つれづれログ

写真を中心に少しだけコメントを添えて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もそろそろ道具の準備など・・・

2014年01月18日 | テンカラ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

花冷えのテンカラ

2013年04月01日 | テンカラ
肌寒い日曜日の午後  いつもの里川でミッジ2個付けで練習です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

里川で馴らし開始

2013年03月19日 | テンカラ

130314

18番のミッジ2個付けです。
同時に2匹釣れることはありませんが
同時に毛バリ2個を無くすリスクがあります。(-_-;)





テンカラ燕翔36LLが旅立つことになりました。
約1年弱手元に置いていたものですが、このシステム普及のために手放すことにしました。
旅立ち前の記念撮影です。先方様と打ち合わせの結果3.5号のラインを11mお付けしました(実質長7.5m)。

昨年来、テンカラ入門を希望される方がゼロの状況なので、かじってみたいとお思いの
方がいらっしゃれば、ご連絡ください。
木曜日、日曜日でお願いします。竿と毛バリはこちらでご用意いたします。
費用はかかりませんが、現地までのガソリン代はご自分でご負担ください。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

インターライン テンカラ竿の取り扱い

2013年03月12日 | テンカラ
インターライン テンカラ竿の取り扱い

トラブルが起きやすいのは竿のたたみ方です。
全てのジョイントを緩めてラインを張った状態でトップを摘まんでたたみます。

竿を伸ばした状態で移動するときも余分なライン部を巻いて移動するとトラブルを防げます。



ダイワ テンカラ燕翔LL36 SF をベースに改造したインターラインの竿です。
自分なりに納得できる仕上がりになりました。このシステムを普及させたいので
興味のある方にお譲りしたいと思います。
http://amago.cart.fc2.com/
こちらのサイトで販売予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰です。

2012年05月26日 | テンカラ
やっとカメラのアングルが決まり、まずまず納得の出来る動画が撮れました。
今回は短いですが、編集しましたので見る側もストレスは少ないと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納竿の釣り

2010年09月30日 | テンカラ
 納竿の釣りは、いつも貞光川と決めています。
仕事を1時に終えて釣り場に3時到着しますがウエダーを忘れてトレッキングシューズで
やるしかありません。
 水に入らなくて良い堰堤2つをじっくり2時間かけて釣りました。
産卵期に入っているアマゴは上流へ上がるため、堰堤に溜まっています。
釣り上げては場を休ませながら、10匹ほどで納竿とします。
イベントですので全てリリースです。
今年もありがとう・・・そして来期も宜しく!   さ、キノコだ!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

晴天・先行者・・・でも反応は良好

2010年06月10日 | テンカラ
またまた船酔い動画です。

自己責任でご覧ください。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カメラ調整中

2010年04月10日 | テンカラ
今期 初の動画です。 カメラがぶれて船酔いしそうですので、チョッとだけ。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

成魚放流の川で遊ぶ

2010年03月27日 | テンカラ
 寒い日が続いてます。 おまけにナタネ梅雨で連日の雨に川は増水。
テンカラには不利な条件が・・・・暖かい雨なら歓迎ですが・・・降ると冷たいんだな〜?
この時期は里川で遊ぶのが恒例となっています。

で、今日も里川の成魚放流の日。銀次郎さんをお誘いして、いざ出陣です。
成魚放流といっても簡単には釣れません。毛鉤のサイズや色・・・いろいろ試します。
釣れないから面白いのです。(負け惜しみみたいやな〜)

昼ごろには、羽虫も飛び始め、毛鉤への反応も良くなってきました。
放流魚の釣は逆引き、扇引きが基本です。誘って誘って誘い倒します。
釣れたのは7匹・・・低温と小雨の中 まずまず ということにしておきましょう。


銀次郎さん 餌の鮮度が悪かったね。  2年前の冷凍イクラだって。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も解禁間近

2010年02月06日 | テンカラ
 愛媛の渓は2月1日から解禁となり、知り合いの渓師達は早速遠征しているようです。
今期は、前期の終盤に試したダイワのブライト目印(黄色・細)を三つ編みして、遊動
目印でスタートしようと思います。目印の高さは毛鉤から2mほど離します。
目印が特に必要なわけではありませんが、石裏や毛鉤の位置がつかみにくい逆光などの
時には重宝します。

 次に、テレストリアルな餌?も試したいと思います。
実物大のヒラタ、クロカワムシをシリコンで作りました。
さ〜魚の反応は如何に・・・・ゼロをやってる人に使ってもらいたいんだけど
使ってくれる? もち、私もテンカラ竿で試します。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加