地図を楽しむ

地図と共に歩く。里山歩きや、ウオーキングに、そして時には読書に・・・

「迷子の土地」生かす法制度

2017-06-15 | 日記

「迷子の土地」生かす法制度

 

所有者がわからない 「迷子の土地」 が増えている。


 かつては土地を資産とみる人がおおかつたが、

 地価下落で土地を保有する魅力が薄れているようだ。


 所有者がわからなければ固定資産税の徴収も難しくなる。

農地の規模拡大や地籍調査でも障害になっている。

 

土地を取得したり、相続したりする場合は新たに登記しなければならないが、

それは義務ではない。

そのために

管理する手間やその費用を避けるために登記をしなかったり、相続放棄したりする人が増えている。


義務にすれば、いいではないか。

税収はふえるし、大規模化も推進できる。

どうして推進しないのかな~

 


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米ヤフー「解体」 | トップ | 「共謀罪」法 成立 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。