玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

片翼だけの包囲戦術

2005年10月08日 | 「世に倦む日日」鑑賞記
いろいろな意味で注目している「STOP THE KOIZUMI - 改革ファシズムを止めるブロガー同盟」だが、拠点サイト提唱者のブログを見る限りでは40~60(ちゃんと数えたわけではないが)のブロガーがthessalonike2氏に参加を認められたり参加の意思を明らかにしているようだ。
この数をどう見るか。もし私が「河村たかしを総理にするブロガー同盟」を提唱したとして、参加してくださる方は2桁いくかどうかおぼつかない(河村たかし、注目度低すぎ)。その意味ではさすが「世に倦む日日」は人気ブログである、あるいは小泉さんの(逆)人気ぶりはすごい、と言っていい。だが、ブルーリボン運動やホワイトバンドに比べると勢いやアピール力においてかなり引けを取っているようにも見える。
私には数よりも参加ブロガーの同質性が気になる。彼らは奇妙なほど「左寄り」ばかりだ。せっかくthessalonike2氏(世に倦む日日)が「右翼とも手を組んで小泉を倒す」という斬新なアイデアを明らかにして同志を募ったのに、集まったのが左の人ばかりではさぞ残念なことだろう。司令官が小泉包囲戦術を発令したのに左翼軍ばかりで右翼には誰もいない。
「STOP THE KOIZUMI - 改革ファシズムを止めるブロガー同盟」に参加されたブロガー諸氏は、「反小泉」の思いを同じくする右翼ブロガーの懐に飛び込んで、彼らが同盟に加わるよう虚心に説得すべきだ。thessalonike2氏がいくら知性に富み雄弁であってもやれることには限界がある。本当にthessalonike2氏の意図を理解し協力するつもりがあれば、左翼どうしで意気投合しあっている場合ではないはずだ。右翼の友軍を求めて奮起せよ反小泉左翼ブロガー。

…とアジテートしてはみたけれど、私自身は左翼と右翼のコラボレーションをプロデュースしようとするブレイブハートなブロガーのチャレンジングでディフィカルトでミザリーでディスペラートなスラップスティックを見物したいと願う単なる野次馬なので、あまり本気に受け取らないほうがいいかもしれない。

私が「世に倦む日日」に送った2件のトラックバックは消されてしまった。単に野次馬の雑音にすぎないTBだから消されたことを抗議するつもりはない。私自身としては好意的な野次のつもりだったので少し残念ではあるが。私と同じように面白がっておられる松岡美樹さんのトラックバックが消されずにいるのも不思議である。理由はネームバリューの差、と思うのは邪推か。
この記事も一応ここへトラックバックするが、どうせまた消されるんだろうなあ。
コメント (20)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呉越同舟ならず | トップ | 皇位継承問題と「不滅の法灯」 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LOU)
2005-10-08 12:05:50
>…とアジテートしてはみたけれど、私自身は左翼と右翼のコラボレーションをプロデュースしようとするブレイブハートなブロガーのチャレンジングでディフィカルトでミザリーでディスペラートなスラップスティックを見物したいと願う単なる野次馬なので



ここ、パロディですね。。(笑



ある意味、パロディとか諧謔とか自虐ネタとか、そういう「アソビ」がないのがテサロニケ氏+ブロガー同盟諸氏の同質性ですね。



小泉をファシズムと規定する作戦の是非はともかく、誹謗中傷までいかない異論や素朴な感想すら排除する潔癖さは、市ヶ谷で自衛隊員に野次られた挙句に凹んでハラキリする三島の孤高ぶりに通じますね。バナーにするだけあるなあ~。



「左右共闘」じゃなくて「新右翼・新左翼共闘」というニュアンスの方がすっきりする気がします。
Unknown (佐倉純)
2005-10-09 00:03:36
私も自分のところで書いたエントリをトラックバック送信してみました。

やはり消されてしまいました。

あちら世界の人から見たら、玄倉川さんも私も同じ世界の住人扱いされているようです。
反対意見抹消は洗脳の証明 (まったり)
2005-10-09 00:50:02
一連のエントリーを楽しく読ませて貰いました。

