鉄/アート/雑貨/Cafe♪ KUROGANE-YA/鐵屋+Cafe~島々ノ文化ノ風ガフク~♪

鉄造形家/hideの創作な日々と鐵屋+Cafeの島風な日々♪『紅い鉄』『土へ還る鉄』を暮らしへと♪島文化薫るカフェと鉄。

沖縄移住をぼんやりと考えてみる

2017年08月09日 10時48分12秒 | 日記
http://kozaweb.jp/KOZATV/1ch/
毎週拝聴している沖縄市の番組、
コザの裏側さんで、
紹介されていた
https://okinawa-iju.info
オキナワ移住
LIFE HACKさんの
ブログにハマっている。

密かに?沖縄移住を
ぼんやりとオブラートに包みながら、
夢抱いているので、
イメージを膨らませながら、
沖縄移住の理想と現実を
楽しませていただいている。

沖縄移住で一番先に
考えることは、
やはり、仕事。
不安定な創作仕事では、
妻も付いてきてくれないので?
説得する材料が必要。
一度、就職出来るのか?
シミュレーションしてみようと、
LIFE HACKさんの記事で
紹介されていた沖縄求人サイトで、
仕事に就くことが出来るのか?
職種、待遇面などを記入し、
いざ、探してみると?
現実はとても厳しい⤵艸
先ず、年齢。
45歳となれば、
かなり条件が厳しい。
技術があればと、
ずっと思っていたけど、
ここは、需要と供給。
厳しい現実を痛感。
特に、移住したい北部では、
かなり、絞られてくる。
就職となると?
技術職は有資格者が条件付。
特に国家資格はかなりの武器となる。
そっか~と、
せめて、
調理師免許は、
ちゃんと持っていないとなぁと。
改めて、です。
やはり、
社会は厳しいものである。

創作の技術は、
就職とは別の話になってしまうから、
もし、移住となると?
カフェや工房の物件探しが、
重要となりそう。
鐵屋+Cafeを営みながら、
沖縄で製作というスタイルが理想。
夢のまた夢かもしれないけど、
想えば叶う。です。

それにしても、
就職するって厳しい。
けれど、裏を返せば、
仕事に就けるってこは、
凄いこと。
労働あってこその
生活である。


沖縄移住を
お考えになっている方は、
LIFE HACKさんのブログと、
コザの裏側さんを
拝聴してみてください。
とても、ディープな沖縄を
感じれます。

ぜひ!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルボルン 芸術が産業。長島... | トップ | 然り気無く活ける花に »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事