つるおか藤ボクシングジム

山形県鶴岡市伊勢原町2−17(☎0235-23-7554)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女子プロ拳闘 認可へ

2007年11月11日 | ボクシング
写真はボクシングの聖地後楽園ホール

● JBC、来年にも初テスト ●
 独自ルール 1R2分 。   (男子は1R3分)

日本ボクシングコミッション(JBC)が、女子のプロボクシングを認める方針を固めた。
 認可を前提にした女子独自のルールや医事ガイドラインをまとめ、6日、各ジムで構成する日本プロボクシング協会(JPBA)に提案した。
 JBCはJPBAと細部を詰めたうえで、今月中旬にも認可する。

キーワード
 女子ボクシング
 JBCの調査では、JPBA加盟ジムの8割が女性会員を抱え、人数は2千から3千人。
 米国では90年代初めからプロ化の機運が高まり、元世界王者モハメド・アリの娘レイラ・アリらが活躍。WBCは98年に、WBAも05年に女子を認可。
 日本では菊池奈々子が05年にWBC王者になった。

●JBCの安河内剛事務局長の話
 「ルールは認可を前提に前提として作ったもので、女子ボクシングへの反対意見は出ていない。」

 いよいよ「ボクシングの聖地」後楽園ホールに女子のプロボクサーが登場する。
どんな戦いをするか楽しみである。健康管理面が一番だろう。



コメント (18)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

五十嵐選手「日本ライト級チャンピオンを目指す」練習再開

2007年11月10日 | ボクシング
写真は試合前の五十嵐選手(後楽園ホール)07/10/20

▼ 一からじっくり鍛え直す。目指すはチャンプ! ▼

2007年10月20日(土)後楽園ホールで行われた、日本ライト級次期挑戦者決定戦(五十嵐 圭=日本ライト級6位・つるおおか藤=vs中森 宏=同級2位・平仲BS}で、惜しくも4ラウンドKOに敗れた、五十嵐圭は、今後について、じっくり考えた末、再起して、「夢である日本ライト級王者」を目指す事にしました。
 初心に帰り、一からじっくり練習し、上位をめざし、最終目標は王者。(11月13日から練習再開)

今まで以上の応援をよろしくお願いします。次戦は来年の4月か5月?期待しましょう。
   ● 日本ランキング(07/11) ●

 日本ライト級シャンピオン 長嶋建吾(18古河)
 
 1位           中森 宏(平仲BS)
 2位           石井 一太郎(横浜光)
 3位           川瀬 昭二(松田)
 4位           三垣 龍次(M。T)
 5位           リッキー・ツカモト(宮田)
 6位           川端 康博(カシミ)
 7位           鮫島 康博(グリーンツダ)
 8位           熊野 和儀(宮田)
 9位           高橋 司 (大阪帝拳)
 10位         五十嵐 圭(つるおか藤)10月6位
 11位          大沢 宏普(大島)
 12位          方波見吉隆(伴流)


                     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂田(協栄)引き分けで防衛(WBCフライ級)

2007年11月07日 | ボクシング
(写真は攻める王者坂田健史-右-)

● WBCフライ級タイトルマッチ12回戦 07年11月4日(日) さいたまスーパーアリーナ ●

坂田健史(協栄)50.7キロvsデンカオセーン・カオウィチット(タイ)50.5キロ

 結果:坂田の引き分け防衛 (112−115、114−112、113−113) 

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦が11月4日、さいたまスーパーアリーナであり、同級王者坂田健史(27歳)=協栄=は同級2位デンカオセーン・カオウィチット(31歳)=タイ=と三者三様の採点で引き分け、2度目の防衛に成功した。
 デンカオセーンは2度目の世界挑戦失敗。 日本ジム所属の世界王者は6人。

