うちめし外めし旅ごはん      

お気楽モノの日々と食事や、重箱の隅つつきます ~SINCE 2005

2017年3月台北(4)

2017-04-21 | 旅 台湾 
のんびり台北日記は、早くも行ってから1ヶ月経ってしまいました。

〈2日目〉
朝食は豆漿にしたいので、ホテルは素泊まりです。
中正記念堂よりやや下(南)にある、鼎元豆漿へ。


メニュー一覧
漢字だから内容は理解できるのだけれど、発音は難しいんだな(笑)


手前が外帯:テイクアウトで、店内飲食は奥のカウンターで注文。


鹹豆漿と焼餅來蛋…合わせて60元(約220円)

焼餅はサクサクのパイ生地のようで、パラパラにこぼれないよう(もったいないから)
食べるのには、ちょっとテクニックが要ります(笑)
豆漿はかなりなめらかで、上品な味わいに感じます。

やっぱり鹹豆漿は美味しい♪

次の目的地は
日本統治時代に建てられ市指定古蹟の「萬華林宅」をリノベーションした、スターバックスコーヒー艋舺店へ
龍山寺に近い萬華区の店舗です。
台北の行政中心エリアを縦断しながら、ぶらぶら散歩です。

実は、帰りに外観だけ撮ったため、建物の正面やスタバのロゴやシンボルなど全く映っていない
かなり適当な写真になってしまいました。


邸宅の説明図が店内に飾られていましたが、こんな屋敷を建ててしまう林氏はかなりの名士だったのでしょう。

1階の注文カウンター 

天井が高いのでゆったり感がありますが、店員さんはスマホアプリ、スタバカード、電子マネー等々
様々な支払いに対応しなければいけないため、レジの前は結構ごちゃごちゃしていて忙しそうです。

2階の客席

さまざまなタイプの座席があり、テーブルの間隔が広く落ち着き過ぎるほど落ち着きます。
台湾とは思えないほど(失礼!)静かな雰囲気。
まぁ、平日の昼前で空いているということもあります。

しばし寛いだ後は、近くの繊維問屋街の雑多な喧騒を通り抜けバスで移動。


〈おまけ〉
緑:国内用 赤:速達&国際便

台湾のポストは、車道側からも歩道側からも投函できるものが多いです。
なんと合理的!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉っぱの味方 | トップ | しおこうじ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。