クロキライディング

いつだってバイク

クラッチ貼り付き

2016年09月18日 02時27分44秒 | メンテナンス
暫く乗っていらっしゃらなかったゆえ

激しいクラッチの貼り付き


回転を高めてのクラッチミートはバイクにとってはよろしくないのでここは慌てずに




とにかくエンジン(クラッチ)をしっかりと暖めて暖めて

後輪をスタンドアップしクラッチ切ったままスロットルのONとOFFを繰り返す


温度変化によりそのうちにスロットルと後輪の回転の同期が解けてくれる

この方法がいいようです

その後走ってクラッチの滑りが無いかも確かめておくと好いでしょう。


只、オーバーヒートと近所迷惑には気をつけないといけませんね




オイルに浸っていない乾式クラッチが貼り付くともっと厄介ではありますが…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オイルプレッシャーランプ | トップ | 装着数 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。