natural*warm

俳優*三浦春馬くんにまつわることを綴ってます。

いつもひかりをありがとう。

「自閉症と君との日々」朗読news

2017-03-21 12:31:08 | はるま。
音楽ナタリー
野田洋次郎、NHK「自閉症の君との日々」で初のナレーション担当
**************************
野田洋次郎(RADWIMPS)が、3月23日(木)深夜に放送されるNHK総合「自閉症の君との日々」でナレーションを担当する。

この番組は2014年と2016年に放送された自閉症の作家・東田直樹の特番を1つにまとめたもの。東田の作家としての成長を3年間にわたって記録した総集編となる。野田は今回、取材中にがんを患い、ハンディキャップを抱えた番組ディレクターの思いを代弁する形で初めてのナレーションに挑戦。さらに番組では東田の作品を三浦春馬が朗読する。

NHK総合「自閉症の君との日々」

2017年3月23日(木)24:10~25:40
**************************


NHKドキュメンタリー
**************************
自閉症の君との日々
2017年3月24日(金) 午前0時10分(90分)

番組スタッフから
今回の番組は、自閉症の作家東田直樹さんを取材した2014年放送の「君が僕の息子について教えてくれたこと」と2016年のNHKスペシャル、2つの番組をまとめ、直樹さんの成長を3年間にわたって記録した総集編になります。3年間という長期取材は、直樹さんが世界的なベストセラーを生み出し、作家として大きく成長していく姿を克明に映し出します。一方で、その間に単なる取材者だった私もガンとなり、肺や肝臓にも転移し5年生存率は5割以下と告げられました。治療の結果、癌細胞は死滅したものの、再発の恐怖や抗がん剤によるしびれなど自らハンディキャップを抱えることで、自閉症とともに生きる直樹さんの存在はもっと切実なものとなりました。生きづらさを抱えながらどう生きればいいのか、直樹さんの取材を通して考え続けることが、今を生きる人々にとって意味のあるものになるかもしれないと思い取材を続けました。障害、病気、事故、大切な人との別れなど生きる上で、ハンディキャップや苦悩を抱えることは誰にでも起こりえるからです。そのため、今回の総集編は、ガンとなった私の一人称で番組を進めるようにしました。一生の中で3年間といえば、短いのかもしれませんが、成長や葛藤、そして、苦しみなど、実に様々なものを人生にもたらすものだと総集編にして改めて気がつきました。

そして、今回、なんと、私の一人称のナレーションを「君の名は。」の音楽を手がけ、今、最も人気を集めているRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんが担当してくれることになりました。この番組が初めてのナレーションになるようですが、類い稀な表現力と独自の存在感を持つ野田さんの語りも是非、楽しんで欲しいです。直樹さんの圧倒的な言葉の世界は、前回のNHKスペシャルと同様に、三浦春馬さんが朗読で表現してくれます。
89分と少し長いですが、一つの映画をみるようなお気持ちでご覧になっていただけると有り難いです。

(番組ディレクター)


番組内容

自閉症の君との日々
自閉症の作家・東田直樹さんは、日常会話は不可能だが、文字盤で意志を伝えられるという極めてまれな能力を持っている。私たちは、東田さんを3年間に渡り取材してきた。その間に東田さんは、世界的ベストセラーを生み、作家として大きく成長した。一方取材を続けてきたディレクターは、ガンとなり、自らハンディキャップを抱えることになった。生きづらさを抱える人がどう生きればいいのか、ディレクターが見つめた3年間である。


出演者ほか

【出演】東田直樹,【朗読】三浦春馬,【語り】野田洋次郎
**************************
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涙涙涙とマルハ | トップ | KBJライブ録音盤本日発売♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む