クロキライディング

いつだってバイク

秋の一泊ツーリングー1

2016年10月11日 02時35分57秒 | ツーリング


朝起きたら本当にこの雨が上がっているとは思い難いくらい、昨夜は遅くまで雨が激しく降り続き

なかなか止まない雨音を聞きながら就寝


それでも 晴れてこそいないけど

朝一の天気予報でレインウエアを持って行かない判断をして集合場所へ。



予定していた別府ICまでの高速移動は止めにして、東九州道みやこ豊津ICで高速を降り

ダム建設で通るたびに景色の変わるR496で素直に英彦山越え

昨夜の大雨で「野峠」付近は落葉が大量に路面に張り付いていて

一瞬たりとも気の抜けない状況。



ココまで来れば一安心

峠を越えて以降 山国町へ向う下りは路面の舗装状態もまあまあで

トリッキーな下りコーナーが好きな人ならば楽しみながらクリアして行けます。


道の駅「やまくに」からはさらに快走ルート

地図上ではジグザグにルートを渡り、一旦 日田方面へ

熊本地震のあとずっと通行止めが続いていましたけど、先頃通行可能となったR212を敢えて走ってみて(というか移動)

早めのランチをとるため、道の駅「水辺の郷おおやま」



開店より少し早く、一番乗りの入店に成功

未だ誰も手をつけていない料理を好きなだけ…



僕の場合、早朝スタートのツーリング バイキング形式は要注意

お腹も空いているし、ライディングの緊張も緩んでついつい食べ過ぎてしまいます。



この後 2周目とデザート一通りをテラスでゆっくりと

1時間ほどの滞在中 空はどんどん明るくなって青さを増していきます。



この後もタイトでマニアなワインディングルートは沢山あるのだけれど

昨夜の大雨の影響もありそうなので、あまり山深くまでは分け入らず

開放的なルートで菊池まで… 国道なのにかなり良いペースで走ってしまいました。


これより南は地震による災害通行止めがあちらこちらにあるようなので要注意

熊本在住の990アドベンチャーからの情報と地図では発見することの難しい大規模林道の提案でルーティング

初めての大規模なワインディングを延々と走り続け「ミルクロード」の途中に接続





ミルクロードを駆け上がりながら右手に眺める「阿蘇山」

自然には逆らえないとは言っても、このタイミングで爆発的噴火なんて

噴火の影響を多大に受けてしまった地域の方には心よりお見舞い申し上げます。


一時は中止も考えましたが、地震以来の大分熊本ツーリング

必ず良い結果で終えてやろうと、昨日から仕事(作業)も手につかず

行き先のあちこちに連絡して状況を推測し

熊本在住人(息子)のパトロール情報の力も借り、ココまでは順調


それにしても阿蘇山… 皮肉にも美しい



かぶと岩展望所では絶景が望める展望台が地震によって崩落したらしく



台のあったところは平地になっているではありませんか

本当に凄まじい規模の地震だったことが窺い知れます。



阿蘇方面に近付くのはここまでで これからは九重飯田高原を目指すのですが

直行してもオモシロくないので大きく回り道

オートポリス付近には気持ち良く走れるワインディングがいくつもあるのでそれらを堪能して一旦 小国へ

そして「小国グリーンロード」これまで個人的には走ったことはあっても、宿泊地との位置関係やそれ以外のワインディングルートとの繋がりを考えると

なかなか取り入れることにならなかったのですが

火山灰の影響の無いであろうエリア限定になったからこそ、今度ばかりは皆で走ることが実現しました。


そうなると「スカイファームロード」も一部走ることになるわけで

多くのライダーが常用するルートだけに、気を付けるべき事も多く

ここは淡々と走って黒川~瀬の本三愛レストハウス



息子が常設ライブカメラで状況を読んでいたとおり

いつもどおりの賑わいとまでは行きませんが噴火の影響も無く、各自おみやげなどの購入



毎回 少しだけ走る「やまなみハイウエイ」陽が傾いてきて道両脇のススキが美しい



牧ノ戸峠を避け筋湯経由で飯田高原に向う途中

昇りの道の先に突然現れる 夕刻の「久住山」

毎年見ていますが お天気がいいといろんな表情で魅せてくれますね

これは他のメンバーも言ってました (^_^)




で、多くの人が記念撮影するのがこのブレートの前 いつも誰か撮ってます。



今年もやってきました 九重山麓「風の丘」

地震の被害もほとんど無かったそうですし、このたびの噴火についても支障なしだそうで安心しました。



このバーベキューも含め クロキライディングの年中行事

こうして変わりなく繰り返すことができるのは幸せなことだと思います。



「食材と火」条件は整っているので、あとは「焼き」

失敗すると1年間後悔することになるのです。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 噴火 | トップ | 秋の一泊ツーリング-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。