つるおか藤ボクシングジム

山形県鶴岡市伊勢原町2-17(☎0235-23-7554)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボクシングの基礎知識

2007年06月29日 | ボクシング
(写真は中森=ライト級3位・平仲=vs五十嵐=ライト級6位・つるおか藤=6/4・パシフィコ横浜)

● 階 級 表 ●

 ボクシングの試合では公平を期すために、できるだけ近い体重の選手同士が戦うということがルールで決められています。
 現在、クラスは体重別に17階級に分けられています。一番軽いミニマム級は47.62キロ以下、一番重いヘビー級は90.72キロ以上で上限はありません。
 ちなみに日本人男子の選手が比較的多い階級はスーパー・バンタム級(55.34)フェザー級(57.15キロ)、スーパーフェザー級(58.97キロ)あたりです。
 また、日本では体重の重い選手選手がが少ないため、スーパー・ミドリ級以上は

1.ミニマム級    (Mm) 105ポンド(47.62キロ)
2、ライト・フライ級(LF) 105ポンドから108ポンド(48.99キロ)
3.フライ級     (SF) 108ポンドから112ポンド(50.80キロ)
4.スーパー・フライ級(SF) 112ポンド~115ポンド(52.16キロ)
5.バンタム級    (B)  115ポンド~118ポンド(53.52キロ)

6、スーパー・バンタム級(SB)118ポンド~122ポンド(55.34キロ)
7、フェザー級    (Fe) 122ポンド~126ポンド(57.15キロ)
8、スーパー・フェザー級(SFe)126ポンド~130ポンド(58.97キロ)
9、ライト級     (L)  130ポンド~135ポンド(61.23キロ)
10、スーパー・ライト級 (SL)135ポンド~140ポンド(63.50キロ)

11、ウェルター級   (W)  140ポンド~147ポンド(66.68キロ)
12、スーパー・ウエルター級(Sw)147ポンド~154ポンド(69.85キロ)
13、ミドル級     (M)  154ポンド~160ポンド(72.57キロ)

14、スーパー・ミドル級(SM) 160ポンド~168ポンド(76.20キロ)
15、ライト・ヘビー級 (LH)168ポンド~175ポンド(79.38キロ)
16、クルーザー級   (C) 175ポンド~200ポンド(90.72キロ)

17、ヘビー級     (H) 200ポンド~無制限。


● 五十嵐 圭選手 ●            


今日はスパーリング相手を代え、4ラウンド行う。
6月のランキング(07/6/22現在)は、ひとつ下がって7位になる。



ジャンル:
スポーツ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボクシングの基礎知識 | トップ | ボクシングの基礎知識 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
中古クルーザーってどうなの? (中古クルーザーってどうなの?)
中古クルーザーってどうなんでしょうか?クルーザーが欲しいんですけど。クルーザーで晴れた海の上を風を切って滑走したいんですけど。クルーザーがないんです。