ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー60体他お節句を扱い122年,映画「君の名は」小海監督の出生地から車で25分

雛人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ/心理学:足あと

2013年12月31日 07時49分28秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
℡0267-62-0220

ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~

<ブログ>
私には 心にぺんと
 紙があって

それを手にとり

感じてくれる人が
いるなら
幸せです

もし

 
天使と悪魔が
 いるなら

 私は

悪魔になりたい
エッチだし

白い服着たら
すぐ汚しちゃうから。

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ/心理学:♀と♂のほうそく

2013年12月30日 07時58分30秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
℡0267-62-0220

ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~

<ブログ>
「いい男と
いい恋愛は、おんなを綺麗に
する」

「わるい男と腐れ縁は、

おんなを死ぬほど ブスにする」


「遠くの王子様より
 近くの あのヒト」

「バストはツカミで
 香水とヒップ(ランンジェリ)で 
おとす」

「古い下着に、恋は遠のく」


「ときめくと、胸はふくらみ
(=ブラに気をつかう)

 愛すると、見えないトコにも
気をつかう」



この記事をはてなブックマークに追加

雛人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ/深層心理

2013年12月29日 04時42分24秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
℡0267-62-0220

ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~

<ブログ>
でも別れたくないときは
どうしたらいい?

 彼の仕事が忙しすぎて、
しばらく連絡が途絶えてし
まいました。

占いには「恋のピンチ」と
書いてあるし、あなたは不安
と寂しさでつい、ある男性と

一晩だけ浮気を!

カレはどこから聞いてきたの
か、ある日「その男とはどういう
関係なの?」と追及してきま
した。

カレと別れたくないあなたは、
どう答えればいいのでしょう?

①「キスしかしてないよ。
本当に好きなのはあなた
だけだから」

②「最後まではしたけど、
本心からじゃなかったの。
好きなのはあなただけよ」

③「あの人ことは好きに
なったけど、してないの」

※回答は、前回の日記
に掲載。



この記事をはてなブックマークに追加

雛人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ :心理解答/ばれそう!

2013年12月29日 04時36分05秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
℡0267-62-0220

ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~

<ブログ>質問の回答です。

③ 「あの人のことは好きになった
けど、してないの」が正解。

心理学者が200人の男女の
学生さんに「体だけの浮気」
と「心だけの浮気」、どっち
のほうが許せないかを聞き
ました。

あなたなら、どちらがイヤ
ですか?

 調査結果によると、男性の
60%が「体の浮気のほうが
許せない」と答えました。

一方女性は、まったく逆の
結果になりました。
80%以上が「心の浮気の
ほうが許せない」と答えた
のです。

 これは、生物学的に説明
できます。男性にとって、
パートナーが産んだ子供が、
自分の子供である確信は
ありません。

よって、間違っても他の男
との体の浮気は許せない
のです。

男性にとって心に浮気は、
「Hしいてないんだ。じゃあ
安心」となります。

とにかく「体の浮気」だけは
認めないこと!

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ :心

2013年12月28日 05時27分58秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
℡0267-62-0220

ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~

<ブログ>
便せんから見えない手が

伸びてきて、読み手の心を

わしずかみにする。

これがラブレターの理想

だと思う

 相手の心になんのインパ

クトも残さないなら、ださない

方がましだ。


 相手の心をノックするこ

とから始まるものだと思うが、

平凡な手紙で終始していて

は、相手の心をひらかせる

のは難しい。



やはり自分なりの工夫を

こらしたやり方で、

相手の心をノックして、

この内部をのぞきこみたい。



そのためには、まず自分の

心の扉を開けることが、

必要だと思う。



ーなぞかけー
『惚れた女の文(ふみ)と

かけて

 足のあかぎれととく

  心は、

   ふみを見るたびに

     あいたい×2』


※文(ふみ)に踏み、

逢いたいに、

あ痛いをかける。

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 ヤナギダ店長ブログ:小噺

2013年12月27日 07時02分15秒 | 日記

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 ヤナギダ店長ブログ:「少女船の乗客を救う」

2013年12月26日 03時46分18秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
   ヤナギダ
明治28年創業 十二町
ケヤキの木の向かい側
ぴんころ地蔵通り
tel 0267-62-0220

<ぶろぐ>お笑い
「イタリアで旅をしている
早熟な少女の日記」

月曜日:船長に食事に
誘われる。

火曜日:あごヒゲの船長
と楽しく一日を過ごす。

水曜日:船長に下品な
申しでをさせる。

木曜日:船長に、申出を
ことわれば船を沈めると
おどされる。

金曜日:1200人の乗客
の命を救う。

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 店長ブログ:クリスマスの夜

2013年12月25日 08時22分51秒 | 日記
雛人形と歩んで118年

明治28年創業 野沢93番地 
十二町℡0267-62-0220
ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側   

~ヤナギダ~

<ブログ>
恋の不思議を感じたら

普通だったら起こらない
ようなことが起きるのが、

恋だよね。

だったら、恋だからこそ
起こる不思議なメールを
綴ろう。

『あなたを思い出したとき、
胸がキュンと鳴りました。

本当にキュンと鳴ったの
です。

信じてもらえないなら、クリ
スマスの今日、聞かせて
あげます。。。』

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 店長ブログ:大切なあなたへ

2013年12月24日 07時06分53秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業
野沢93番地 十二町
℡0267-62-0220
ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~
<ブログ>
「恋人にもっと自分を知っ
て欲しいときは」