私も選挙の際には小泉自民を支持していましたから、彼らからはしばしば喧嘩トラバが送られてきました(笑) 反米一辺倒という点で、彼らの核になっている数ブログは中共の工作員の臭いがプンプンとしています。



>2件のトラックバックは消されてしまった。

トラバを消した時点で終わりだと言う初歩的なことすら解っていないのが何とも哀れですね。自分らの言っていることに自信があるのなら反対意見こそ、あえて放置しろと。洗脳の条件は反対意見に触れさせないことですから、彼らの本質を彼ら自身が認めてしまっていることになります。

民主党が「対案」にたいして自民党から突っ込まれまくって逆切れした時に小泉さんが「あなた達も少しは私たちの気持ちがわかったでしょう」という趣旨のことを言っていましたが、批判派反対派に共通するのは、攻撃一辺倒でガードが甘過ぎということなんですよね。はじめから論理が砂上の楼閣ですからそれも仕方のないことですが(笑)
昨日はレスありがとう (Minato)
2005-10-09 02:29:44
僕は思想的にはリベラルだけど、今回は小泉を支持した。

宮台氏の二段階革命論が最も感覚的にフィットする人間です。



日本に真のリベラルを根づかせるためには、

社民共産・民主左派・例のプログ同盟みたいな頭の古い左派の撲滅が何よりも大事だと思ってる。



左右共闘してるのは、実は僕達の方かもしれないね。

コメントありがとうございます (玄倉川)
2005-10-09 11:24:41
みなさんコメントありがとうございます。



>LOUさん

彼らが真面目なのはたいへん結構なんですが、ちょっとばかり視野狭窄ぎみ(控えめな表現)なのが惜しまれます。



>佐倉純さん

どうやら私はトラックバック受付拒否設定されたみたいです。

佐倉さんと私とでは結構考えが違うと思いますが、面白がりのところは似てますね。



>まったりさん

どうなんでしょう、私には「工作員」の影ってあまり見えないんですが。

そういう人がいないとは言いませんが(いや、必ずいるでしょう)、ほとんどの人は純粋に国を憂えているのだろうと思いますよ。方向性がちょっとアレですが。

自分の意に沿わないトラックバックやコメントを消すのは彼らの勝手です。しかしながら、消すことのメリットとデメリットをどれくらい分かっているか疑問です。



>Minatoさん

私も自称リベラルです。

自称リベラルですが憲法九条改正と男系皇統維持が持論なので、いわゆるリベラルの人からは仲間と認めてもらえそうにありません。

宮台氏は嫌いじゃないですが、民主党のエヴァ最終回風CMのアイデアを出した人だと聞いて、センスが10年遅れだなーと思っちゃいました。
Unknown (佐倉純)
2005-10-09 13:42:17
>Minatoさん

私なんかは自称保守ですが、異なる思想の方と話をするなら、玄倉川さん的なリベラルの方が話ができそうに思いますね。

だからここにコメントしたりしているわけですが。

リベラルと見られる人からみて「世に倦む日日」の主張ってのはどういう風に見えるものなのでしょうか。



保守の観点から見たら、彼等の主張ってのは、小泉首相という頭痛を抑えるために、青酸カリを混ぜた鎮痛剤を飲めと主張しているようで荒唐無稽でしかなかったりするのですが。



>玄倉川さん

思想云々は別にして、ユーモアを解する心がない、狭い心ってのは、視野を狭くしちゃいますね。だから「面白がり」(関西弁的には「いらんことしい」)に祭りにされたりするわけで。
私はどうやら左系リベラルらしいんですが(笑) (acoyo)
2005-10-09 16:17:54
横レスすいません。

>佐倉さん

だってそう呼ばれるんですもん(笑)。んで、「世に倦む日々」ですか。何かの折りに読んだりするんですけど、正直わかんないんですよ。

というか、いっぱい書いてらしていろんなこと知ってらっしゃるんだけど、思考の立脚点が読めない、と言った方がいいかなあ。多分、私の頭が悪いからでしょうが。



>玄倉川さん

呉越同舟ってのはまずもって、現実的すぎるくらいの思考ができるオルガナイザーが居ないと無理ですからね。そういうヒトってのは、野次馬をどう取り込んでシンパにするかと考える、いわば「悪魔」なわけですよ(藁)。

