牛コラム

肥育牛と美味しい牛肉のはなし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

素牛について考える。

2016-09-29 23:11:50 | 素牛


肥育素牛をセリ落とし、子牛登記を確認すると、血統に不足はないはずなのに母牛の育種価が見事?にCCCCCCでガックリすることがある。
子牛市場によっては上場時の体重が総じて小さく200~240kgのレベルの子牛が出てくる。
そのような小さな子牛でも現相場は80~90万円台で、Kg単価は3,500円以上となる。
大市場では300~350kgの子牛でも平均的には80~100万円で競り落とされ、kg単価は2,800円程度である。
肥育して出荷する時点では、素牛価格が50~60万円の時なら小さな子牛でも採算は合っていたが、今ここに至り前述のようなセリ価格となれば、250kg以下の素牛では、採算割れはほぼ確実となる。
赤字になる子牛については、余程の理由がなければボタンは押せない。
なぜ赤字だろうか。
多少の個体差はあろうが、素牛の増体能力(DG)は、肥育期間を通して小さい牛では0.6~0.65kg程度であり、大きい子牛は0.7~0.8kg程度になる。
大まかな数字であるが、肥育期間が21か月間であれば、小さい牛は増体量は400kg前後で終了時体重は620kgで出荷目減りして枝肉量は約420kg、単価2,500円なら内臓等を含めた仕切り額は115万円にしかならない。素牛代85万円、肥育経費45万円で130万円となり、販売価格には及ばない。
枝肉単価3,000円で採算が合う計算になる。
大きな子牛なら枝肉量525kg、単価2,500円で145万となり、1頭5万円の差益は確保でき、単価を上げればその倍にも3倍にもなるはずである。
さて、文頭のCCCCCCの話であるが、~血統に不足はないのに~の原因は、予想に過ぎないが、上場時の小さな体重が大きくかかわっている。
前述のようにDGが低く、仕上げ体重が小さいために総じて、枝肉の格付結果では、枝重、ロース芯面積、ばら厚、皮下脂肪厚、歩留基準値、そしてこれらのマイナスの相乗効果が脂肪交雑に表れてオールCになる可能性が高いのではと判断している。
そのために両親の潜在能力が肥育の結果では発揮されないまま、母牛の育種価に反映される。
子牛の体重が小さい結果は、その母牛の育種価にマイナス要因となっているのである。
つまり、子牛生産者、市場関係者の方々には、これらの問題をご認識していただくことが、肝要かと危惧している。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

和牛が危ない 5

2016-01-31 09:30:17 | 和牛産業



繁殖牛子牛生産現場における増頭の現状はどうなのだろうか。
今後増頭が期待できる状況として4つのケースが考えられる。
1.既に多頭化を実現している生産者がさらに増頭する。
2.若年生産者による増頭や若者による新規生産者の実現。
3.女性生産者による増頭。
4.肥育現場での子牛生産。
5.農外企業者による参入。

1.鹿児島県で200頭規模の子牛生産を実施している経営者の話である。
「生産技術が実績的に安定していれば、10頭を20頭にするも、100頭を200頭にするも、そんなに難しいことではない。
現場での作業は一定していて単純だから、労働力との兼ね合いであることがわかったので、100頭から200頭に増やしてよかったと思っている。」
この経営者にとって結果的に資金はかかっても、子牛価格の高騰により、返済の目処は明るいはずである。
おそらく、このような認識を持って多頭化を実現している経営者は増頭を実現されていることであろう。

2.減頭の最大の要因は、飼育者の高齢化があげられると前述したが、高齢者の中には多頭化が実現していなくても、後継者のあるケースもある。
関西のある地域では、数年前飼養頭数が底値に至るほど減少したが、その後は増頭はしていないが減少もしていない。
暮れの挨拶にと、そこの生産者10名ほどが来訪された。
開口一番の筆者の「皆さん、いい顔をしておられますな・・」に笑顔の返礼であった。
メンバーは50歳代2名、他は20~30代の若者で有り、全員が後継者であり、増頭にはやる気満々の様子であった。
彼らの将来に大いなる期待感を抱いて見送った。
また、高卒後航空自衛官になったが、数年後和牛繁殖の夢を捨てきれず自衛官を辞し、県の農大に入学し、卒業後資金を借りて40頭規模の畜舎を建てた。
ところが、繁殖雌牛を導入するにも高騰のため、入手難となり暫く空舎の状態が続いた。
そこで、離農する高齢者が手放す経産牛をぽつぽつと入手したり、無理して子牛を入手しながら、4年目に入り漸く30頭に増やし、昨夏から子牛の上場が実現した。
このように夢を持つ若者も現存している。

