ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー60体他お節句を扱い122年,映画「君の名は」小海監督の出生地から車で25分

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:吉祥寺

2014年04月30日 09時02分52秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:「TOUCH」のある
街に女性が集まる】

吉祥寺、恵比寿など女性
に好かれる街には、
「TOUCHの法則」がある。

「T」:街にテーマを持たせる。

「O」:オリジナリティ

「U」:アンノウン。
「未知のもの」、迷路のような
街で、宝物探しをするのは
女性の喜びのひとつ。

「C」:クリーン(清潔)

「H」:ハンドメイド、手作り。
アットホームな感覚。

女性の集まるところには、
かならず、男性が吸い寄せ
られてくる。

だから、活気がある街をつく
ろうと思えばまず、女性を
ターゲットにすることだ。

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:なぜ!?

2014年04月29日 08時34分10秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:妊婦がストレスを
ためると赤ん坊はホモに
なる】

強いストレスを受けた妊婦
からは、ホモ・セクシャルの
発生率が高い。

具体的には、旧東ドイツ、

1944~45年のあいだに生
まれた同性愛の男性が多く
生まれた。

第二次世界大戦でいちばん
激しく戦火の時期。

いうまでもなく、戦争は人の
心をかき乱す。

目にみえないストレスが蓄
積され、男女の別をきめる
性ホルモンのバランスも崩

れてしまい、KABAちゃんの
誕生である。

子供のころに母親は男性
と駆け落ちしてしまった。

しかし、あの髪型はどこへ
向かっているのだろう!?

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:出来る男はジャケットの脱ぎ方で差が出る

2014年04月28日 09時32分29秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:脱ぎ方で差が出る】

洋服は、何を着ているのか
と同じくらい、どう脱ぐかが
ポイントになります。

本当にいい洋服を大事に
着ている人は、脱いだ上着
を裏返しにして半分にたた
みます。

全部を裏返すわけではなく、
裏が表になるように半分に
折るわけです。

腕を、前にならえの状態で
両袖を腕に通し、左手で右肩
を掴み、ひっくり返す裏地を
出せればOK

旅行の際、型崩れしにくいし、
高級バーではチェック対象部
分。

※ジャケットは、袖裏を返し
ミシン縫い目から5mm以上
余分に裏地があれば高級
仕立て。







この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:商売ネタ:大阪人

2014年04月27日 09時41分11秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:商売ネタ:通行
人が多くても、歩行速度
を見落とすと売れない】

通りを歩いて人を店に呼び
込むには、毎分50メートル
ぐらいのゆっくりとしたペー
スで

歩いていることが前提条件。

ちなみに、通常の歩行速度
は毎分80メートル程度。

大阪の朝のサラリーマンは
毎分120メートル以上の
スピードで歩くという。

人通りが多くても、その大半が
通勤客では、素通りされる。

役所や大劇場の近くなど、
歩行者の行先がおおむね決ま
っているようなところも、

途中で店に立ち寄ることは
少ない。

(大阪のサラリーマンは、
世界一歩くスピードが
速いし、車の信号待ちで

クラクションを鳴らす速さ
も世界一では???。)


この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:小話

2014年04月26日 09時41分54秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:小咄
言いなおし】

爪に火をともすような
節約で、やっと買った家。

祝いにやってきた友だち、

「なかなかいい家だが、
間口がちょっと狭い。

葬式のとき、お棺が出に
くい」

「めでたい家移りの日に、
なんと縁起でもない!」

「オット、悪いことを言った。
お棺は出るよ、

いつでも出ます。
スンナリいくつでも出る」

殺す!!!



この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:ソレなんのため

2014年04月25日 09時28分43秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:お笑い、
中一か月の登板!】

お題:『三十の中折れ』

二十代のときに遊びすぎ、
使いすぎ、そのために
三十代になってから、

一時的に元気をなくすこと
をいう。

また盛り返すのであるが、
このとき、すっかり指専門
になってしまう男もいる。

結婚したとたん、野球の投手
ような中三日とか中四日で
登板というわけにいかなく
なる。

「ねえ、どうしたの。いつも
指だけね」と愛人が不満。

「おれの指はゴールドフィン
ガー。これだけでも十分
楽しんでいるんじゃないか」

と、いいわけをするのだが、
「だって・・・・、ソレはなんの
ためにあるの?」

「なに、これは指がダメにな
ったときの予備さ」と強がる。

じゃぁ、たまには予備のほうも
使ってよ。といわれ、やむな
く予備のほうを出すのだが、

これが小さく短いまま、
しかも早いときている。

「ヨビに短しといってね」
それはタスキでしょ(怒

お後がよろしいようで。




この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:隣の芝生

2014年04月24日 09時27分50秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:よいリンゴは虫
に食われる】

優れた人間であればある
ほど、評価や収入が高く
て当たり前・・・・・と、

簡単にいかないのが、人間
社会の難しいところ。

人間には嫉妬心があり、でき
る人は、その攻撃を受ける
のが常だからです。

しかし、厄介なところは、嫉妬
する人に限ってそれを認めな
いことです。

嫉妬を認めてしまえば、自分が
劣っていることを自分で認め
てしまうことになるからです。

一生懸命仕事をしていると、
根拠のない非難の対象になり
がちです。

これは仕方がないこと。

よいリンゴほど狙われてしま
うのです。

あなたは、卑屈にならず、もっと
もっと仕事に打ち込めばいい
だけのことです。

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:暗示

2014年04月23日 08時48分25秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:うれしい言葉を
使う】

