ジュモー・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ 軽井沢店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー60体他お節句を扱い121年,映画「君の名は」小海監督の出生地から車で25分

「魔法のくすり」ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年05月05日 19時19分00秒 | owarai
【コラム】
魔法のくすり」
作詞作曲荒井由美 

恋の悩み答えられるほど
火の粉くぐって来たわけじゃ
ないんだけど

つらい夜も安らかになれる
一粒のくすりをあなたにあげま
しょう

男はいつも最初の恋人になりた
がり女は誰も最後の愛人でいた
いの
だから所詮おんなじ気持ちで
求め合っていると思っちゃいけ
ない

フランスの随筆家シャルド
ンヌの“愛をめぐる随想
”を
ヒントに作詞がされています。

この時期、結婚して煮詰まって
る時期に、疑心暗鬼になって、
正隆さんに対して、

あっ、この人はもう私なんか別
に好きじゃないのに、ふりをし
て一緒に生活しているんじゃな
いかと思った頃の作品。

“前の彼を思い出しなさい
どんなカサンヴァでもきのうは
消せないわ“は意味不明とおっ
しゃっている。

今のその人を傷つけるから決し
て言わなくても、結局どういう
プレイボーイとつき合ったとし
ても、

その人の手練手管がどうであれ、
自分の前の燃えた思い出はその
人にも消せないということを言
いたかった。

前段が長すぎました(ごめんなさい
「海を見ていた午後」
作詞作曲松任谷由美

この詞を書くと、だれといったんだ
といって正隆さんが怒って困った
そうだ。

だれかと言ったのは確かだけど、
そういうつもりで書いていない。

たとえば、雨降りの日にバスの
窓ガラスが曇ってるところに字
を書いたことが楽しかったとい
うことだけ書きたくて
「Good luck and Good bye」と
いう失恋ソングを書いた。

結局一コマいいたかっただけで
失恋テーマをもってきて書いて
いらっしゃる。

「海を見ていた午後」は、
ちょっとけむった春の日にガラス
越しに海を見たということだけ
書きたかった。

それは非常に絵画的な技法だ。


63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「一粒の花の種が実を結ぶた... | トップ | 「恋の魔力が忍び込む」 ブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL