ジュモー・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ 軽井沢店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー60体他お節句を扱い121年,映画「君の名は」小海監督の出生地から車で25分

大綱秀吉を翻弄した「梨の花」:「ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年03月20日 05時13分31秒 | owarai
【コラム】

大綱秀吉は、有馬温泉によく
湯治に出かけた。あるとき、
有馬を訪れた大綱は、

真っ白な利の花を「きれい
やなあ」と眺めているうち
に、

やがて梨の花がハラハ
ラと舞い散っていく夢を
見るようになった。

そこで、大綱は「ああ、
もはや自分もこれまでか」
と思い、だんだんと心が
すさんできて、死ぬこと
ばかり考えるようになった。

それを聞いた重臣の細川
幽斎は、大阪から馬を飛
ばして馳せ参じ、次の歌
を献上した。

大綱のいのち有馬の湯に
いりて 病は梨の花と散る
らむ

この歌を聞いて大綱は大
いに喜び、「そうか、病は
治ったのか」と元気にな
って大阪に帰っていった
という話がある。

人間は心のありよう一つ
で病にもなれば、不治と
言われた病さえも治ります。
心がけ一つで、生活や運命
を変えることができます。

そのもとは言葉です。

優しいひと言で救われるこ
ともあれば、機転のきいた
ひと言で人を助けることも
できます。

逆に心ないひと言で傷つけ
たり、大喧嘩になって人を
殺めてしまうことだって
あるのです。



62体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「子猫」ブリュー・ミュージ... | トップ | 「二人の未来の長さ」ブリュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL