クロカメ日記

カメを中心に読んだ本のこと、見た映画のことや日々感じたことを書いていきます。

蝉の声

2016-07-27 16:41:38 | 日記
 京都では、連日厳しい暑さが続いています。そんな中、少し気になっているのですが、ここ数日、急に蝉の声が少なくなっている様に感じます。今年は、早くから、暑い日が続き、蝉が出尽くしてしまったのかとも思いますが、少し不気味な気もします。何もなければいいのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クサガメのミミの技

2016-07-25 16:57:33 | ミズガメ
カメ友さんのMAKIさんのところで、少し前に書かれていましたが、我が家でも昨日、同じ事が起こりました!
ミズガメ達の水槽を洗う際、我が家では、ガレージにハムスター用の金属製のサークルを広げ、その中にカメ達を入れています。先日、MAKIさんのところで、クサガメのメスのぴぃたんちゃんが、そのサークルの継目を開けたと書かれていました。ぴぃたんちゃんは、産卵しようかと言う、大きなメスで、我が家で一番大きなクサガメのミミの倍以上の大きさがあるので、我が家の子では無理だと思っていました。ところが、一瞬目線を逸らして、サークルを見ると、イシガメのララが逃走!ええっと思ってよく見ると、サークルの継目が開いていました。キチンと閉めてなかったのかと思い、継目を閉めて、ララを入れました。そして、継目に居るミミを見ていると、僕の目の前で、前足を使って、器用に開けました!対策を考えないと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信長協奏曲

2016-07-24 16:10:44 | 映画


 戦国時代にタイムスリップして、信長と入れ替わり、信長が光秀となり、支える。しかし、信長に恨み持つ秀吉が天下を窺う。面白い歴史解釈でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満月の産卵ラッシュ

2016-07-24 06:04:57 | リクガメ
 満月を挟んでの産卵ラッシュも、ようやく一段落。キャンディー、スクランプ、パティー、本当によく頑張ってくれました。昨年産卵しなかったパティー、昨年は、全て掘らずに産卵したスクランプ。特に、産卵の兆候から、10日もかかってようやく産んだパティーは、本当に体力の限界が近づいていたと思います。
 一昨年、ペアーが3組になり、沢山の子が孵化しました。そんな中、どうしても子ガメに目が向いてしまっているのに気づき、秋から、もう一度、特に3組のペアーについて、集中してきました。異常産卵の原因を追究し、自分なりに対策を考え、実行してきました。今回の産卵で、元に戻ったものと考え、ほっとしています。5月になっても、誰も産卵しない状態になった時、対策が間違っていたのか?と自問自答したこともありました。そんなとき、キャンディーが1個産卵しました。やっぱり、キャンディーは凄いな!改めて思いました。そして、キャンディーは、6月にも産卵しました。しかし、7月になっても、パティーとスクランプは産卵しませんでした。周りのみなさんから、産卵のニュースが聞こえ始め、正直焦りました。しかし、自分を信じ、カメ達を信じ、ひたすら待ちました。僕が不安になれば、カメ達にそれが伝わり、悪い影響が出る。そう思っていたので、パティーが掘っては止めるを繰り返したとき、しまったと思いました。パティーは、とても繊細な子なので、僕の焦りが伝わってしまった、パティーには、本当に悪いことをしてしまったと思っています。

 実は、今、1匹、産卵床に居ます。ヘルマンのアニーです。アニーも一昨年の産卵以来、産卵していません。抱卵しているかは、微妙ですが、静かに見守ってあげたいと思います。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パティー、ようやく産卵!!

2016-07-23 05:16:00 | リクガメ
 一番早くから、産卵の兆候を見せ、掘っては止めるを繰り返していたパティー、ようやく、産卵しました!!


 卵は、5個!!

 昨日の朝、餌を食べさせているうちに、産卵床をもう一度整え、少し温度を下げる工夫をして、出勤。帰ってみると、掘った状態で眠っていたパティー。もう一度、産卵床を整え、眠りました。先ほど、様子を見てみると、土は平らになり、疲れた表情を浮かべたパティーが眠っていました。土の様子から、産卵している事は確実だと思ったので、掘り返す前に、まずは、パティーをゆっくり温浴させ、ケージへ。そして、土を掘ってみると、5個の卵を発見!!最初の兆候から、10日以上、掘り続けること3日、パティーの体力も限界に達しようかとしていたと思います。先ほど、温浴をさせながら、何度も、ご苦労さんと声をかけました。

 昨年、産卵をしなかった、パティー。スクランプ同様、昨年の秋から、特に注意深く、世話をしてきました。自分なりに、考えられる要因を1つずつ潰していきました。本当に些細な点でしたが、様子を見ながら、丁寧に実行していった結果、2匹とも無事に産卵してくれ、まずは、一安心です。

 今回の、立て続けの産卵!!僕も流石に疲れました。本当に、飼育者は体力勝負ですね!実感しました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加