉を聞いて少年は喜んだ
    もしかしたら死んでしまったのかも知れないと薄々思っていたからだ
                そして少年は言った
           
              あなたが今、目の前にいる
      たとえそれが10分後には消えてしまうかもしれない幻でも
              こうやって手を伸ばせば
          触れることのできるかもしれない場所に

                今 あなたが・・・

        少年が言い終わった瞬間その人は消えてしまった
            そして少年は今も旅を続けている
            本物のあの人に会えるその日まで

 
                 ~END~

さていかがだったでしょうか
なんか自分じゃうまくできたのかどうかわからないので
感想をコメントにておねがいします^^
さて今回はこの辺で
(・3・)ノシ バイバイ
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俺の一言 「馬鹿みてぇw」

2009-02-01 21:05:39 | Weblog
きてます、きてます、俺きてます。どうもレミです^^
さてさて今回はすずのリクに応じて書いてみますよ^^
ついでにじょーすまん、あのリク無理www
ってことでいきますよ^^


             ~記憶と思いと約束と~   
                 
        あるとき僕は恋をした、それは悲しく切ない恋
       僕は中学生のときを境に死ねない体になってしまった。
         そして僕が生きてる限り世界は崩壊をし続ける
            最初は色々な方法で死のうとした
        しかしどの方法でも僕を殺すことはできなかった
         そんな僕が死ねる方法はただ1つだけだった 
          それは相思相愛の相手に殺されること
        そんな運命に絶望しているとき1人の女性が現れた
        その女性は世界を救うために僕を殺しに来たと言う
          その女性に自分を殺す方法をつたえた
          何故伝えたのは自分でもわからない
     きっと助けを求めることとあまり変わらないことなんだと思う
      その女性はいくつか殺す方法を試したがどれも無理だった
       しかしその女性はあきらめず一緒に暮らすことになった
        共に生活している内に僕は彼女にひかれていった
         そして彼女もいつしか僕を好きになっていた
       そして再び彼女は僕を殺せるか試したいと言い出した
          そして彼女は刃物で僕の体に傷をつけた
      普段なら傷ついた瞬間癒えるはずなのに一行に癒えなかった
          これで僕もやっと死ねると思ったときに
            彼女はそれ以上何もしなかった
             彼女は僕に生きろと言った
            僕にはそれが理解できなかった
           彼女はそして1つの約束を言った
 
          今は生き抜いて命の重さを学んでみて
             そしたら必ず殺してあげる
           高校の卒業の日、満開の桜の下で

          そして僕の前からその人は姿を消した
            そして今も僕は生き残っている
    あの人が生きているのか、どこにいるのかそれは全然わからない
        しかし僕はあの人のことを忘れてはいけない
  多分僕があの人を記憶から消せばあの人は完全にいなくなってしまうから
       だから僕はあの人の約束を信じて今日も生きている

                ~END~

なんか今回は考えをうまく文章にできたか微妙ですw
僕とか書いてるけど俺のこととか勘違いすんなよ
そんな不死身な能力もってないからw
じゃあ今回はこの辺で^^
(´∀`)ノシ バイチャ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俺の一言 「もぉ もたねぇ!」

2009-01-31 01:45:27 | Weblog
さてさて更新のお時間ですよ^^
こんばんわレミですw
さて仕事がしんどくて体痛いけどない頭振り絞ってかきますよ
今日はこんなのでいきましょう

              ~世界の価値は~

            ある日、少女は夢を見ていた
          それはとても・・・とても・・・長い夢
        夢の中で少女はお金持ちの家に生まれていました
          もちろんその少女は違和感を覚えます
         自分はどうしてこんなところにいるのかと
          少女はこれは夢だと思っていました
        しかしいつまでたっても元の世界に戻りません
        やがて少女はだんだん不安になってきました
   元の世界では少女は両親をなくしそのうえ貧しい暮らしをしています
     しかしこの世界では両親もいて裕福な暮らしを毎日できます
        少女はだんだんこの世界が良く見えてきました
        しかしあるとき少女は気づいてしまいました
   この世界は裕福だけど友達がいない、元の世界のように仲間がいない
      元の世界では少女は仲間たちと助け合って生きていました
      その仲間たちは少女にとってかけがえのないものでした
          そしてある日声が聞こえてきました
          元の世界に帰りたいか・・・・・と
     少女は帰りたがりました。そして変える方法を聞きました
     しかしその声は変える方法まで教えてはくれませんでした
     その代わり時が来たら教えようと約束をしてくれました
          その少女はそのときを待ちました
     そしてある日また声が聞こえ帰る方法を教えてくれました
            それは実の両親を殺すこと
        少女は絶句し他に方法はないかと尋ねました
          しかし他に方法などなかったのです
         少女は悩みました、もう苦しむほどに
     しかし夢の世界のままいるという選択肢もあったのです
             その声は言いました
      もしどちらも選ばなければこの世界にとどまります
   しかしその場合積極的に選んだときとは違う生き方になるでしょう
         そしてそれを選べるのは明日の日没まで
  積極的に選んだ世界ならあなたはどちらの世界でも幸せになれるでしょう
         だから迷いなさい、幸せをつかむために 
       どちらの世界を選んでも誰もあなたは恨まない 
          そう言って声は消えていきました
      そして次の日、少女は元の世界で目を覚ましました
        少女は悩んだ末もとの世界を選んだのです
 しかし少女は自分の両親を殺したのではないかと激しい絶望感に包まれました
       けれども少女は両親を殺してなんかいなかった
           仲間の1人に夢の話をすると
    両親がいない世界を選ぶことが親殺しなんだと教えられました
      それから少女は選び抜いた世界で幸せに暮らしました

               ~END~

今回は趣向を変えてみましたがどうだったでしょうか
まだまだ文章が未熟な点もありますがお楽しみいただけましたでしょうか
さてそろそろコメント又はメイプルの中でもいいんでリクエストを受け付けたいと思います
書ける!と思ったらすぐその案で書いていくので皆さんどうかお願いします
できればリクエスト内容は「恋愛」とか「仲間」とかみたいな単語の方がありがたいです
では皆さんお待ちしております
(´∀`)ノシ バイチャ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俺の一言 「ガンガンいこうぜ!」

2009-01-28 21:23:44 | Weblog
さてさて今日もこんにちは
どうもレミです^^
レミのブログだからお前しかいないって?
うるせ-よw思いついた話以外に書くことがないほど退屈な毎日なんだよ
ってことで早速いってみよー^^

               ~許し許されず~

       あなたが世界を許さなくても私があなたを許しましょう

       世界があなたを許さなくても私があなたを許しましょう

      しかしどうしたらあなたは私を許してくれるのでしょうか?

    いくら私が謝罪の言葉を述べようとあなたは私を許してくれません

           しかし私には謝ることしかできません

        しかしあなたは私がそれ以外もできると思ってる

      けれども言葉しか届けられない私には謝ることしかできない

       だから今日も、明日も、明後日も私は永遠に謝り続ける

        ・・・・・・・・ごめんなさい・・・・・・・と

                ~END~

ハッハッハ楽しい話を書くことができないwwwww
なぜかこういう系の方が思いつくんだがww
まぁ楽しいことも思いついたら書くわ^^
じゃあ(´∀`)ノシ バイチャ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加