それに必要不可欠なのは佐倉さんのおっしゃるユーモアじゃないでしょうかね。

Unknown (玄倉川)
2005-10-09 18:50:53
>佐倉純さん

「いらんことしい」って、いい言葉ですね。関西の言葉にはユーモアがあるなあ。

視野が狭いのにアクセルを踏みたがるドライバーは下手です。前の車のテールランプだけじゃなくて、ずっと先の車やミラーを見て運転するのが上手なドライバー。

私の場合はよそ見しすぎてかえって危なかったりしますが。



>acoyoさん

あまり関係ありませんが、次世代DVDの規格争いでもめてますね。反小泉ブロガー同盟はどうでもいいけど、あちらのほうはちゃんとひとつの舟にまとまってほしいです。
僕の目から見た「世に倦む日々」の主張 (Minato)
2005-10-09 20:46:13
(1) 構造改革と郵政民営化



右と左、保守と革新って定義が難しいですね。

時々どっちがどっちなのか分からなくなる。



僕から見ると、世に倦む日々の主張はカチコチの保守としか思えない。

社民共産にも共通することだけど、「○○を守れ」の一本槍なんだよ。

「壊せ」の小泉がなぜ若者を魅了するのか、彼らには分からないんだろうな。



「貧富の格差のない日本」を理想とする点において僕も彼らも「左」なんだろうけど、

そのために構造改革が必要と考える自分は革新で、それに反対する彼らは保守だと思ってる。

郵政民営化に関する彼らの立場は、「どうして、いつもこうなるの?」と思いながら見てました。



(2) 「中韓と組め」の主張について



これはやや賛成。右の人たちには不評だけど、アメリカを信用してはいけないのは事実。

基本的には親米でよいが、いざとなれば中国とも組めるというカードは持っておきたい。

そのためには一定勢力の親中派は、国策として常に温存しておく必要がある。



ナンバー2は潰される、は政治の常識。

ソ連が弱体した80-90年代の日米関係は本当に辛かった。

中国の台頭は神風だったと思う。おかげでジャパン・バッシングが止まった。

対中経済援助を非難する声も多いが、僕は賢明な策だったと思ってる。

できれば中韓をおだててアジアの盟主を気取らせ、「21世紀のソ連」に仕立て上げたい。



「中韓と組んで反米する」のが世に倦む日々の主張だとすれば、

「中韓をそそのかして反米させる」が僕の持論です。金持ちケンカせず、ですよ。アメリカとも中国とも韓国ともね。



・・と、かなり長文になってしまった。わかりにくかったらゴメン。また書きたくなったらココに来ます。

わたしは単純に (LOU)
2005-10-09 21:33:42
テサロニケという人物のキャラが鬱陶しいだけかもしれません。



右だとか左だとか相手の立場はどうでもいいんですが、金子勝を批判したエントリーにあるように、自分が「ブログを作れと呼びかけたにもかかわらず無視して何も」しなかった「金子勝に鬱憤晴らしの罵倒を浴びせたい」という恐るべき自己顕示欲に辟易します。



権威主義は嫌いだけど、自分のブログを著名人が見ているとほとんど確信して文句を言うこの常人並々ならぬ神経がある意味驚異的ですね。
Unknown (Unknown)
2005-10-09 22:55:32
自分の気に入らないTBを消し、「中韓と組め」発言で右翼の神経を逆なでし、同じ左派の金子勝をこきおろしておきながら、



「政治とは同意を調達し、合意を形成し、多数を組織することである。」はないよなあ (笑)。

ばんわ♪ (松岡美樹)
2005-10-09 23:08:14
ネームバリューっちゅーか、玄倉川さんは「私は小泉支持だ」ってハッキリ宣言してるから削除されたんでしょ、それは。てか、私が送った新しいトラバも今日、削除されましたがw
Unknown (佐倉純)
2005-10-09 23:27:28
Minatoさま

