「フック」心に引っ掛かった言葉

ラジオとかテレビで心に引っ掛かった言葉の覚え書きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

gooとブログとntt

2015年03月19日 01時55分10秒 | 日記

長年使ってきたgooのフリーメールが、新しくなる、というので。

新しい方に移行させようとしたら、失敗して全部消えたのですが。

これを機に、有料で使っていたgooメールもやめちゃおうかな、と考えていますが。

このブログは残したいのです。

他で止めたブログもあり、今、3つやっています。

それぞれ役割があって。

なかなか辞めずらく。

それなら休眠でも残しておこうかな、と。

そのうちまた、ライフスタイルも変わるかもしれないし。

しかし。

40才か41才だったか。私を初めて派遣で雇ってくれたのはこのgooもやってる会社の別会社だったんですよねえ。

だからずっとgooを使い続けてきたんですが。

大手町にあったその会社の向かいのビルのあったのがntt-x(当時)それから何回か社名が変わっているようですが。

当時は社長が同じだったんですよ、私が勤めてた会社と。で、使送便を大手町ビルまで持って行ってました。

あれから何年?15年くらいかなあ。

思うに。

あの大手町の会社に、友達(その人もntt系)の紹介で派遣で行って。

そこで初めて私はパソコンを触るようになり。

毎日触っているうちに、だんだんと出来るようになった訳で。

あの大手町のnttに行かなかったら。私は50代台後半の、パソコンも出来ないおばさんになっていた可能性大な訳で。

感謝しているのです。自分の周りの同世代の友達とか見ると、パソコン全然分からないっていう人、結構いますものね。

専業主婦でずっとやってきたとかだと。自分で出来なくても済んでしまうし。

思えば。

そのnttに行っていたお陰で、ヤマト運輸の人と知り合い。ヤマト運輸にバイトで行く事になり。

結果そこで「犬を拾った人がいるんだけど。どうしても飼えなくて。飼い主を探しているんだけど。えっちゃん、見るだけでいいから見にこないか」と言われて。

ヤマトの自分の働いていたサテライトの、隣のサテライトに。犬を見に行った(サテライトに犬がいるってのも、なんだかなあ、ですけど)結果。

2015年になる現在でも。その犬と暮らしている、という。

全ては繋がっているのだ。

今現実は、一昔まえとは比べ物にならない位厳しいのだけれど。

もう少し頑張らないと。

生きていけないなあ。

生きていけるのかなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作を作るという事。

2014年06月04日 02時27分22秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど

NHKの番組で。(2014年6月3日昼)

春風亭昇太さん。

「新作を書くとですねえ…。

古典の素晴らしさが、本当によく分かりますね」

 

との事。

なるほど。

逆に言うと。

新しいものを作らなければ、古いものの良さも見えて来ない、という事も言えるのか…。

 

面白い発言!と思って、メモしました。

昇太さん。

年が一つ違いで、同じ町の出。

勝手に親近感を感じています。

独身ってとこも同じ。

テレビに出てると、つい見ちゃいます。

 

では。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほぼ一年ぶりに書いてみた。

2013年11月30日 05時47分01秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど

ブログ。

私みたいに放置してる人、多いんだろうな。

と気になって。実はブログ4つ持っているんですが。

1つにまとめようか、とかぼんやり考える。

とりあえず覚え書き

 

≪断捨離≫

断捨離とは空間のヨガである。

人が最も執着するのは。

物でも人でもなく「考え」である

 

んだそうです。

なるほどなぁ。

「考え」が捨てられないんですよ。

ストーカーとかもそうじゃないのかなあ。

ところでここのgooのフリーメールまさかの無料サービス終了事件の件。

みなさんはどうしてらっしゃるのでしょうか。

私。もう15年くらい二つも使ってるんです。一番古いアドレスで。

友達も困ってました。

お金払ってもいいから一つ残そうかなあ。

 

では。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京MXテレビ「ニッポン・ダンディ」より

2012年12月04日 00時44分06秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど

最近東京MXテレビばかり見ていますが。

この秋から始まった夜9時からのゴールデンタイムに放送しているのが「ニッポン・ダンディ」です。

MXテレビなんか見れないよー、という人には。

http://www.dailymotion.com/video/xvf3du_yyyy-yyyy-2012-11-27_shortfilms

このデイリーモーションというサイトに全部UPされているようなのでとても便利です。

で、11月30日(金)

世の中の機械化について、いい事なのか、あんまり良い事ではないのか、みたいな話題で。

番組の最後に

「でも(サッカーの審判に)機械化が導入されてたら、2002年のWカップで韓国はベスト4に進めなかったじゃないですか」

とフランス人のキャスターが発言。

これにはその場にいたアメリカ人キャスターも日本人も(水道橋博士)苦笑。

私も苦笑。

おもしろい!