ラブレターは人がらが出る。
たとえ意識していなくても、
にじみ出る。

それは避けようがない。

だったら、どうにじみ出さ
せたらよいのかを考えなが
ら、書いてみた。

『あなたからいただいたメール
をもう1時間も読んでいます。

やらなくてはいけないことが
たくさんあるのに、どうしても
メールを保存する気にならない。

それで、お返事をかくことに
しました。

それがメールを読み返さずに
すむきっかけになると気づい
たから。大切なあなた



この記事をはてなブックマークに追加

雛人形の店 佐久市 ヤナギダ店長ブログ :ラヴレター

2013年12月24日 05時52分12秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
ケヤキの木向かい側
ぴんころ地蔵通り側

tel 0267-62-0220

【ブログ:ラブレターを】
クリスマスに思うような
プレゼントが選べず
妥協したいときは、

その分、添えるカードや
手紙に凝って、足りない
部分を補うようにすれば、

それでいいと思う。

『ジングルベルが聞こえて
くると、私は焦ってしまい
ます。

私の心を伝えてくれるプレ
ゼントに何を選べばいいの
かと、迷いに迷ってしまう
からです。

どれを選んでも、この思い
私の気もち、伝わりっこな
い。そんな風に感じる私で
す。』

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 ヤナギダ店長 ブログ:自分のこころの天使たち

2013年12月23日 07時41分21秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
ケヤキの木の向かい側
ぴんころ地蔵側
~ヤナギダ~
tel:0267-62-0220

【ブログ:はぐれそうな天使】
恋をあおる天使たちは、
気まぐれで無責任だけれど

恋びとたちは 結局 その
甘い罠に堕ちていく

偶然 必然 恋は生まれて
その先は自分次第

うまく運ばなかったときは

たぶん 彼女たちは沈黙し
そっぽを向くだろうが

成功すれば 喝采の声を
上げてくれるだろう

天使たちの性別をしかとしら
ないが あの客観的な陽気さ
や その逆の気難しさを思うと

やはり女性だと思ってしまう

助け合っているつもりが
妙につれないとき

恋と はぐれそうなのだろう

正直だけど 意地悪 
それは自分の心でもある

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形の店 佐久市 ヤナギダ店長ブログ : 人魚姫のこころ

2013年12月23日 06時42分37秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

野沢93番地 十二町
ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側

℡0267-62-0220
  ~ヤナギダ~
【ブログ:人魚の恋 Ⅱ】
彼女は自らの死を選ぶ。

どんなに愛しても、愛されな

かった女はこの世に存在する

価値はない、


とでも言いたげな、

痛々しく悲しい愛の結末・・・・・。

「愛されなければ、海の泡」

 単に男を愛しただけでは、

女は「何者」にもなれない。


 どんなに尊い自己犠牲の

もとに捧げられた愛であろうとも、


相手が愛してくれなきゃ、その

愛には何の意味もないんだ。


 その悲痛な叫びは声にならず

(「声」は禁じられているからね)、


禁を破って声に出してしまった

女は、「イタい女」と蔑まれる。

 身の程知らずの恋をした女

には、必ず手痛いしっぺ返しが

くる

「女の法則」を無視したからには

・・・・・・・・・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 ヤナギダ 店長ブログ 人魚姫 ①

2013年12月22日 04時53分56秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
ケヤキの木の正面
ぴんころ地蔵側

野沢93番地 十二町
℡0267-62-0220
  ~ヤナギダ~
『ブログ:人魚の恋』
女は、いつだって、
これが最後だって思って
恋をする。

それくらいの覚悟がなくちゃ、
恋なんかしてられないんだ。

失うものが、
あまりにも大き過ぎて、遊び
でやっている余裕はねぇんだ、
と。


「人魚姫」のお話は、女の本質
を突いている。


王子様に一途な愛を捧げる
人魚姫は、自分の「声」を
犠牲にしてまで、彼の世界に
入り込みたいと望む。

男の精神世界は本質的に、
女にとって異世界だ。

それこそ、海の世界と
陸の世界ほどの違いが
そこにはある。

だけど女は、自分の愛を
封印し、慣れない足を引きずり
ながらも、男の心に辿り
着こうとする。

その愛が成就すれば、ハッピー
エンド。

だが、王子様に愛されなかった
人魚姫は、仲間の人魚たちから
「王子様を殺すか、それとも、
自分が海の泡となって消えるか」
と究極の選択を迫られるのだった。

この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 ヤナギダ店長ブログ 習性とは

2013年12月21日 20時24分57秒 | 日記
雛人形と歩んで118年
明治28年創業

佐久市野沢93番地
ケヤキの木の向かい側
ぴんころ地蔵通り沿い


~ヤナギダ~


○人間、古いものに対しては、
悪いところに目がいく。

新しいもの(カレ)に対しては、
いいところに目がいく。

でも、
香水とおとこは一晩寝て
から決めるのがいい。

○すごい確率で、
愛は貧しさに負けます。

○男で受けた傷は、
オトコで癒すしかない。


この記事をはてなブックマークに追加

雛人形店 佐久市 ヤナギダ店長ブログ : 涙

2013年12月21日 06時12分58秒 | 日記
おかげ様で
雛人形と歩んで118年
創業明治28年
 -ヤナギダー

ブログ:
涙 をいっぱい溜め込んで
いると風邪をひくよ。

咳も出る。

熱も出る。

そういうのは、
薬を飲んでもなおらない。

心と身体はつながって
いるでしょ。

泣きたいときは思いっきり
泣かないと。

病気になっちゃう。

もしも誰かがいて泣けないなら、
お風呂でもいいよ。

涙を、お願いだから
ためないで。

この記事をはてなブックマークに追加