玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「素人」と「玄人」

2006年06月05日 | ネット・ブログ論
「小娘数人に破壊される日本文化とは」の続き。

「正しい日本語」の問題と、不用意にモーニング娘。を批判(あるいは誹謗)してファンを怒らせた問題とが絡まって大炎上してしまった政治ジャーナリスト・花岡信昭氏のブログ。

  花岡信昭ウェブサイト - my weblog : 「モーニング娘。」が日本語を壊した
  花岡信昭ウェブサイト - my weblog : 「。」と「、」と「遷移」
  花岡信昭ウェブサイト - my weblog : 「モーニング娘。」に関する記述について


「…。」という書き方(カギカッコ内における文章の最後の句点)は日本語として間違っている、と断定

これは単純に花岡氏の思い込みによる勘違いである。コメント欄で指摘されているように、文豪と呼ばれる作家が「…。」を使っていたり文部科学省の規定では「…。」表記が正則だったりする。漱石と鴎外と文科省をまとめて日本語の破壊者と断じるのはさすがに無理がある。花岡氏は新聞・出版業界の慣行を普遍的な「正しい日本語」と思い込んでしまったようだ。
ちなみに、私自身は「…。」という書き方は使わない。読者として「…。」表記を見たときに「間違っている」とは思わないものの「なんだか読みにくい、テンポが悪い」と感じる。


みずほ銀行のサイトで使用している「遷移」について、一般的な用語ではないと断じた

間違った主張とは思わない。Googleで検索してみると約 4,160,000 件のヒットがあるが、大部分は技術的なテキストであって日常的な口語・文章語として使われてはいない。私もこれまで遷移という言葉を口にした覚えがない。


「…。」問題に関して「考えてみれば、「モーニング娘。」が、いけないのだ。名前に「。」をつけたことがきわめて効果的に作用したように思える。」という不思議理論を主張

単なるトンデモ。あるいは与太話。
「モーニング娘。のおかげで日本は景気回復した」と主張するのと同レベルのナンセンス。
まさか花岡氏も本気でこんな馬鹿げたことを信じているわけではなかろう。
もし本当に本気なら、花岡氏をかのthessalonike4氏と同じ「奇妙なことを大真面目に語る人」のカテゴリーに入れなければならない。
花岡氏のユーモアのセンスは決して褒められたものではないが、こんなナンセンスに対し大真面目に怒って(?)批判する人たちもどうかと思う。


「遊び心」でモーニング娘。を「歌は下手でダンスもまずくエンターテインメントの域には達していない」と批判

「歌は下手でダンスもまずく」というのは花岡氏の主観だからどうでもよい。
そもそも、1946年長野市生まれの政治ジャーナリストがモーニング娘。の価値を理解できると期待するほうが無理である。花岡氏は団塊の世代、しかも真面目な県民性で知られる長野県の出身だ。つまり筋金入りの堅物オジサンである。楽しくてかわいらしいモーニング娘。との親和性は限りなく低い。
「ちゃんと見てから批判しろ」とか「批判の根拠を示せ」と怒っている人もいるが率直に言って「エネルギーの無駄だなあ」「なんて不寛容なんだろう」と呆れてしまう。花岡氏は政治ジャーナリストであって芸能評論家ではない。責任を問われるほどの影響力があるとは思えない。単なる素人の感想として聞き流せばすむことだ。
蛇足だが、素人というのはある意味最強である。高級ワインを飲んで「これ飲みにくくてまずいね」と言ったり、フェリーニの映画を見て「退屈で寝てしまった」と言っても「素人だからしょうがない」で許されてしまう。これがワイン通や映画評論家なら大恥をかくところだ。好き勝手を言える素人は強い。