 1回、王者がいきなりピンチを迎えた。不用意に左ジャブを放った瞬間、ガードが空いて、挑戦者の強烈な右フックをもらいダウン。

 良くも悪くも坂田らしい試合内容だった。「決してあきらめない」気持ちががけっぷちに追い込まれながら、ベルトを死守した。

 「出遅れ癖」直せ
元世界ミニマム級王者大橋秀行さんの話

「坂田らしいスロースタートでダウンまで奪われた。手数は出ているし、採点は有利だと思ったが、この癖は直さないといけない」

            2007年10月24日
関係各位
拝啓 仲秋の候、貴社益々ご清祥のことお慶び申し上げます。
毎度格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、来る12月23日(祝)日本プロボクシング協会忘年会を下記の通り開催致しくご案内申し上げます。
             記

              日本プロボクシング協会忘年会

日時 平成19年12月23日(祝) 18時より
場所 熱海後楽園ホテル          以上

万障お繰り合わせの上、ご出席くださいます様、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

           日本プロボクシング協会
             03−3812−7447・5888

つるおか藤ジム

10月20日の五十嵐圭vs中森宏の日本ライト級次期挑戦者決定戦に対して多くの応援本当に有難う御座いました。そして、多くの皆さんから「激励賞」を頂戴しありがとうございました。
 結果は、4ランドKO負けでした。五十嵐圭は2週間ばかり休養し「再起に向けて」練習を再開するようです。まだ27歳引退するには早い、まだまだ「戦える体力、技術、等」はありますので本人の「気持ち」でしょう。

今回の応援団は100名近くになり、五十嵐圭にたいする「期待」の大きさが伺えました。
 わたしもこれからも力強く応援していきます。がんばれ五十嵐!!

今後とも皆さんの「熱い応援」をお願いします。
 ● 目指すは日本ライト級チャンピオン!!! ● 

10月の日本ランキングはライト級10位になりました(9月は6位でした)


コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本フェザー級タイトルマッチ

2007年11月05日 | ボクシング
(写真は2度目の防衛に成功した粟生選手)

▼ 日本フェザー級タイトルマッチ ▼
2007年11月3日(土) 後楽園ホール

王者:粟生 隆寛(帝拳)vs6位:上野 則之(ワタナベ)

結果:粟生3−0判定勝ち(99−94、99−93、98−93)
 粟生が、大差判定勝ちで2度目の防衛に成功した。テクニックで上回る粟生が序盤から優位に試合を進めた。上野は、右ストレート、左フックをヒットして食い下がるが、主導権を奪うに至らず、試合終了のゴングがなった。

▼ 東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ ▼

2007年11月3日(土) 名古屋国際会議場
王者:和賀 寿和(畑中)vs1位:ガオフラチャン・S(タイ)

結果;和賀3−0判定勝ち(116−114, 117−115, 115−113)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関西地区でプロボクサー講習会開催

2007年11月02日 | ボクシング
写真は講習を受ける世界チャンピオン長谷川選手

● プロボクサー講習会 ●

◆ 日 時 2007年10月28日(日) 13時〜17時 
◆ 会 場 マイドームおおさか
 
◆ 出席者 西日本ボクシング協会加盟ジムの所属ボクサー、クラブオーナー、マネージャー、トレーナー、セコンド
 
◆ 内 容 
  1、開会の辞 (財)日本ボクシングコミッション 関西事務局長 中山善治
  2、「JBCと協会の役割、マネージャーとボクサーの契約について」
    (財)日本ボクシングコミッション 本部事務局長 安河内剛

  3、「契約・選手育成などについて」
    西日本ボクシング協会 プロモーター委員長 枝川 孝
  4、質疑応答

  5、「適正な減量方法や試合後のアルコール類の摂取の弊害について」
    大阪厚生年金病院脳神経外科 脳卒中担当部長 藤田敏晃ドクター
  6、質疑応答

  7、「選手として、社会人としての体験談」
    元WBA世界バンタム級チャンピオン ミズノKK 六車卓也氏
  8、質疑応答
 
  9、閉会の辞
    西日本ボクシング協会会長 金沢 英雄

  ◆ 講義資料
    JBCの役割、マネージャーとボクサーの契約について

 ▼ 東洋太平洋S・ウエルター級王座決定戦

  2007年10月29日 後楽園ホール
 6位:日高 和彦(新日本木村)vs10位:野中 悠樹(尼崎)

