玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グロテスクな未来

2007年04月12日 | 代理出産問題
ニュースで向井亜紀氏と高田延彦氏の記者会見を見た。

…わけがわからない。彼らはいったいどういうつもりなんだろう。

asahi.com:代理出産の向井亜紀さん夫妻が会見 日本国籍取得を断念
 タレントの向井亜紀さん(42)が11日、米国人に代理出産してもらった双子の男児(3)との法律上の親子関係を認めなかった3月の最高裁決定の後、初めて記者会見をした。決定について「正直がっかり」と悔しさをにじませた。男児らの出生届を出すことを断念し、日本国籍は取得せずに米国籍のまま育てていくことを明らかにした。

 会見には、夫の元プロレスラー、高田延彦さん(45)も同席した。

 最高裁決定後、東京法務局から「2週間以内に男児の出生届を出さないと、今後日本国籍を与える機会はない」との連絡があり、11日が期限とされたという。

 しかし、向井さん側は出生届を出さなかった。法務局が、届け出の父親欄に高田さん、母親欄に代理出産した米国人女性を記入するよう指示してきたからだ。

 指示に従って「母親」とすれば、訴えられる可能性がある。代理出産契約で、米国人女性には男児の親としての権利義務を一切負わせないよう取り決めているためだ。

 また、最高裁決定の補足意見で、法的な親子関係を成立させるための選択肢として勧められた「特別養子縁組」をするには、子の「実の親」の同意が原則必要になり、やはり契約が壁となる。「高いハードルを感じている」と嘆いた。

 男児は米国人として外国人登録し、この春から幼稚園に通い始めている。このため、具体的には、特別養子縁組のうち外国人を養子とする「国際特別養子縁組」が考えられる。この場合、米国法上は実の親の向井さん夫妻が「同意者」になり、同時に申請者にもなるという不自然な形をとって申し立てることを余儀なくされる。

 「最高裁が特別養子縁組を認める余地はあると言った以上、申し立ては通るのではないか」とみる裁判官もいるが、家裁が認めるかどうかは、申し立ててみないとわからない。

 補足意見について、向井さんは「調べてみると、大雑把な提言だった」と落胆を隠さない。特別養子縁組の期限は、向井さんの場合、双子の男児が8歳になるまでだ。

 向井さんは「時間と労力をかけたのに得るものが少ない『社会科見学』だった」と裁判を振り返り、「代理出産に関する立法にあたっては、経験者の意思を聞いてほしい」と話した。


彼らが子供たちの戸籍取得にどれほどこだわっているのか全然わからない。
こだわってないのなら、最初から出生届を出す必要がない。
本当に必要だと信じるのなら、代理母を説得して、それがかなわなければ訴えられる覚悟で特別養子縁組に向けて突き進めばいい。
だが、向井氏と高田氏はそのどちらも選ばなかった。結局のところ覚悟も考えもなく行き当たりばったりの行動をしていただけとしか思えない。

高田夫妻のことはともかく、マスコミの生ぬるく甘ったるい報道姿勢は謎だ。
柳沢厚労相の「産む機械」失言にあれほどいきりたったマスコミ・フェミニスト・左翼・野党が代理出産について微温的なのはなぜだろう。高田夫妻への個人攻撃は控えるべきだが、一般論としての代理出産について「依頼する側」の論理・意見・感情ばかりを取り上げて「依頼を引き受ける側」の事情・負担・リスクを無視するのは全くおかしい。
契約社員問題を報道するのに「派遣会社」「派遣先」の声ばかりを聞いて契約社員自身の苦しい状況を伝えなければ欠陥報道だろう。
依頼する側と引き受ける側が逆の場合を想像してみればいい。「アメリカ人の金持ち夫婦が貧しい日本人女性に代理出産を依頼した」場合に、果たしてどれほどの日本人が美談と思うだろうか。

美辞麗句を剥ぎ取れば、代理出産とは社会的・経済的強者が弱い立場の女性を「産む機械」として利用することに他ならない。
私はそんなグロテスクな未来を決して望まない。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立花隆に勝った | トップ | 代理出産=「寄生出産」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんだ、ただの甘えか (安部奈亮)
2007-04-12 09:02:43
 なるほど、これでやっとわかりました。彼等の頭の中では米国の法律の方が優先しているんですよ。

 歪んではいるけれど、ある意味非常に日本人らしい。このままだと外部(米国)に迷惑がかかるから、法律を枉げろ、察しろと司法に強訴している。

 結局国に甘えているのです。ちゃんと日本の法律もチェックしてから代理母出産を頼むべきでした。そのようにして子供の国籍を確保してから、戸籍の実の母親を向井千秋に治せ、という訴えを起こしたのなら、裁判所もまた違った判断を下したはずです。裁判官は手続きというものにうるさいからです。

 何の見込みも無しに突っ走り、その結果一番の弱者である子供に迷惑が降りかかっている。裁判官が夫妻に心証が悪くなるのは当然といえます。
Unknown (rice_shower)
2007-04-12 13:58:29
婚約会見だっただろうか、向井は高田と会った時、「この男の遺伝子を残したい」と思った、と語っていた。 旧くからの格闘技ファンの私には、これがとてもよく理解できた。 高田の肉体、運動神経、メンタリティが格闘家の一つの理想形だったからだ。 自身も美しい向井は、「私がこの美しい男の子供を産みたい」と切実に思ったのだろう。 
不幸にも、妊娠検査と同時に子宮癌が発見され、直ちに中絶して癌摘出手術をすべし、との医師のアドバイスを彼女は拒否し、癌摘出手術と平行して、妊娠を続行する。 このあたりの向井の悲壮的な決然には鬼気迫るものがあった。 結局、最後は母体か胎児かの二者択一を迫られ、向井は子供と子宮を失う。  こういう背景を知っていたので、高田夫妻が代理出産で子供を授かったと聞いた時、素直に「あぁー、良かった」と思った。 あくまで、“私的な特別の物語”として感動した人々が決して少なくなかったはずだ。 
ところが高田夫妻は戸籍に執着しだした。 “私的な特別の物語”を日本社会は法的に受け入れよ、標準化せよと言い出した。 そうなると事は、phaseの全く異なったイシューとなる。 貴兄の問題提議は的を射ている。 
例えば、臓器移植が一般化したが為に(即ち脳死を死とした為に)、移植に頼らない治療、脳死からの生還についての研究などが顧みられなくなっていると聞く。 事は法理、倫理に留まらず、医療の未来をも左右する。
高田夫妻の気持ちは分かる。 が、自分達が子供を欲した原点に戻り、二人の男の子をりっぱな格闘家に育ててくれ。
Unknown (Unknown)
2007-04-17 06:40:27
代理母側の情緒に感情移入するのも、グロテスクには
変わりないですが。感情論で決めるなら大岡裁きでいいじゃん(笑)
個人的な意見を言わせてもらうと
DNAなんて塩で書かれた設計図程度にしか
思ってないので、むしろ血肉を与え、レトロウィルスを継承する代理母のほうが産まれた時点では
生物学的に優位だとさえ思うのだが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
向井亜紀、最高裁敗訴 悔しまぎれの会見 (ぶるうすかい blueskyblue の保健室)
代理出産問題 向井亜紀さん夫妻会見 最高裁決定後初めて感想を述べる  タレントの向井亜紀さん(42)と元プロレスラーの高田延彦さん(45)夫妻は11日、東京都内で記者会見し、米国での代理出産でもうけた双子(3)の出生届の不受理処分が確定した3月の最高裁...