黒田官兵衛(如水)と黒田二十四騎図

2016-09-21 08:09:22 | Weblog

前回の黒田惣右衛門直之をもって、かねてからの懸案であった黒田官兵衛(如水)を支えた黒田二十四騎の紹介が全て終わりました。

黒田二十四騎は豊前中津時代に文禄・慶長の役(朝鮮出兵)で大暴れした侍大将が選ばれている。

黒田二十五騎と呼ばれたときもあったが、それは軍団の中で最も勇猛果敢であった黒田長政を入れていたからである。

長政は、戦場では常に軍の先頭に立ち軍団を鼓舞し、刀槍を振る猛将でした。

黒田二十四騎は元文年間(1736~41)に、福岡藩主黒田継高が,家臣原種次に黒田藩に尽くした武将を選ばせたことから、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)と黒田二十四騎 黒田惣右衛門直之

2016-09-13 08:50:13 | Weblog

 黒田惣右衛門直之は官兵衛の異母兄弟として姫路で生まれた。

幼少時秀吉に仕えたが、官兵衛の九州攻めのとき、黒田家にに戻るが豊前国中津で妻と共にキリシタンの洗礼を受け、それ以来熱心なキリシタンとなった。

文禄・慶長の役では侍大将として出兵、大いに活躍し高名を上げる。

関ヶ原合戦時、官兵衛は九州の西軍地を攻めていたが、惣右衛門は豊後国東の富来城攻め、肥後久留米城攻めで活躍し、久留米城番を務める。

切支丹であった官兵衛は切支丹信徒の家臣や領民がたくさん居た久留米城番には熱烈な切支丹であった惣右衛門直之が適任との判断であった。

黒田家が筑前福岡52万石に移封した時、惣右衛門は秋月で1万2千石を拝領。

1604年(慶長9年)如水が伏見の藩邸で死去、遺骸は博多の教会に運ばれ、棺の先導を惣右衛門(洗礼名ミゲル)が務めた。

黒田惣右衛門は慶長14年(1609)大坂で死去、長崎のキリシタン墓地に埋葬される。

享年46歳、稀代の戦国武将黒田官兵衛(如水)の異母弟として、よく官兵衛を助け、官兵衛に倣いキリシタンとして信仰に生きた一生であった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)と黒田二十四騎 井口(村田出羽)兵助吉次

2016-09-02 07:59:59 | Weblog

黒田二十四騎の一人、井口(村田出羽)兵助吉次は先祖を播磨の赤松家に発し、小寺家や広峯氏(広峰神社神官)と血縁関係にあった。

幼少時、兄三人が官兵衛にスカウトされて武士となったがみな討ち死にしたので親は芳次を武士にするのを拒んだ。

しかし、官兵衛のたっての要望で武士となった経緯があり、官兵衛は芳次を大事にした。

幼少の長政が信長の人質に出されたとき、付き人として秀吉の長浜城へ入り、竹中半兵衛の菩提山城で匿われたときにも同行したと伝えられている。

また、平助の叔母は後に官兵衛が有岡城に幽閉されたときに、密かに衣食の世話をして瀕死の官兵衛を助けた恩人でもある

常々、馬を欲しがっていた兵助はある戦で敵の武者を討ちその武具刀槍を奪い取り立派な甲冑騎士武者として凱旋するほどの猛者であった。

豊前国入国後は宇佐神宮神主宮成家へ婿養子へ官兵衛が算段したが、武士を捨てる気はさらさらなく、その話を断った。

文禄・慶長の役では一日で首七つ取ると朱柄の槍を用いる事と言う名誉を得るほどの勇猛な戦武将であった。

1600年天下分け目の関ヶ原の合戦の時、官兵衛軍は九州を席巻しつついたが、柳川攻撃中包囲軍の鍋島直茂を訪ねた折、その家臣の村田隠岐が武功多く無傷な武将と紹介されたので、官兵衛はその幸運に肖るべく村田の姓を戴き、それより兵助は村田兵助と名乗った。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)正室光姫(照福院殿)様390回忌法要

2016-08-26 07:53:46 | Weblog

 

八月二十六日は黒田官兵衛(如水)正室光姫(照福院殿)様の命日で,三百九十回忌となります。

中津黒田武士顕彰会では松厳寺さんのご厚意で、法要を行いました。

正面に光(みつ)姫(照福院殿)様の肖像画を掲げて、黒田官兵衛を生涯支え、才徳兼備と謳われた光姫様の徳を偲びました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)と黒田二十四騎 堀平右衛門定則