 結果:日高3−0判定勝ち(116−111、116−113、116−112)
 日高が、OPBF2階級制覇に成功、2回にダウンを奪われた日高だったが、パワーで上回り、中盤以降を優位に進めた。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

タイトルマッチ

2007年10月21日 | ボクシング
写真は3度目の防衛に成功した長嶋選手

日本ライト級タイトルマッチ

  後楽園ホール 07年10月20日(土)   17時45分

 王者:長嶋 建吾(18古河)vs1位:リッキー・ツカモト(宮田)
 
 結果:長嶋3―0判定勝ち(98−94、99−94、99-92)

長嶋が、最大7ポイントの大差の判定勝ちで3度目の防衛に成功。
 序盤から左ストレートを好打するなどポイントでリードした。中盤から接近戦で挑んできたツカモトだったが、技術力で上まわる長嶋が、的確なヒットでポイントを積み重ねた。

日本ライト級次期挑戦者決定戦
● ライト級10回戦 ● 
6位:五十嵐 圭(つるおか藤)vs2位:中森 宏(平仲BS)
結果:中森4回1分20秒KO勝ち
五十嵐に対して、激励賞、また応援ありがとうございました。

● 日本ライト級タイトルマッチ ●
姫路市立中央体育館 07年10月20日(土)
王者:江口 啓二(姫路木下)vs8位:叶 栄治(大阪帝拳)
結果:江口 4回2分58秒TKO勝ち
































































































































コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

亀田家に処分(07/10/15付け/JBC)

2007年10月19日 | ボクシング
写真は亀田親子と金平会長

告 示 2007年10月15日付   財団法人日本ボクシングコミッション 倫理委員会委員長 斉藤 真一

 2007年10月11日に行われた、WBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助(王者)対亀田大毅(挑戦者/WBC世界同級14位)の試合において、12ラウンドに亀田大毅に対して反則行為により3点減点が科せられた。

 その行為は祟高なる世界タイトルマッチを冒涜するもので、多くのボクシングファンの信頼を損ねるものだった。

 このことは、当日の世界タイトルマッチの試合に臨む協栄ジム関係者が日頃から当該選手に対する指導、育成を怠ったことに起因することが大である。

 こらは、JBC試合ルール総則ならびにルール第9条等に抵触し、JBC倫理規定に反するものである。

 よって、JBC倫理委員会は協栄ジム・金平桂一郎(クラブオーナー・ライセンス)、亀田史郎(セコンド・ライセンス)、亀田大毅ならびに亀田興毅(ボクサー・ライセンス)に対して下記のとおり処分する。

        記
1、金平桂一郎 処分: クラブオーナー・ライセンス3ヶ月停止。
        理由:クラブオーナーとして、その監督下にある亀田史郎、亀田大毅、ならびに亀田興毅に対する指導、管理責任。

2、亀田史郎  処分;セコンドライセンスの無期限停止。
        理由:1、チーフセコンドとしての第一義として、当該選手に対してスポーツマンシップの理念の教導を誤った責任。
           2、試合開始前のレフェリーの注意に際し、チーフセコンドの亀田史郎が行った恫喝、威嚇行為。
           3、当該試合のチーフセコンドとして、亀田大毅選手にルール違反を惹起させる動機を作った責任。
           4、2006年10月12日及び2007年4月16日にセコンドとして不穏当な行動に対して厳重注意を促した経緯があるにもかかわらず、前項の行動を成した責任。

3、亀田大毅  処分:ボクサーライセンスの1年間停止。
        理由:世界タイトルマッチに臨むにあたり、挑戦者としてその技能を発揮することなく、徒に反則と見なされる行為を頻発し、12ラウンドでは反則減点3を科せられたことは世界のボクシングを冒涜、且つ日本のボクシングにダメージを与え、また多くのボクシングファンの信頼を損ねた責任。

