地図を楽しむ

地図と共に歩く。里山歩きや、ウオーキングに、そして時には読書に・・・

電気自動車の課題

2017-07-13 | 日記

電気自動車の課題

 

フランスのマクロン新政権が、

2040年までに二酸化炭素(CO2)を排出するガソリン車の販売を禁止し、

電気自動車(EV)の普及を加速する。

 

この「脱エンジン」政策は、

日本を含む世界の自動車産業の行方に大きな影響を与えるだろう。

また、中国で深刻な大気汚染の解消にもなる。

 

一方、いくつか課題もある。

電池のコストがエンジンに比べて高く、距離も短い。

電池技術の改良や量産化によるコストの大幅低減も必要

ガソリンで生きてきた国々の対応は

温暖化対策として発電時に発生するCO2も勘定に入れて考える必要がある。

 

CO2排出の少ない原子力発電の比重が高いフランスが電動化に動くのは、

この観点からも理にかなっている。

 

長生きして、水素エンジンの時代を味わいたいものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気象情報 頻発する豪雨 | トップ | 劉氏の死が警告する人権問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。