ひたきのつぶやき(8年ぶりの再開)

山野草、樹木、虫、鳥、魚 などなど 身近な自然についてのつぶやきです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤマネの通り道 秋 ジュズダマ

2005-10-03 10:52:17 | ヤマネの通り道 秋
子供の頃には、裏の畑にあったというイメージなんですが、野に逃げ出したものは、湿地でよく見かけます。
もう黒く色づいて、なんか作りたくなっちゃいますよね。
数珠じゃなくて、お手玉の中に入れたのは覚えてますけど。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巣の花 秋 イヌコウジュ ... | トップ | 巣で動くもの オオミノガ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お手玉遊び (ミンキー)
2005-10-04 09:23:39
おはようございます。

いつも楽しみに訪問させていただいております。自然豊かな環境で羨ましい!

冬季オリンピックで、彼方此方掘り起こされてから、どこに行っても、開発の残骸が目に付き、がっかりです。懐かしい数珠球も、今は見られなくなりました。昔は数珠球お手玉に入れて遊びました。孫に作ってやりましたが、中身は勿体無いけれども、小豆を使いました。孫より、はまって夢中になったのはミンキーでした。
ミンキーさん、こんにちは (クロ)
2005-10-04 11:24:27
ご無沙汰してしまってすみません。

長野は開発されたといっても、やっぱり日本を代表する自然の宝庫だと思いますよ。

クロの近所は、オリンピックなんかなくとも環境アセス(これも、ちょっと免罪符的なところがありますが)をされることもなく日常茶飯事的に開発されているところが課題かと。

平地で東京通勤可能圏は、いつ開発されてもおかしくない状況ですから。せめて、公園とかは自然を残してほしいのですが、これがまた、行政自ら自然破壊して、園芸種・外来種だけの人工的空間をつくるのにいそしんでいるところが悲しいです。

コメントを投稿

ヤマネの通り道 秋」カテゴリの最新記事