むしろ私は「エンターテインメントの域には達していない」という言葉が気になる。モーニング娘。は最初からエンターテインメント(バラエティ)番組の企画によりエンターテイナーとしてユニットを組んだのだから、「域に達する」とかそういう問題は最初から存在しない。最初から域内にいるのである。エンターテイナー以外の人(たとえばジャーナリスト)がエンターテイナーの真似をしようとして失敗したとき「エンターテインメントの域に達していない」と批判するならわかるけれど。
花岡氏の文章では「エンターテインメント」の前に「高級な」とか「大人の鑑賞に堪える」といった枕をつけてようやく意味が通じる。花岡氏はエンターテインメントについては素人でも言葉については玄人なのだから、意味のわからない文章を書いてもらっては困る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小娘数人に破壊される日本文... | トップ | 謝罪を要求する人たち »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆやま)
2006-06-05 22:14:15
はじめまして、ちょくちょく読まさせてもらっています。



> このごろ「言葉のチカラを信じたい」だったか、やたらと宣伝コピーとして言葉の重要性を強調している。



花岡氏がここまで知っていながら、朝日新聞が「ジャーナリスト宣言。」を使っていることに思い当たらなかったのが不思議でなりません。

http://www.asahi.com/information/

Unknown (N)
2006-06-05 22:51:39
しかしブログって難しいですね。

これが中高年層ターゲットの雑誌ならまったく問題無くスルーされてたでしょうに。



今までマスコミは多少の間違いがあっても、クレームは一般視聴者には見えないので、ほっとけば消えるものでしたが、ブログではコメントがコメントを呼び炎上してしまいます。

これからマスコミ人で心ある人にはブログにどんどん挑戦してって欲しいですね、当然コメント欄を開いて。

非難することには慣れてても非難されることが無い今のぬるま湯状態のマスコミでは得ることのできない経験でしょうから。



これを乗り越えて良い記事を書いて欲しいです。(偉そうですねw)
花岡氏 (煬帝)
2006-06-05 23:14:49
「娘。」についてよく知らないんだったら話のダシに使わなければ良かっただけなのに。



あの命名にはちょっとした由来があるので、それを知ってる人間には「無知な人間が肩書きを上から振りかざしてる」と見えるでしょう。



日本語を壊してるのはむしろテレビのニュースなんかじゃないかと思う今日この頃。

変な言い回しのアナウンサーや間違った表記のテロップはもう当たり前です。

常識の無いディレクターがもう第一線にいるんだなあ、と嘆くことしきりで。
これもエネルギーの無駄 (不寛容な人(RM))
2006-06-06 00:05:21
A 考えてみれば、「モーニング娘。」が、いけないのだ。