4、亀田興毅  処分:厳重戒告処分
        理由:セコンドとして不適切な指示があった。

 上記の者は、処分に不服がある場合は、JBCルール第50条に基づき、JBCに提訴することができる。
            財団法人日本ボクシングコミッション




 
          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WBC世界フライ級タイトルマッチ

2007年10月15日 | ボクシング
・写真は攻める内藤大輔(宮田)左・

◆ 2007年10月11日(木)  有明コロシアム ◆
WBC世界フライ級タイトルマッチ
 
王者:内藤 大助(宮田)vs挑戦者:亀田 大毅(協栄)

結果:内藤3−0判定勝ち(117−107、117−107、116−108)
 内藤が、序盤から手数と有効打で上回り、8〜10ポイント差の大差の判定勝ちで初防衛に成功した。
 内藤は、9回にもみ合って倒れた亀田に加撃し減点1.
 亀田は、12回にレスリング行為で減点3を課せられた。

● 品格が問われる亀田の反則 ●

 試合を観戦した、前WBA・Sフライ級王者名城信男(六島)は、「亀田はボクシングをなめている。最低の負け方だ」と吐き捨てた。

 名城の怒りは、亀田の最終回にあった。
「王者ともつれるように倒れこみヘッドロック。1点減点。それでも内藤を抱え上げリングにたたきつけた。レスリング行為の反則で計3点の減点。

 初の日本人戦。披露したのはボクシングではなく、プロレス風の抱え技、ラグビーのようなタックル。

 試合前、亀田は父親の史郎トレーナーと一緒に、内藤を「ゴキブリ」、「情けない王者」とこき下ろした。リングでの最低なマナーも亀田家の「スタイル」なのか。

 挑戦者どころか、ボクサーとしての資格、品格を疑わざるを得ない。




 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

試合まで一週間(10月20日・後楽園ホール)

2007年10月14日 | ボクシング
(写真は9月30日の地元鶴岡市三瀬後援会の激励会での五十嵐選手-右-)

● 五十嵐選手、スパーリングは今日で終了・最後の調整に入る ●

 07年10月20日(土)の試合にそなえて猛練習を続けてきた五十嵐圭選手は昨日10月13日でスパーリングは終わり、最終段階の調整、練習に入る。
 減量も順調にいっているようで、調子はいいようです。

皆さんの応援が「力」になり、勝利をぐっとひきつけます。応援よろしくお願いします。応援団も100名ぐらいはなるでしょう。

 第425回ダイナミックグローブ(07/10/20(土)後楽園ホール・17:45〜)

 メイン 日本ライト級タイトルマッチ
長嶋建吾(18古河)vsリッキー・ツカモト(宮田)

 セミファイナル(日本ライト級次期挑戦者決定戦)
五十嵐 圭(ライト級6位)vs中森 宏(ライト級2位)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本ライト級タイトルマッチ(10月20日・後楽園ホール)

2007年10月10日 | ボクシング
写真はツカモトと長嶋(右)

● プロボクシング試合組合せ ●

日本ライト級タイトルマッチ 07年10月20日(土17時45分開始
                     場   所  後楽園ホール
                     プロモーター 18古河

  R 契約 (赤)選手名 所属  (青)選手名  所属  時間 
1 4  SF  星野昇規 (M・T)  サムライ綾 (協栄)  17:45〜18:00
2 4  Fe  横山大輔 (wスポーツ)  チャベス高久 (ヒタチナカ )18:05〜18:20
3 4  L   小澤剛  (18鴻巣)  竹本昌人  (本多)  18:25〜18:40
4 4  SF  宮森卓也 (18古河)  永安慶太  (セレス) 18:45〜19:00

5 8  SL  塩谷智行 (レパード玉熊) 大久保充 (宮田)  19:05〜19:36

6 10  L  五十嵐圭 (つるおか藤)  中森宏 (平仲BS)  19:41〜20:20

7 10  L  長嶋建吾 (18古河)  リッキーツカモト (宮田)  20:25〜21:04 


 ●五十嵐圭(つるおか藤・日本ライト級6位)は 減量も順調にいっているようです。(ライト級61.23キロ・135ポンド)目標は「勝つ」!KOで!攻めるボクシングで!お客さんが楽しめるボクシングを・・これぞボクシングだ!をやってもらいたい。大いに期待している。





  
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加