でもフランス人だから言えるんだよね。

あぁ、言いたい事、自由に言えるっていいなあ。

この番組の韓国人パネリストヒョンギさん。何でも自分のサイドに持っていくのね。

で、水道橋さんもそれを分かっていてネタにする。

割と言いたい事言えてるみたいだ。

このくらいの関係がいいと思う。

では。

次からこの番組の発言を書く事が多くなるかも、です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『題名のない音楽会』佐渡裕氏の言葉より

2012年09月30日 15時28分15秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど

京都の佐渡さんの母校でもある音楽高校へ指導に行った様子を放送した回で。

ちなみにその音楽高校は公立で、全国でも公立の音楽高校はめずらしいのだそうです。

夏休みの公演に向けて練習中の生徒達に向かっての発言。


 

一番伝えたい事は

君たちはすごく特別な環境にいる

これがミの音ですよ、とか。ソの音ですよとか教えたところで

社会の役に立つわけではない。

みんなそんな事は知ってて…。でもこんな記号のものが、今、みんなが鳴らしていて。

すごい神殿の中にいるみたいな音になっていくわけじゃない?

その世界のおもしろさにはまっていく事だと思う。

~略~

楽譜が読める、という事は

この音が何の音か分かるという事ではない。

(ここにいる)みんなが楽譜を読めたにも関わらず

僕は注文をつけた。

いい音楽家になっていこうと思うなら

是非、

「楽譜を読む」ことをもっともっと勉強してほしい

それが何よりカギなんです

いい音楽をつくる為の……。

 

いーーーっぱい練習しても。

本番は1回しかないんです。


みたいな事を言っていて。

一つは音楽高校に行けている環境というのが、すごく恵まれているんですよ。という事と。

もう一つはとにかく譜面を読め、という事。

これが心にひっかかりました。

楽譜って。読めば読むほど、作曲家のいろんな意図が次ぎから次へと湧き出てきますよね。

今日読んだ楽譜を、同じところを読んでも、明日は違って見える。

高校生たちの演奏は、確かに、譜面通りに演奏はしていましたが。

佐渡さんには物足りなく感じた部分があったようです。

相手が音楽高校の生徒という事もあるのだと思いますが。

佐渡さんの指導は、結構厳しいな、と感じました。

「題名のない音楽会」で一般の素人さんが指揮をしてみるっていうコーナーがあるんですが。

その時の佐渡さんとは大違いでした。

ま、あたりまえといえばあたりまえなんですけどね。

しかし。高校の時から音楽高校なんて。羨ましい限りですね。

では。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Eテレ「100分de名著」より‘かもめ’

2012年09月30日 14時35分42秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど
大好きな番組の一つにNHK-Eテレの「100分de名著」ってのがあるんです。
伊集院さんがMCになってから俄然面白くなったような気がするんですが。(前回シリーズの司会の方が面白くないって訳じゃないいですが。アナウンサーの方だったんで)

9月はチェーホフの名作「かもめ」を取り上げていました。
その最終回からの発言。

「悪意は人間をクールダウンさせる」というゲストの柄本明さん。

「僕は思うんですけど…悲劇ってあるのかな(存在するのか?という意味)?って」

「あー。そこまで行きますか?」と伊集院さん。

以下柄本さん

「人が死んじゃうから悲劇なのかなって。死ななくていいんだ、って思うんです。
全部喜劇だろって。

多分そこの問題にからめ取られちゃうと思うんです。
でも問題は、そんな所にあるんじゃないと思うんです」

以下伊集院さん

「ルール違反だと思うんです。面白いものを見ようという気持ちになってる時に、酷いものを見せられたりする、ってのが。

凝り固まった考え方ではダメで、先入観…笑いとはこうゆうもの、ドラマとはこうゆうものという先入観から解き放たれないと多分これの(かもめ)楽しさは最後まで分からない。

僕は。反応は解き放たれたと思うんですけど。やっぱりどこかでこれをいきなり見て‘おもしろい’と思うには修行が足りてないな、と。

おじいちゃんのお葬式の時に。飼っていた猫が下痢をして。
それが可笑しくて笑いたいけど、おじいちゃんの死が悲しくないわけじゃなくて。

でも…そうゆうもんですよ」

以下柄本さん
「笑うと泣くって多分一緒だから。
そのどっちを選ぼうと。

つまり‘悲しい’だけでは満足できないから。
人間ってのはいつも不満を言いながら死んでいくわけでしょ?
チェーホフの本(脚本の意味だと思う)なんかも。人間が満足なんかしてないわけで。

我々はそうゆうもんなんだ…と。

チェーホフっていう人は’人を観察する見方はシャープなんです。
必ずある一定の距離を置いてますから。
だから悲劇をして描けるものが、彼も目には喜劇として映る…と。

最後に柄本さん。
「僕としては、笑えるんだけど、ものすごく泣ける。泣ける。うん。泣ける」

話の内容としてはだいたいこんな感じだったような気がします。

なんかすごい分かる。
中学1年の頃。祖父の葬式があった。で、みんなで神妙な顔して座って。お坊さんが読経を始めたんです。
そしたらこれが。

可笑しくて可笑しくてたまらない。

そのお経の音の感じが、聞いた事の無いお経だったもので。
もう、笑いのツボに入ってしまい、必死に笑いを堪えてたんです。
で、ふと見ると。
前列に座っている母と叔母、つまり自分の父親の葬式に列席している当事者二人が。