3.肥育センターにいると子牛登記のデータをパソコン入力していると、女性生産者が微増していることに気づく。
昨晩秋、沖永良部から女性和牛部会10名の強者らが来場された。
なかなかの研究熱心で有り、父牛のことや地域の肥育成績などを食い入るように尋ねたり、記録しておられる。
好景気が火を付けた感があり、女性の経済観念や成績と価格との関わりに異常な興味が受け取られた。
女性に出来るのが牛飼いで有り、高く売れるのも牛への愛情に繋がっているようであった。
今から30数年前、当時の故上坂章次和牛登録協会会長も「これからは女性が和牛を飼う時代」と冊子を編集して啓蒙されたことがあった。
沖永良部の女性部会のパワーに、くさばの陰で同会長もほくそ笑んでおられよう。

4.現状の高騰では、将来の肥育経営が暗転しかねないと感じている多頭肥育の経営者は少なくないと判断している。
そのような事態を回避するには、一環経営が良策として繁殖部門を取り入れている箇所も増加しつつあるとのことである。
肥育現場での繁殖経営には、問題点も多く、一から畜舎や素牛を導入するには、子牛の高騰が足かせになっている。
最大の問題点は、繁殖技術のノウハウを取得している担当者が従事しなければ、繁殖障害や分娩から子牛育成に事故率が多発しセンター閉鎖に至った例も聞く。
技術者の問題が経営を左右する。

5.牛は繁殖経営も肥育経営も、経営者自身が牛の飼養技術を習得していなければ、目的を成就させるのは至難のことである。
企業経営者が安に利益を夢見て牛飼いに触手するには問題点が多すぎる。
上記4.の事案同様である。
いずれにしても、家業が歴代の牛飼いであるケースは、様々に払拭できる解決案はあろうが、そうでなければ、上記2.の後半に記述したように、しかるべき技術者から専門的に学んでからの就農が不可欠である。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

和牛が危ない 4

2016-01-14 23:37:09 | 和牛産業
日本における黒毛和種の減少は、和牛肉の供給減だけに終わらない。
子牛生産者の減少が子牛生産頭数を減少させているが、そのことによって、離農者数の増加、家畜人工授精師・獣医師・地域JA担当者・家畜商・種雄牛管理者、家畜市場の統廃合、肥育頭数減に伴う肥育担当者減、子牛生産や肥育頭数に伴う飼料業界や動物薬業界等、牛の生体や枝肉や部分肉の運送業界、食肉市場・食肉卸売り・部分肉処理や内蔵取り扱い業界・食肉小売り等流通業界、食肉検査や格付業務等々への諸々の影響は計り知れない事態になる恐れが危惧される。
そればかりではない、頭数減によって諸に影響を受けるのは、畜産振興協会や各府県の外郭団体である配合飼料安定基金協会、畜産衛生指導協会などと、最たるものは全国和牛登録協会であろう。
これらの組織団体は存続に拘わる重大な影響を被ることになろう。
勿論、国や地方自治体など行政にも及ぶこととなるが、このことにより全国の消費者の食生活の内容も変化せざるを得ない事態となる。
これらの現象の顛末について、列記した様々な関係者、列記漏れの関係者のお一人おひとりの方々は、この現象をどのようにとらえておられるだろうか。
これから年度末や新年度を控えて係る業界関連の会議等の開催が目白押しと想像されるが、その場に於いて「和牛が危ない」現状を話題提供して頂き、増頭あるいは現状維持への具体的な対策を論じて頂きたいものである。
このことは、関係者であれば他人事ではなく、我がことなのである。
具体的にお願いしたいのは、国民の生命と財産を守る役目を担っておられる国会から地方議員の皆様にこの事実を理解して頂き、対策を講じて頂くことであり、そのことでことの解決が効率よく解決の目処が立つからである。
和牛に拘わり凡そ50年経過し、和牛の危機を感じたのは昨今のことである。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

