多摩のお散歩

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
 自然豊かな多摩地区、そこには歴史の宝庫の神社仏閣もありますね。

末社の機(はた)神社とは

2016-10-18 16:54:32 | 日記

末社の機神社です。

この前には、このような案内板があります。

「機神様」は、蕨地方(現在の蕨市域や川口市芝地区など)を一大織物の町とした功労者、「二代目高橋新五郎・いせ夫妻」と新五郎が信仰していた「関東宮」(住吉神社とも徳川家康とする考えもある)を合祀したものです。

 

この蕨市周辺を織物の一大産地とした、「高橋新五郎・いせ夫妻」の遺徳を偲ぶ神社です。社名は「機神社」、または「機神様」とも呼ばれています。高橋新五郎が信仰していた「関東宮」とともに合祀した神社となっています。お社は塚越稲荷社境内にあります。

                                                                     つづく

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その神社の名称の由来とは | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。