ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー60体他お節句を扱い122年,映画「君の名は」小海監督の出生地から車で25分

「恋に落ちて」 ブリュー・ミュージアムショップ 佐久:ヤナギダ店長コラム

2016年12月20日 20時43分41秒 | owarai
【コラム:】
妻「あなたあの女(ひと)と寝ている
  でしょう?」
夫「いや。寝ていない」
妻「・・・その方がはるかに悪いわ」
映画<恋に落ちて>より

男と女がある時ふと出逢う。
一瞬相手の存在に釘づけになるような、
躰がぐらりと揺れるような、そんな驚き
が体内を駆け抜ける。

二人には言葉もなく、右と左に別れる。
が、そのまま永久に相手を見失ってし
まうかと思うと恐ろしい。

まだ一度たりともその相手を所有した
ことがないというのに、失うことが
怖いのだ。それが恋の始まりなので
ある。

「わたし、結婚しているの」とメリル・
ストリーブ演じるところの人妻が、
言葉少なに呟く。

「僕もだ・・・・」ロバート・デ・
ニーロが扮する男もポツリと応じる。
そして二人はまるで立往生したみた
いに、凝然とみつめあう意外、どう
することもできない。

大人の男と女が、まるで清純な少年
と少女のような感情にのみこまれて
しまうのだ。

恋する二人なら、当然、結ばれたい。
ひとつになりたい。せつないまでに
好きあっているのに、なぜかそれが
出来ない。

相手も自分も結婚しているからでは
ない。あなりにも愛しすぎて、怖い
からだ。

世の夫も妻も、自分の配偶者が浮気
していることにたいして、
男と女が好きあって、二人の間に何
もないことの方を、警戒するべきだ。

それこそ本物の恋だから。


60体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業121年』



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« :静かな夜だった ブリュー... | トップ | 「浮気の言い訳」ワースト5... »
最近の画像もっと見る

owarai」カテゴリの最新記事