2016-08-21 16:20:21 | Weblog

黒田二十四騎の一人、堀平右衛門定則は旧姓明石久七という軽輩の出ながら、渡鮮した文禄役では晋州城攻めで高名。

黒田官兵衛(如水)考案の戦車「亀甲車」で晋州城の石垣を崩した時、平右衛門は黒田軍の先頭を馳せ、後藤又兵衛などと共に一番乗りを争った。

その武功により「明石久七」は、活躍した場所がお濠の塀際だったので名前を「堀平右衛門」と名乗ることになり、その後も朝鮮での戦で大いに暴れまわった。

慶長五年(1600)家康軍が会津へ出兵した隙を衝いて石田三成が挙兵した、関ヶ原の合戦の前哨戦である木曽川・合渡川の合戦で泥田に落ち水牛兜の先が見えるだけになった長政を引き上げ無事助け出した。

その後、関ヶ原の合戦で高名、二十二首級を上げ筑前入国後は黒田家三男長興が秋月城主と分封されると五千石の筆頭家老となった。

長興が長ずるに豪傑平右衛門の常軌を失した行いは次第に信頼を失う。

豪傑で名声もあった平右衛門は大奥で権勢を振るった春日局の息子老中でもある小田原城主稲葉正勝に乞われ召し抱えられる。

しかし、余りにもその我儘さに正勝の死後、新城主となった正則により手打ちにされた。

平右衛門の次男真明は真言密教の僧となり、豊後国(大分県)玖珠郡戸畑の地蔵院導伝寺の住職となり、今もそのご子孫が続いている。

古来より豪傑たるもの、戦の世には超人的な活躍をするが、戦が収まり平和な時代になると、なかなか世の中にそぐわなくなることが多々あります。

堀平右衛門の一生懸命に戦国の世を生き抜いてきた姿と時代の変化に翻弄されながらも、その無骨で一途な生き様を思いみると、茫々たる涙の流るるを禁じ得ないのであります。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)・光姫像の夕映え

2016-08-10 08:49:30 | Weblog

 

 

中津城にポケモンが出るというので行って来ました。

なんとその時間は、あざやかな夕映えの最中で、官兵衛(如水)・光姫像は夕日に照らされて耀いていました。

「今や、日本国中の幸せなご夫婦のパワースポットとして有名になったこの地は、多くの観光客の皆さんが訪れています。」

、、、、、と言えるように、これからも名所になってほしいと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)と福岡城物語

2016-08-02 15:49:40 | Weblog

福岡城だよりが届きました。

黒田官兵衛、長政をはじめとした黒田家、黒田藩、黒田武士及び福岡城などの検証と顕彰を今もなお熱く活動している会の一つであります「福岡城市民の会」の会報もなかなか読み応えのある冊子です。

記事中、福岡城ものがたり、石垣については一読の価値があります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)と福岡市立美術館2 青山琵琶ほととぎす

2016-07-20 07:38:29 | Weblog

福岡市立美術館にある北条家秘蔵の青山琵琶「ほととぎす」です。

秀吉が北条攻めをした時、堅牢な小田原城を攻めあぐねた秀吉は余りにも長期化するので焦っていた。

たまらず秀吉は官兵衛(如水)に北条攻めを命じる。

官兵衛は秀吉の命にて単身小田原城に乗り込み、城主北条氏政、氏直親子を説得し、見事に開城させました。

その褒美として、北条家から拝領した北条家伝来の秘宝(名刀日光一文字・吾妻鑑・北条法螺貝・青山琵琶)のうちの一つ、平家琵琶として有名な青山琵琶「ほととぎす」です。

この「ほととぎす」は、戦乱の世にあって生き残った逸品でした。

福岡市立美術館へ行きましたら、この青山琵琶は見逃してはならない素晴らしい北条家宝ゆえ、じっくり見て欲しいと思います。

 *今年のNHK大河ドラマ真田丸の中で、秀吉の北条攻めを真田信繁が成したと三谷幸喜脚本ですが、三谷さんも官兵衛に申し訳ないと弁明しています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)と福岡市立美術館 如水居士像

2016-07-15 07:38:30 | Weblog

福岡市大濠公園のほとりに福岡市美術館があります。

先日、そばの能楽堂に能を観に行ったときに訪れました。

常設館の中に、黒田家資料がありゆっくり見てきました。

 これは有名な如水居士像です。

如水像や長政像は藩の専属絵師によるものと、何やら何処かの地にて想像や肖像画を真似て描かれたものが各地に残っています。

福岡市立博物館とここ福岡市立美術館に残されているものが双璧であり、良くその表情を表していると言われています。

福岡市立博物館には黒田家遺品の常設館があり母里太兵衛が福島正則から飲み取った名槍「日本号」と共に肖像画もありますので、福岡市に行かれたときには、ぜひこの二つの館を訪れることをお勧めします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田官兵衛(如水)と藤香会2

2016-07-11 08:39:55 | Weblog

藤香会さんは定期的に「藤香会だより」を発行して、藩祖黒田官兵衛(如水)や初代藩主長政を中心に、黒田家ゆかりの史跡や福岡の歴史的な物語などを紹介しています。

賛助会員を募集していますので、黒田武士に興味のある方は会員になる事をお勧めいたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加