和牛が危ない! 3

2016-01-08 18:50:34 | 和牛産業
鹿児島県経済連から、新年度(28年1~12月)の県内14家畜市場別の開設日と上場頭数が届けられる。
予定頭数のため、実際の上場頭数には若干の違いがあると判断しなければならないが、27年度と比較することで、市場上場頭数の大凡の推移がわかる。
年間上場頭数が1,000頭未満の市場では2~5%の増頭傾向が見られるが、上場数2万頭に近い曽於では2,140頭減少の11%と予想以上の頭数減となり、1.5万頭規模の肝属でも7.8%の減少傾向である。
4,000~7,000頭規模では、姶良・徳之島が5%程度の減少、鹿児島中央・種子島では現状維持である。
これまで減少傾向にあった薩摩は5.3%の増頭となっており、関係者の努力の結果が伺える。
3年前、減少傾向の全国の中で、善戦していた徳之島が、28年度の予想では残念ながら6.5%の減少の見通しとなっている。
全県的には、27年75,320頭、28年71,520頭で、年間3,800頭が減少し、減少率は5%となっている。
これらの減少傾向が続けば、鹿児島県では10年を待たずに半減することが予測できる。
1頭70万円の子牛が3,800頭消滅することで、26.6億円の資源が消滅することになる。
県全体で28年は約500億円の資源価があるが、10年後には半減し、和牛産業は厳しい時代を迎え、係る産業界の影響力は測りきれない事態を迎えることとなる。
健闘している薩摩のように、曽於や肝属には増頭を健闘して貰いたい。
鹿児島県では主要産業である和牛復興のために、県が旗振りとなって国を動かし、和牛資源の確保のための気勢をあげるべきである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和牛が危ない! 2

2016-01-06 12:29:05 | 和牛産業
 主産地が危ない

「去年は1日500頭出ていたのに、今年は400頭に減っていた。」
鹿児島県の著名な家畜市場の和牛子牛の上場頭数の話である。
多少オーバーな表現であろうと察しているが、例え話半分としても50頭減でも10%の現象である。

主産地である南九州地方では、他産地からの繁殖用雌子牛の引き合いが続いている。
このケースでは、血統重視で100万円クラスの品質の高いものの引き抜きである。
高額となれば生産者が手放すは仕方のないことであるが、将来性の高い繁殖用候補牛が地場からいなくなる。
3~4年たてば、地場の繁殖牛の品質が低下することになり、他産地のが優れた子牛を生産する。
その結果、主産地は主産地ではなくなり、生産地としてのシェアが縮小する。

その一端を示す兆しが見え始めた。
一昨年神戸で開催の近東共進会では、京都生まれの京都育ちの京都牛が最優秀賞を獲得し、昨秋京都で開催の同共進会では滋賀県生まれの滋賀県牛が最優秀賞を獲得した。
全国的な産業の発展を期待するなら全国の地場産牛が能力を高めることは大変結構なことである。
しかしながら、この傾向が現実の事態となれば、これまで主産地として和牛産業の発展に寄与し君臨してきた南九州の将来性に一抹の危惧を感じざるをえない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和牛産業が危ない!

