アウトドアが好きな高齢者入りの元気な爺さん、略して「アド爺」の独り言

玄関の外はアウトドアの世界。山歩き、スキー、ウヲーキング、ランニング、釣り、ゴルフ、各種イベント巡りと楽しむことが一杯。

八甲田の春スキー 4月中旬 二日目 

2017年04月23日 | 山登り・ハイキング
 スキーツアー二日目は絶好のお天気、ロープウェーの上駅から赤倉岳方面に稜線歩き、メインイベントの箒場岱コースを滑降する。


 八甲田ロープウェー
9時頃発に乗車。100人乗りで標高差650m、標高1320mまで運んでくれる。


 ロープウェー途中から青森市方面
下部はブナ林、上は青森トドマツの疎林。


 上駅から南八甲田山方面


 赤倉岳、大岳方面


 シールを着けて赤倉岳方面へ登っていく


 振り返ると岩木山の上部が天空に浮かんでいるように見える


 稜線近くになると雪面は固くなり、急登なのでシールを踏みしめるように登る


 単独行の方
良いペースで高度を稼いで追い抜いていく。お会いすると当方より高齢者のベテランだった。


 赤倉岳の稜線


 大岳方面


 赤倉岳への雪稜を歩く
好天なので気持ちよい歩行なのだが、ツボ足では途中で踏み抜いたりする。


 赤倉岳山頂へは雪の途切れた夏道を歩む


 井戸岳を回り込む
ここで昼食。ここが箒場岱コースのスタート点。個人や団体ツアーのスキーヤーが集まる。


 シュプール跡の無い大斜面を滑る
雪面は締まっているので気持ち良く曲がっていける。


 メンバーも爽快な気分で滑っている


 高田大岳


 快適な斜度が過ぎて緩斜面を滑る


 高田大岳の麓へ回り込んでいく


 林間滑走が続く
オレンジ色のコース標識が導いてくれる。


 ブナ林
木の根元はポッカリと穴になっていて春スキーだなと思う。

 本日は絶好のスキーツアー日和の好天、4月中旬なので積雪も多く、気分良く周回道路際まで滑れた。充実した幸せな気分の一日でした。同行メンバーの皆さん有難うございました。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八甲田の春スキー 4月中旬... | トップ | 八甲田の春スキー 4月中旬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。