黒田官兵衛(如水)と別冊宝島

2016-10-01 07:50:13 | Weblog

全国誌で有名な宝島社からこの程、”外国から見た戦国・幕末の日本”特集で別冊宝島が出版されました。

その中の黒田官兵衛のページに中津城をバックに官兵衛公と光姫様の像(中津黒田武士顕彰会提供)が載せられています。

戦国時代に宣教師と関わりのあったキリシタン大名など、とても詳しく当時のことが載っています。

皆様、別冊宝島をぜひ購入され、お読みになってください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒田官兵衛(如水)と黒田二... | トップ | NHK大河ドラマ2018は 西... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
官兵衛さまの石像 (中津が一番すごいです。)
2016-10-07 10:00:57
やっぱり像があるとこに記事は中心をおきます。像を建立された中津市はすばらしいと思います。このいきおいでまだ無い銅像も建立してほしいな。福岡や姫路は作る気がないので。あの直江かねつぐさんは銅像が沢山あります。
官兵衛・光姫像 (中津黒田武士顕彰会松本達雄)
2016-10-09 08:56:18
コメントありがとうございます。今まで官兵衛公の像が無かったので中津黒田武士顕彰会で建立しました。姫路では播磨の黒田武士顕彰会では銅像を建立する話が出ているようです。実現する日を楽しみに待ちましょう。中津では官兵衛・光姫像が夫婦円満のパワースポットとして観光客の皆さんに喜ばれています。良きご夫婦の皆さんの祈願をお待ちしています。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。