逢いたい人に
 「会える!」と

願いごとが
 「叶う!」と

自分は幸せに
 「なれる!」と

うれしい結果を肯定する
言葉を使う習慣がある
人ほど、

幸せになれる確率が高い。

なぜか、いつでも
思うことが本当になるという

うれしい運の良さを手に
する人になれます。

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:今を生きる

2014年04月22日 09時35分56秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:】
『過去はいつでも過去より
美しい、

過去が美しいのは、過去
がそこにないから・・・・。』

まだ若いのに、小学校の頃
の懐かしい思い出ばかりを
夢に見たり、

学生時代にはやった音楽ば
かり聞いたり、

つらい現実を乗り切るため、
過去の思い出に浸る人は
健康な証拠。

でも、やはり過去は過去。
どんなに美しくても造花が
生花にならないように、

懐かしい過去に戻ることは、
もうないのです。

あなたの手元にあり、それ
をあなたの手で幸にも

不幸にも変えていけるのは、
まさに「今」なのです。


この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:渋る

2014年04月21日 09時17分15秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:あなたの魅力は
アップする】
ギリシャの哲学者ソクラテ
スが、ある娼婦から質問を
受けました。

「私の体よりすばらしいも
のとして男に与えるために
どうすればいいでしょうか」

「一度求めを断りなさい。
そして与えなさい。そうすれ
ば喜びは何倍にもなるでしょう」

ソクラテスは即座にこう答えた
そうです。

つまり、求めに少しだけ渋る
ことが、自分の価値を高める
ことです。

拒絶は川をせき止める堰に
たとえばわかりやすい。

水と同じように、男性の獲得
欲求も膨らんでいく、

ところが次の瞬間、「いいわよ」

という言葉で水(欲求)は大きな
エネルギーを放出しながら流れ
ていきます。

この放出を男性は快感と感じる
のです。

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:渋る

2014年04月21日 09時12分14秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:あなたの魅力は
アップする】
ギリシャの哲学者ソクラテ
スが、ある娼婦から質問を
受けました。

「私の体よりすばらしいも
のとして男に与えるために
どうすればいいでしょうか」

「一度求めを断りなさい。
そして与えなさい。そうすれ
ば喜びは何倍にもなるでしょう」

ソクラテスは即座にこう答えた
そうです。

つまり、求めに少しだけ渋る
ことが、自分の価値を高める
ことです。

拒絶は川をせき止める堰に
たとえばわかりやすい。

水と同じように、男性の獲得
欲求も膨らんでいく、

ところが次の瞬間、「いいわよ」

という言葉で水(欲求)は大きな
エネルギーを放出しながら流れ
ていきます。

この放出を男性は快感と感じる
のです。

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:クレヨンで書く恋

2014年04月20日 09時08分03秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:ランドセルの中
の恋】

「ぼく」は主語です

「つよい」は述語です

ぼくは つよい

ぼくは すばらしい

そうじゃないからつらい

「ぼく」は主語です
「好き」は述語です

「だれそれ」は補語です

ぼくは だれそれが 好き
ぼくは だれそれが 好き

どの言い方でもかまいせん

でもそのひとの名は
言えません

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:あなたへの応援

2014年04月19日 09時31分54秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:誰でも成功するま
でうぬぼれる権利がある。】

わたしに
とっては大事な夢でも、周り
は「あっそう」の一言。

「そんなの無理に決まって
る」と鼻で笑われたことがあ
る。

他人は自分が考えているほ
どには、絶対に自分のことを
理解してくれません。

でも、その他人についても、
私たちは知ろうとしないです
から、お互いさまともいえる
のです。

逆に言えば、自分の人生の
大切な場面では、あいまい
な他人の意見を無視しなけれ

ばいけない時があります。

うぬぼれすぎはtだの身のほ
ど知らずですが、

自らのうちに秘めたうぬぼれ
は自信につながります。

自分を信じて、開花するあなた
の才能もあるのです。

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:お笑い

2014年04月18日 08時20分18秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:小咄/井戸】
柳腰で、姿のいい女が
水を汲んでいる。

「危ないよ、俺が汲んで
やろう」

余計な世話をやいてい
るところへ、マツコデラ
ックスみたいな巨漢な
女がきて、

「五郎さん、わかしにも
一ぱい汲んでおくれ」

五郎、井戸を覗いて、
「ハテ、まだ水があった
かな?」

この記事をはてなブックマークに追加

五月人形兜・ジュモー 佐久市 柳田二助商店店長コラム:二畳の宇宙

2014年04月17日 09時27分05秒 | 日記
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~

『創業120年祝目前で
早朝割引を実施
am6;30~8:30まで』

【コラム:できる男の本質
を見抜け】

ー千利休ー
最後は、秀吉の怒りにふれ、
自刀しました。

秀吉の心が枯れていくのと
は逆に、利休が見せたもの
は、

たった二畳あまりの質素な
茶室。

ありとあらゆる贅沢を取り
除き、何も削ることがない
ところまで無駄を省き、

相手との緊張感を生みだし
ていく。

彼は「無」以上の贅沢がない
ことを、知っていた。

彼の逸話のなかで、当時の
権力者、秀吉をもてなすた
めに、当時大変めずらしか
った庭に咲き誇っていた

垣根の朝顔の花を、すべて
刈り取り、一輪だけ茶室に
活けた話は有名です。

失うことを決してためらわな
い精神。

人をもてなす、人をひきつける
人の世の摂理がわかっていた
男だと思います。

無は有と知る。

ここで筆を置きます。

この記事をはてなブックマークに追加