黒猫亭日乗

題名は横溝氏の「黒猫亭事件」と永井荷風氏の「断腸亭日乗」から拝借しました。尚掲示板が本宅にあります。コメント等はそちらへ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さくらのつぶやき~流星の絆

2008年11月28日 | Weblog
こんちはニャ。ワシ、さくらニャよ。
今夜はドラマの「流星の絆」を放送する日やんニャ、確か。かあちゃんが見たり見んかったりでワシらもくわしぃには判ってないんやけんど、原作は去年直木賞をとった、超有名作家サンらしい。コノ原作を読みたいとかあちゃんは思ぉたらしいねんけんど、図書館では300人近くが予約待ち状態なんやって。そんなん、どない思ぉても一年や二年は待たんなんやんかぁ。そないしてたら兄ちゃんがその本を買ったとかで、かあちゃんも今無事に原作本を読んどる。
かあちゃんがなんで原作を読みたくなったかちゅうのには、いささか理由があんねん。それっちゅうのもあまりにも雰囲気が妙やったから、ゆうねん。この原作者の東野サンちゅう人はがっつりとした、読み応えのあるミステリーを書くゆうて、かあちゃんが今もっとも信頼してる作家サンの一人。そやのに、ドラマの方はなんかがちゃがちゃとあわただしぃて、がっつりミステリーを愉しむ雰囲気やないらしいネン。
かあちゃんに聞いたトコロ、原作はちゃんとしたミステリーちゅう話やから、コレは脚本家のクドカンさんの影響やねんやろニャ。ユーモアとシリアスとをうまく取り入れる人気脚本家サンやねんけんど、コト東野作品に限っては合ぉてなかった、ちゅうトコやろか。
写真は流星・・・やのうて、何かを見上げるうめ。


本宅はこっちニャよ。気がむいたら寄ったってニャ。→黒猫亭日乗
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほぼ日勝手に宣伝  | トップ | さくらのつぶやき~冬の芽 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。