アウトドアが好きな高齢者入りの元気な爺さん、略して「アド爺」の独り言

玄関の外はアウトドアの世界。山歩き、スキー、ウヲーキング、ランニング、釣り、ゴルフ、各種イベント巡りと楽しむことが一杯。

春の院展を鑑賞する 横浜そごう美術館

2017年07月16日 | イベント巡り
 春の院展の入賞作品の巡回展示が横浜そごう美術館で開催されており、連れ合いと出掛けた。
7月の渓流釣りでご一緒した渓流を心から愛する画家の作品が入賞展示されており、それを鑑賞するためだ。


 入場券
頂いた入場券。


 そごう美術館
美術展会場。例によって撮影は出来ない。

当日のお目当てをネットで探すと次のものだ。
http://nihonbijutsuin.or.jp/ippan72/works/030.html 
又は院展、井上厚のキーワードで検索できる。
会場では保護ガラスも無く間近に見れるが緻密な表現、全体の印象など当方にとって意外で魅入ってしまった。


 パンフレット
実物はとても素敵だ。他にも驚いたり気に入った作品が多々あった。


 昼食
横浜まで出掛けてきたので連れ合いと会場近くの和食店に入った。


 三段重ねで


 枝豆のシュウマイ


 ウナギのせいろ蒸し
デザートまで美味しく頂いた。


 お店の29階から横浜港方面
良いものを観て美味しいものを食べて暫し満ち足りた気分。

 日本画の有名作品、有名画家の作品は今までに幾つか見てきたが、春の院展は現在の日本画家の作品の集りだ。色々な表現、画法に眼を開かれた。
又、出展画家のイワナの移植放流活動を知ったり、偶然の出会い等の出来事が出品作をより興味深く観る事が出来た、不思議な気分。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我家の庭の花 7月中旬 カ... | トップ | 尾瀬に出掛けた 1日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。