地図を楽しむ

地図と共に歩く。里山歩きや、ウオーキングに、そして時には読書に・・・

日欧がEPAで合意

2017-07-08 | 日記

日欧がEPAで合意

 

日本と欧州連合(EU)が経済連携協定(EPA)で合意した。


経済規模で世界の3割近い自由貿易圏が誕生する。

これで、EUとの貿易品目の9割以上が自由化になる。

 

市場開放が進むと、日欧の経済を底上げする効果が見込める。

資源が乏しく「貿易立国」日本の自由貿易は極めて重要な意味を持つ。

 

日欧の貿易が活発になれば、

米国は日欧向けの輸出で不利になり、米国ではTPP復帰論などが出てくる可能性もある。

英国のEU離脱でも、EUの対日輸出が増えると、英国の「反EU」機運の拡大が防げる。

米英ともに、自由貿易の大切さを再認識するのでは、

 

日本は、高関税で農業を守ってきたが、衰退に歯止めがかからなかった。

保護だけではだめだ。

競争力を高める政策こそが必要なのだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 気象情報 頻発する豪雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。