地図を楽しむ

地図と共に歩く。里山歩きや、ウオーキングに、そして時には読書に・・・

諫早湾干拓

2017-04-18 | 日記

諫早湾干拓

 

まだ争っているのか。 

専門家の調査の結果は? 

 

国の干拓事業で諫早湾が鋼板で閉め切られて20年になる。

“むつごろう”も生活しにくいだろう。

 

今なら、干拓事業等、発案されないだろう。

当時は米がなくって困っていた。八郎潟もコメ問題で干拓されたが・・・・

 

それだけに、早く結論を出し、新しい方向へすすんんだら。

 

長崎地裁は潮受け堤防の水門を開くのを禁じる判決。 

福岡高裁は両者の因果関係を認め開門を命じた。

 

開門の約束を果たさないことの罰金として国が漁業者側に支払う間接強制金総額は10億円を超えてるそうだが。

 

かつての「豊穣の海」を取りもどし、

“むつごろう”にも住みよい諫早湾に復活しては。

 

そのための専門家の意見を聞いては。

そして、その結論を尊重しよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たばこ対策 五輪にともる黄信号 | トップ | 韓国大統領選 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。