2016-01-03 16:01:50 | 和牛産業
久方ぶりにコラムを再開しました。

最近、黒毛和種の子牛上場数が、全国的にまばらではあるが数%程度の減少傾向が続いている。
そのために、未曾有の子牛高や牛肉高である。
暮れの平均子牛価格は80万円で2年前より25万円、枝肉価格はBMS6で2,200円前後で2年前より750円程度の値上がりである。
繁殖も肥育経営者各位は、いずれも佳い正月が迎えられたはずである。
そしてこの傾向を永続的に持続させようとほくそ笑んでおられよう。
しかしながら、肥育部門では、素牛高で、2年先の枝肉相場を戦々恐々として見守りつつ、短期的には繁殖生産者ほどの収益率ではなかったはずである。

これまで、和牛の相場は山あり谷ありが一般的として認識されてきた。
今はその山を迎えたと認識されているかもしれない。

新年早々、関係者各位に水を差す気はないが、今の高騰の原因を子牛生産者や関係団体者は的確に認識しておられるだろうか。
今回の山・谷は従来と異なることを認識して頂きたい。
現行のままでは、10年後は数10%、20年後には半減に至ることになる。
半減はそれだけ和牛の繁殖や肥育産業の減退に繋がる由々しき状況となり、その傾向は一途を辿ることになる。

生産者の増収は、枝肉の卸しや小売り関係者には厳しい状況のようである。
和牛の生産は究極的には消費者が産業を存続させてくれるわけだから、消費者に安全安心に加えて安定した生産基盤作りを国は講じる必要がある。
減少に歯止めをかけるのは今だと判断できるが、10年後の対策など不毛の策に他ならない事態となるは火を見るより明らかである。
高齢化等社会問題が和牛界に危機をもたらす要因となっていて、生産者の努力だけでは解決に至らないと判断している。
和牛産業という日本の食文化や、若者の就農意欲の高揚のためにも、立ち上がる時がきた感がある。
関係者は全国規模で立ち上がるべきときが到来している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発症率は子牛生産地に差がある。

2012-08-22 22:46:02 | 予防治療
直近に出荷した500頭について、肝膿瘍の発生率を調べたら、出荷牛の25%弱であった。
そこで、導入した産地別に、発生率を調べたところ、7つの市場の内、2市場が約35%を示した。
この2市場産の牛は、何れも平均的に栄養度が高く、導入時のDG(生時体重30kgとして)が0.9~1.1kgに分布する割合が同様に高い。
優れた増体を示しているが、この背景には濃厚飼料重視の飼育法が判断できる。
つまり粗飼料の給与割合が低く、濃厚飼料の給与割合が高い牛特有の立派な子牛である。
このような子牛は、導入後粗飼料の食いつきが悪く、配合を好んで摂取する。
このような子牛は、基本的な腹作りが出来ず、ルーメン壁が発達できず、あげくルーメンパラケラトーシスやアシドーシスに繋がりやすい。
従来から導入している4つの市場産は10%台で安定している。
また、体重が220~240kgでの発症率は皆無であった。
その他、生産者個々を見た結果、同じ生産者が複数発症したのは、6生産者であった。
以前、肝廃棄を発症するような牛は肉質が期待できると聞いたことがあるが、5等級に判定された割合は、発症牛の20数%であり、枝重が450kg以下も同様であり、肥育後半に発症するタイプと、20数ヶ月までに発症するタイプのケースが認められた。

各市場の出荷名簿の中に、理想的な仔牛の飼い方が記述されているが、このマニュアルを踏襲して市場性の高い子牛生産を期待している。





コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

肝膿瘍の出る牧場出ない牧場

2012-08-17 19:03:41 | 予防治療
肝膿瘍による肝廃棄が出る。
食肉市場の検査員によると、全く出ない牧場と定期的に出る牧場がはっきりしているとのことである。
当センターは後者の烙印を押されてしまった。
この両者には肥育法に歴然とした差が実在していることが頷ける。
そもそも肝膿瘍を誘引するのは、ルーメン内環境が芳しくないために、例えばルーメン壁が何らかの原因から発達が順調でなかったり、胃壁が常時傷つき易い状態になるルーメンアシドーシスに至ることや、絨毛周囲に濃厚飼料等が異常に詰まってしまいルーメン壁が爛れるルーメンパラケラトーシスに罹り、それらの結果直接的に肝臓に影響して膿瘍を発症する。
当センターでは導入時からグレードのやや低いオーツヘイを10数年間利用している。
このオーツヘイの繊維がやや荒い場合、ルーメン壁を刺激して常在菌等が肝臓に達することが原因ではないかと、専門家の助言を聞いた結果から判断している。
差し当たり、チモシーを併用してその差を確かめることとした。
オーツヘイでもグレードが高く(品質の良好)柔らかいものであれば、問題ないであろうが、生産地の干ばつ等で良質なものは入手しにくく、単価がかなり高いとのことである。
他所では、チモシーの利用の割合が高いと聞いているが、そのケースでは肝膿瘍が出ないのであろうか。
育成時に粗飼料の食い込みが不足しているのではとの指摘を受けたが、導入後半年間は、粗飼料主体の給与体系をとっており、この間は平均5~6kgは摂取しているため、他所との摂取量の違いは考えにくい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人畜共通の癖

