灼熱のクロダイ・えんたぁてぇな~

黒鯛を探し求めて世界の国々を漂流生活、今は灼熱の国から日常生活と趣味の黒鯛釣りの画像・戯言を残しておきますね。

竿作り

2016-10-18 | こだわり

私が竿作りで

今までお世話になったお店

日本橋本町にある

SABALO

有名なお店です。

帰りには日本橋1-1-1のテラス席で
ライトアップされた日本橋を眺めながら
竿作りの夢を見ながらの独り酒は乙なもの。

このロケーションでの男一人は寂しいもので、
パーツをテーブルに並べ、ニヤニヤしながら

酒を呑んでいるスーツ姿のオヤジは
誰から見ても気持ち悪いですよね(笑)


そして、和竿では

豊富な竹材料等が手に入る

千葉県 旭市にある

釣具のKase

親切なオーナーで色々な相談に乗ってくれます。

手造りには欠かせない素敵な素材が豊富で、

日本に帰ったら、必ず顔を出す予定です。

ご興味があれば、是非、
お薦めです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の太陽 | トップ | 秋の〇△□ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どちらも (黒鯛アカレンジ)
2016-10-19 19:31:43
ワタクシめも
サバロ、カセ
両店御用達です。

サバロでミニクロガイド買占めて
変な奴だなぁと思われている
ことでしょう。
カセは親切な店主がいいですね。
やはり (ZED)
2016-10-20 01:08:59
アカレンジャーさん

やはり、知ってる方は知ってますよね。
サバロの店内をうろうろ、作業風景を見ながら物色。

そして、店の前の焼き鳥屋で親鳥と子鳥を焼いてもらって一杯も最高ですわ。

煙は凄いですが、双方共に旨すぎです。
MAHALO! (big)
2016-10-20 21:10:56
いんやぁ~渋いトコついて来ますねぇ

フィッシング サバロ!丸橋EIZO
JGFAの理事でしたね当時。
あの当時、まるでバブルのお手本みたいな岡田順造なる重鎮も名を連ねておりましたね。
新宿{ソッカイ}の北村氏は少し遅れての常任理事入り。
往年のお話ですけどね。

ついでに「サンゴ堂」なんてぇのもありましたねぇ。
(今やっているんでしょうか)
当時はインターネットなんかなくて釣り雑誌のみが唯一の媒体。気になれば先ずは電話、そして店に直に足を運び実際に手に取り吟味吟味。
廣済堂の「FISHING」を手引きに色々悶々。
懐かしいなぁ~SABALO!

くっくっく
なんだかZEDさんの当時の在り方が想像出来て
思わず食いついちゃいました!


男の浪漫 (ZED)
2016-10-21 03:37:48
Bigさん

昔の記事で書いた覚えがありますが、再度登場させただけで、まぁ~、これもストレスの反動ですかね。

それにしても、流石よくご存じで感心させられます

でも、これ以上凝らないでくださいませね。
趣味も多すぎると、中途半端になってしまいます。

私、昔あれこれ手を出して、荷物が増えただけなような気がします。

ある国にネルソンナカムラって有名な釣り人がいましてね、特にルアーで有名な人なのですが、彼と釣りをしたり、プールで泳いだりして、挙句の果てにキャスティング勝負まで挑みましたよ。

酔った勢いで(爆)

プロと勝負するなんて今考えても馬鹿ですよねぇ(笑)

彼は私が口にくわえた煙草をルアーキャスティングで落としましたからね。

凄すぎました

世の中、学ぶべきことは多いですが、ハマってはいけません。

見よう見まねで、ちょっこっとさりげなく遊ぶのが一番ですね。
これ、家族円満です
さて、少しだけ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。