お答えいただきありがとうございます。

十分理解できます。

我々のような保守派の感じることは、日本の国体をいかに維持するか、という視点なので、日本の歴史だったり伝統だったり皇室のことが関係していたりしますが、「世に倦む~」ではそういう観点がすっぽり抜けているようにも感じます。そういう意味では保守とは言えないです。



acoyo姐さん

私もよくわかりません。

とにかく「森を見て木を見てない人のようだ」くらいしかわかりませんでした。



松岡さま

こちらの陣営にカテゴライズされたわけですね。おめでとう(?)ございます。

あと拙ブログへもコメントありがとうございました。
Unknown (LOU)
2005-10-10 00:12:16
>Minatoさま



「カチコチの保守」という表現も分かりますが、単に「カチコチの旧世代」と言っても差し支えないかもしれません。



「壊せ」というPUNKな縦ノリはとっくに卒業された方なのでしょう。。

テサロニケ氏 (やすゆき)
2005-10-10 14:32:58
小五郎・竜馬の言葉「これからは新しい時代になるのだから、拙者貴公ではなく、僕君で呼び合おう」を引いて、互いに呼び捨てにしようと思う・・・自分に酔っておりますな。お近づきになりたくないタイプです。
Unknown (別スレ6124)
2005-10-10 16:13:06
 こちらでははじめまして。goriさんのところから参り

ました。



>>世に倦む日々

 彼は「保守」「革新」というよりは、所謂「大陸派」

なのでしょう。昔風に言うなら「大陸浪人」と言う方々

が合うのでは(具体的に言えば、児玉誉士夫等)。その

辺は呉儀副首相に関するエントリを見るとあからさまに

見えてくる気がします。



 で、日本は有史以来、大陸に密接な権益を持つ事が、

日本の国益に長期的に結びついた試しは無いのですが。

 尚、小泉首相は明らかに「海洋派」とでも呼ぶべき側

にある、と言う事は言えます。



Minatoさん:

>>中韓と組む

 そもそも挙げておられる二国は同盟を組む相手として

は、アメリカ以上に信用が置けませんが。日本にとって、

大陸側と結ぶよりは、海洋側と結ぶ方が利益を共に出来

る部分が多いからです。アメリカが信用できないから、

中国と組む、と言うのは感覚的には虫下しに毒薬を飲ん

でしまう、と言うのとさして変わりは無い気がします。

アメリカが信用しきれないにしても、もう少し共に利益

が出るような相手を考えるべきでしょう。
レスありがとうございます (Minato)
2005-10-11 00:33:27
>LOUさん



とっくに卒業したはずのPUNKな縦ノリに、連中はボコボコにされたわけですね。

世に倦む日々は蛇口論の是非をずいぶん気にかけてるようだけど (岡田さんもそうだった)、んなもん一般大衆は誰も気にせんよ。

郵政民営化の是非は、「役人天国ぶっ壊す!賛成か反対か?」にすり替えられてたわけだから。



>佐倉さん



用語の使い方がまずくてゴメンなさい。ただ世に倦む日々も、志士の夢を追う愛国者ではあると思います。

日本の<どのような>歴史を誇り、<どのような>伝統を守るべきかという点ではかなり隔たりがありますが・・・



>Unknownさん



日本外交のカギは、アメリカと組むか中国と組むかより、米中をいかに組ませないかかもしれません。

訂正 (Minato)
2005-10-11 00:41:47
>佐倉さん



用語の使い方がまずくてゴメンなさい。ただ世に倦む日々も、志士の夢を追う愛国者ではあると思います。

日本の「どのような」歴史を誇り、「どのような」伝統を守るべきかという点ではかなり隔たりがありますが・・・





佐倉さんへのレスで訂正です。不等号で挟んだ文字て消えちゃうのね。プログの使い方慣れてないもんで失礼しました。



歴史と伝統を誇らない愛国者なんて「黒い白鳥」と言ってるようなもんですね・・(^^;)



案の定トラックハックが消されてましたね( ´,_ゝ`) プ (abusan)
2005-10-12 11:41:09
勿論( ´,_ゝ`) プとしたのはあの提唱者の

ブログでしたが殆どママゴトの世界です。

こないだのサヨク連中に依る地球連邦構想が

どーたらこーたらと言ったものと同じ。



ま、お笑いネタとしては良いですが、真面目に

政治を考えるとしたら時間がないので無視すべき

事ですな。どうせピースボートの中でのお話の

ようなものですし、殆ど荒稽無唐!