必死に笑いを堪えて、身をよじらせて耐えているのを目撃し。

こちらも更に可笑しくなる、という大変しんどい思いをした記憶があるのです。

悲しいのに可笑しい。
悲劇と喜劇は表裏一体。

悲しいだけでは満足しないし。
可笑しいだけでも満足できない。

人間はなんと贅沢な存在なのか、と。

そんな事を思った番組でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKの「女優」シリーズより『太地喜和子』編

2012年09月17日 02時34分13秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど
かなり古い番組らしいんですが。
たまたま再放送していて、見ました。

太地喜和子を取り上げていたので。

大好きな女優でした。
女優と呼んでいいのはこうゆう人だけです。

生前の彼女に近かった方が証言していました。

「彼女にとって、
演じている時だけが本当の真実の姿…。

ライフスタイル、生活…私生活。
あれが‘演技’なんですよ」

と。

なるほど、ですよね。

すごく次元は違うけど。
これ、
分かるような気がします。

そもそも。
本当の自分とは何だ?

と思うのです。

人間なんてみんな多面体です。

一筋縄では行かないのです。

でもそれが、こと役者となると次元が違ってきます。

演じる事な日常なわけですから。

彼女は演じることでしか自分を生きることができなかった人なのかもしれない。

若い人(20~30才代の人とか)の中には彼女のことを知らない人も多いんだと思うけど。
こうゆうアーアカイブを沢山放送してくれると、とてもいいな、と思います。

では。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯写真

2012年07月24日 23時48分06秒 | 東京日常景&下町情景
携帯から撮った写真をアップロードするやり方がなんとなく分かったので。

やってみる。



こうですか?



こーゆう事?



あらまぁ。

写真長押しで張り付いたわ。

そうなの?
やり方合ってるのか?

gooブログも機能が色々充実してて、分からなくなってるなぁ。

とりあえず更新する。

では。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッター一つでも

2012年05月17日 03時08分45秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど
最近「ノマドワーカー」とか「ノマドワーク」っていう言葉を良く聞きません?

ノマドって…。
なんじゃらホイ?って思ってました。

今は分かってますけど…。

そのノマドワーカーで有名な(有名らしいんです)
安藤美冬さんという方がいらっしゃるのです。ちなみにきれいな人です。

その方がテレビでツイッターについて言ってた発言から。

ツイッターはばら撒き名刺
フェイスブックは名刺
ブログはアルバム

なんだそうです。

これを聞いて「なるほどなー」って思いましたですよ。

やっぱね。

どうせツイッターもブログもやっているなら(今現在、私はまだフェイスブックはやってないんですが)

それを有効活用した方がいいじゃないですか。

でも、あまりに漫然と使ってしまっていて。

もう少し、実生活に役に立てた方がいいんじゃないかしら、と常々思っておりましたので。

なるほど。
ITが分かっている若い人は違うわ(安藤さんは多分30代前半)と思った次第です。

何事も学ばないといけませんね。

ネットなんて…とか、パソコンなんて…とか、自分の狭い考えで一蹴してはいけないのです。

で。

更にツイッターに関してのちょっとしたコツも語っておられました。

によると。

1日に30回以上は呟かない。
アイコンは一定期間は使い続ける。

のがコツなんだそうです。

これ、分かるぅ~。

いい事を呟いていても。一日に、あんまり何回も呟いている人って、ガガ様とかの有名人でない限り、フォロー止めようかな、ってなります。

アイコンを一定期間使い続ける…も。

アイコンがあんまり変わると、誰だか分からなくなりますものね。

私は。

ツイッター初めてから2年と少しなんですが。

アイコン…一回も変えてないんですよ。

変えたいのですが。
自分の写真にしたいと思ってるんですが。

いい写真が無いのです。

そのうち。

誰かにいい写真を撮ってもらって。

ツイッターのアイコンにしたいと思っております。

では。

追伸

ツイッター → @mayaka11 です。
よろしくです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊地さんのラジオから

2012年05月01日 04時33分51秒 | 気になった言葉・文章・ラジオなど
昨年の10月の番組で。

3・11以降、ちょっとだけ考えた。音楽についてとか、音楽をやり続ける事について。

みたいな発言の後の言葉です。

「私は
音楽が美しいという事を
話が面白いという事を宗教のように信じている」

私はしばしば、菊地さん(菊地成孔氏)の、音楽に対する言動に感動します。
そして。
菊地さん以上に音楽を愛している人を、地球上でまだ見つけられていません。

音楽原理主義…。

私も何かを考える時、基本に音楽があり。
人生で一番大事なものは、音楽です。

しかし。

私なんかは菊地さんの足元にも及びません。(あたりまえですが)

という事で。
菊地さんのTBS番組「粋な夜電波」からのフックでした。

では。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加