2012-08-11 13:39:51 | 素牛



舎内を見回っていれば、気がかりなことに良く出くわす。
写真は幼牛のころの習慣が抜けきらずに、やたらと他の子牛の頸、種雄牛なら頸峰が膨らむ辺りに吸い付いている様子である。
母牛から授乳を受けていた頃同様に、子牛の乳房に吸い付く例は多いが、それ以外の箇所に吸い付くのは希である。
吸われる子牛の方は、迷惑であろうが、いつものこととして諦めているように見える。
吸う牛の方も、真剣では無さそうで、ただ機械的な行為であって、所謂該牛の癖のようである。
この仕種は、離乳してからも母を恋しがったり、母の乳房を触らないと寝付かないという幼児の仕種と同じである。
得てして、このような子牛の場合は、少数頭飼育で、離乳時期がかなり遅いケースが考えられる。
この牛の成長を追い飼料摂取量などの推移など肥育成績を見届けるつもりである。


所用が徐々に増えて、牛コラムもとぎれとぎれとなっている。
いつも開いて下さる皆様には、お詫び致したい。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

家畜共済制度について

2012-07-05 23:39:38 | 予防治療
JA共済連の家畜共済制度が会計検査院の指摘を受けて、肥育牛の場合は対象となる牛の月齢毎の評価額がこれまで最高40万円で頭打ちされていたが、今回各府県の食肉市場のDATAを参考に31ヶ月令以上は79万円に引き上げられた。
評価額が実情に即したことは、妥当なことであろう。
しかしながら、年々疾病率や事故率を下げ、3年に1度の掛け金率の改正では着実に引き下げられ、年間掛け金と実質給付額がほぼ見合う結果となっていた。
同共済制度では、掛け金のほぼ倍額の範囲で給付額が設定されているが、10年近く掛け金程度の給付で賄えられてきた。
3年ごとの見直しは昨年実施したばかりである。
ところが、今回の評価額の引き上げにより、昨年と同様の加入条件での提示額を見て、唖然とした。
昨年比164%と極端な上昇であった。
常日頃、疾病率を下げる努力をしたセンターほど、掛け金率が上昇しているとのことである。
当センターでは毎年7月中旬が更新時期であるため、毎年6月下旬に更新手続きを行っており、これほどの値上げに対して、事前の説明無しで「今回からこの金額になりました」である。
担当者にその説明を聞けば、「会検の指摘であり、共済法に則って算出されており、動かし難い提示である」の一点張りであった。
これだけの値上げであれば、被加入者の要望ぐらいは聞いた上で、段階的に期間をおいて値上げるなど、弾力的な運用が成されてもしかりである。
評価額を変更すると同時に保険法なる算出基準の改正も不可能ではなかったはずである。
前述の通り、これまで掛け金と給付額が見合っているが、今回の64%の値上げ分は明らかに共済連にストックされる額となる。
これを機に、事務方より獣医師へ「もっと診療費を増やせ」などの内部圧力が起きねば良いが・・・・。
実に不可解な値上げであると同時、本来3年おきの見直しを無視しての値上げでもあり、この制度は国の指導下にあるも、生産者を無視した共済連の机上の結論と判断せざるを得ない。
家畜共済制度は、大型センターなどでは未加入の例が多々あると聞くが、当センターではこれまで早期発見早期治療を実現するために、長年の実績から高く評価し加入してきた。
同制度の廃止に繋がらねば良いが。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加