クロキライディング

いつだってバイク

耐久性

2017年02月09日 02時32分52秒 | バイク


前オーナーさんから引き継いで1年と3ヶ月

知らないうちによく走っているなと思ったら、その間25000Kmも走っていたようでオドメーターは62000Km越



営業時間外の内容おまかせで少しずつ進めていまして



前後スプロケットやホイールハブダンパーなど一通りの消耗パーツは交換するのですが

そこは外車 遠くでトラブルが発生しても困る(お互いに)ので現状不具合は無くても

もう少し奥まで進んで確認と予防に努めることとなってしまいました。



スロットルケーブルひとつ切れてしまうだけでもツーリングは中断または中止

出先でバイクショップに駆け込んでも復旧できる可能性は極めて低いバイクですからココで発見できたのはラッキー 



スロットルボディーを外すとステンレスバンドの折損

折角だから周辺のラバーパーツもあれこれ交換





FUELポンプは国内外メーカー問わずリコール改修になることが多いのですがこのアドベンチャーはこれまでノントラブル

パーツリストによるとフィルターキットの設定が有ったので迷わず交換





2つのフィルターと全てのOリングが交換できるなんて珍しい



外から見た目ではわかりませんがかなりの部品を交換しています

思いつくところ全てを交換したわけではありませんけど、ここまでやっておけばツーリング先でトラブルが発生しても諦めが付くでしょう (~_~;)

ケーブル1本どころかモノによっては小さな電子パーツ1つが壊れてもツーリングを楽しく完結することはできないのだから

心配し始めると怖くて行けないですよ… ツーリングなんて 



それにしても「990LC8」  耐久性の面でも優秀だと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エアバック | トップ | 春の日帰りツーリング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。