しかし、サヨクってどうしてこんなにママゴト遊び

が大好きなんでしょうが、ママが重信房子だからか?
訂正 (abusan)
2005-10-12 11:44:24
タイトルの一部がトラックハックになってました。

一部濁点を付けてお読み下さいm(__)m



しかし、あそこに「トラックハック」できるものなら

「トラックハック」したいものですな(黒い感情)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
より生き良い社会を担保するもの (冷凍力の膳所狒々日記)
玄倉川の岸辺さんとこで知ったのだが、 STOP THE KOIZUMI(【改革ファシズムを止めるブロガー同盟】) 世に倦む日々 なんだこれは。いくら新自由主義が生きにくい社会でも、不自由社会の全体主義よりはまだマシだろう。最悪国家アメリカを無事追い出した所で、次に極悪国
Stop the KONEZUMI (いか@ 筑波山麓 『看猫録』)
Stop the Koizumi
理想と現実のバランス (もじもじスケッチ)
玄倉川の岸辺さま「片翼だけの包囲戦術」 おもしろい。以前「知的で紳士でクールな左
倒幕運動、あえなく自爆 (すちゃらかな日常 松岡美樹)
 さっそく玄倉川さんがトラバくれたんだけど、あまりにも予想通りの展開すぎて反応する気が起こらず…(笑) でもそうこうするうち佐倉さんからもトラバをいただき、当の筆者さんもトラバをくれたんでしょうがない。いちお反応しとこ。 ■世に倦む日日 『反小泉「左右共闘」
ガンバレ\"STOP THE KOIZUMI\" (Irregular Expression)
自民党が296議席を得て党内政権交代を成し遂げた9月11日の総選挙から一ヶ月。小泉政権は圧倒的な総選挙勝利を背景に、残り一年の任期で標榜する「改革」の速度を早めスムースな禅譲を行う為の最終着陸態勢に入ろうとしている。 というのがオレの現状認識。同時にそろそ
何もしなくてもブログはススム (sea_shore)
しばらく書けなかった。今週も書けそうにない。 秋の薫りを満喫することも出来
「革命」と「ファシズム」のアナクロニズム (Parsleyの「添え物は添え物らしく」)
 Yahooブログにて、マスコミ各紙各局のOBや、現役の解説者などからなるニュースブログ『メディア・レボリューション』が9月から立ち上がっていたことを、恥ずかしながら『ガ島通信』様のこのエントリーを拝読するまで、全く存じ上げなかった。月尾嘉男東京大学名誉教授...
ボケ必要論~民主が自民に勝てない理由? (D.D.のたわごと)
先月の民主党総裁選に関連して 民主党代表選 あれ,河村たかしは? 前原民主党,発進! あれ,河村たかしは? という記事を書いたことを見込まれたのか 先日よろずもめごと論さんからTBをいただき,それによると 「河村たかしを総理にするブロガー同盟」というものがある
理由もないので止めませんが…。 (* 園丁日記 *)
…これほどに注目された首相もいないな、 とか考えちゃいましたが、怒られそうですね。 このブログさんが応援されてましたので、 どういったことだろうか、と 一応はアクセスしてみたんですけども。 Irregular Expression ガンバレ\"STOP THE KOIZUMI\" http://www.wafu.ne
ちきゅう市民よ団結せよ! (Peace Powers!)
 「STOP THE KOIZUMI」旋風を巻き起こしているBlog「世に倦む日
[年金]演出:小泉純一郎 脚本:河村たかし/細野豪志 (BARBERSHOP ARGUMENTS)
今回の議員年金廃止、小泉総理大臣の鶴の一声で決まった感があるが、そもそもは民主党内からも「スタンドプレー」と言われ続けていた[http://takashi-kawamura.com/:title=河村たかし]・[http://goshi.org/:title=細野豪志]両議員の地道な活動によるものである。 そんな2人