 ここで大きく話を飛ばしています。これはいわゆる「ボケ」でしょう。



C ・・・などと目をつりあげるのもどうかとは思うが、日本語の乱れにもっと関心を持ちたい。

 最後で自分で「突っ込み」を入れて締めてます。



AとCだけならば「ネタ(冗談)」として成立しますが、その間に挿んだ、



B 歌もへただし、ダンスもひどい、とてもではないがエンターテインメントの領域には達していない現代的な娘たちの集団だが、

 これは本人も認めているように、まったくよけいなことでした。単なる悪口です。



だから本人は「ネタ(冗談)」のつもりで語りだしたのでしょうが、Bを語りだした

途端、客がドン引きして結果的に「ネタ(冗談)」として通じなかったと言うことです。

三流の芸人レベルです。



同じスベるのでも、一流芸人と若手や素人のお笑い好きでは意味が違うと思います。

貴方は「素人の感想として聞き流せ」と言いますが、花岡氏はその経歴から、ジャーナリストとしては玄人中の玄人です。

本人もその自負があればこそ、「 日本語の乱れにもっと関心を持ちたい。」と言っているのでしょう。

こんないい加減な署名記事を書くのかよと、大真面目に怒って批判する人がいても仕方ないでしょう。



花岡氏は、ひねくれていい加減な人間、ではないようで素直に謝罪しました。好感が持てます。



コメントは結構です。

エンターテイナー失格 (玄倉川)
2006-06-06 00:44:00
>ゆやまさん

こちらこそはじめまして。

朝日の「ジャーナリスト宣言」は噴飯ものですが、花岡氏の今回の炎上を見ると、大衆の心理を読む能力では産経より朝日のほうが一枚上かな、と思ってしまいました。



>Nさん

「正論」のコラムなら普通に受け入れられてたでしょうね。

花岡さんのブログはときどき「あれ?」と思う記事もありますが(偉そうですね)、お人柄のよろしい方ですから炎上にめげずに続けてほしいです。



>煬帝さん

藪本さんもそうでしたが、マスコミの人はネットではずいぶん迂闊ですね。

ネットの双方向性がよくわかってないみたいです。



>不寛容な人(RM)さん

花岡氏は「エンターテイナーの域に達してない」実例を身をもって示しました。

もしかしたら高度なギャグなのかもしれません。
Unknown (ゆやま)
2006-06-06 01:06:17
>玄倉川さん

「ジャーナリスト宣言。」は「。」をわざわざ付けています。

前のコメントの最後に朝日新聞のURLを貼り付けておいたのですが切れてしまっていました。文意が上手く伝えられなかったようです。
 (玄倉川)
2006-06-06 01:15:34
ゆやまさん、ご指摘ありがとうございます。

私にとっては「ジャーナリスト宣言」でも「ジャーナリスト宣言。」でも大して違いはありませんが、余計な。を日本語を壊す大問題とお考えの花岡氏なら見過ごしてはいけないポイントですね。

そういうところにも花岡氏の迂闊さがあらわれているような…。
私見 (☆★☆★)
2006-06-06 01:34:30
はじめまして。

冷静にしかもセンスよく分析されていて好感を持ったので書き込みさせていただきます。



大筋で同意ですが、一点見落とされている点があると思います。

それはあちらのコメントでも指摘されている、

「・・・。」の例として「モーニング娘。」を挙げた点です。

グループ名はモーニング娘。であり、「モーニング娘。」ではありません。

「・・・。」の形になったのは花岡氏(あるいは報道業界?)が勝手に「」で挟んだためです。

モーニング娘。が原因か否か以前に、まったくの言いがかりから始まっています。

恣意的にやっておきながらそれを日本語破壊の原因と言う、

その自作自演をおもしろがった人間も多数いると思われます。

うっかり思い込んだのか、読者に伝わらないユーモアだったのか。

ユーモアだったのならさぞがっくりでしょうね。



以上です。駄文失礼致しました。
Unknown (私もモーヲタですが)
2006-06-06 07:56:34
『モーニング娘。』に対するモーヲタのツッコミは正直どうでもいい。

「。」は99矢部が付けたとか、固有名詞、登録商標だとか。

ほとんどが狼と芸スポ板で娘。が誹謗中傷されたと聞いて

ちゃんと読まずに書き込んでる輩だから。



歌・ダンスが下手についても、ヲタなら誰もがわかってる。

というか逆に上手かったらアイドルとして成立しないし、

歌だけ、ダンスだけで食ってる人が困る。





結局は自称ジャーナリストのくせに調べもしないで批評したことが最大の炎上原因があり、

「歌は下手でダンスもまずく」が

「DVDを借りて見てみたが、歌は下手でダンスもまずく」

であればこんなことにはならなかった。

実際見て言ったのであればどんな立場の人だろうが個人の感想でしかないから。



同じく「エンターテインメントの域には達していない」も個人の主観なので

政治ばっかりやっててエンターテインメントがわかってないんだね、

もしくはあんたの好みに合わないだけだろということでしかない。



結局は例に出したのがまずかった。

例として相応しければ良いが例になってないし。

間違ってたのは例だけじゃないけどね
いやあびっくり (テツ)
2006-06-06 16:13:51
そんなところまでに気を遣って日本語をお考えになるなんて私には持ち合わせていませんでした。



文字からその真意を読み取ることは、時に非常に難しいとは思っていますが、「」や「。」ってまでは無意識のうちに使っています。



うーん私も気をつけて書かないとダメだな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ネット・ブログ論」カテゴリの最新記事

トラックバック

飛蝗と蛙 (pokoponにっき)
 飛蝗の生態研究なのか?の続き。  言語表現というのは、共通したルールに従っている。そのルールのひとつが「文法」だ。文法には2つの側面があるように思う。  ひとつは現実を合理的に説明できる法則という側